扶揺-フーヤオ-あらすじ-52話-53話-54話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
戦北野が近くまで迫ってきていると報告を受けた戦南城は、長孫無極と手を組むことに同意し、兵権を渡す。

しかし、無極は、戦北野が到着をすると、号令をかけ、一斉に禁衛軍を襲撃する。

扶揺が、戦南城に自分の正体を明かし、臣下たちを取り込んだところに、戦北野が入って来る。戦南城は、戦北野の足にしがみつき、命乞いをする。

戦北野の手腕が問われそうですね!今回は、52話から54話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

52話 師匠の贈り物

戦北野は、戦南城のせいで、どれだけ多くの兄弟や無辜の民の犠牲があったかと迫り、戦南城を殺そうとするが、戦北野には殺すことができず、逃がそうとする。
やはり殺すことはできないのですね!

それをいいことに、戦南城は、戦北野を殺そうとし、それを察した花公公が、戦南城を刺し殺す。
よくやってくれました!

戦北野は、城門に戻り、雅蘭珠と再会する。そして、天煞双響を渡し、隠軍との約束を守る。

戦北野は、ついに天煞国の王に即位する。そして、無極からの要望もあり、扶揺は、最大の功労者であるとして、瀚王に封じられる。

戦北野は、母の静太妃から扶揺との縁談話をもちかけられる。戦北野は太淵にいた時に扶揺を娶ろうと思ったことを正直に答える。

それを影で聞いていた雅蘭珠は、深く傷つき、そのあとの戦北野の話を聞かず、立ち去ってしまう。
それはショックです!

戦北野は、今は扶揺は自分にとって兄弟であると告げ、雅蘭珠を娶りたいと話す。
あ~。続きがあったなんて・・・

しかし、雅蘭珠は、何者かにさらわれてしまう。

それは、戦北野の師匠の雷動の仕業だった。それを知った戦北野は、急いで雅蘭珠を取り戻しに行く。
師匠が、何のために?

無極は、璇璣の暗号文を受け取る。

雷動は、雅蘭珠に無理やり花嫁修業をさせるのだった。
面白い師匠ですね!

53話 枯れゆく溶岩

花嫁修業を投げ出した雅蘭珠は、雷動に、戦北野が愛しているのは自分ではないのだと告げる。
つらい思いをしながら、花嫁修業をしていたのですね!

それをこっそり聞いていた戦北野は、雅蘭珠を抱き寄せ、自分が娶りたいのは君だと告白する。
やっと雅蘭珠の思いがかないました♪

璇璣の暗号文を解読した無極は、璇璣の危機を感じ、扶揺を連れて向かうことにする。

雅蘭珠は、雷動が自分にしてくれたことに感謝し、帰ろうとすると、雷動が、二人を引き留め、祝いと称して、雅蘭珠の視力を取り戻してくれる。
すばらしいお祝いですね♪

璇璣に着くと、無極は、鴛鴦淵の溶岩滝が枯渇するという噂が本当であるとわかる。そして、璇璣王室の禁衛軍の紫披風が、鴛鴦淵の秘密を隠すため、鋳造工を誰彼かまわず捕えていることも知る。

紫披風は、宗越になりすました扶揺を見て、連行しようとする。そこに璇璣の第一王女・鳳浄執が現れ、扶揺を捕えるよう命じるが、扶揺たちは、逃げ出す。

紫披風に追われる扶揺たちは、偶然通りかかった李家の祝言に紛れ込むことにする。しかし、そこは、紫披風が探している鋳造工の最後の一人の家だった。

無極は再び師匠に召喚され、任務を果たさないために、罰を受ける。そして、五色石を持つ女子を必ず殺すように命じられる。
厳しい師匠ですね!

もがき苦しんでいる無極を見て、扶揺は自分の内力を使って治すことにする。

しかし、その時、鳳浄執たちが李家の屋敷に乗りこんでくる。

54話 璇璣国の女王

璇璣の第一王女・鳳浄執は、李一家全員の虐殺を命じる。
恐ろしい人なのですね!

扶揺は、虐殺が行われていると気づくが、手を止めることができなかった。そして、激しく喀血し、宗越からもらった劇薬を小七に飲ませてもらう。

無極を救った扶揺は、李家の新婦を助けるが、新婦から、李家の災難を陰に隠れて、なぜ見過ごしたのかと激しく罵倒される。

自責の念に駆られた扶揺は、思わず剣を手にし、自害しようとする。しかし、駆けつけた無極によって制止される。
扶揺の責任感の強さですね!

璇璣国は、女王が重篤のため、鳳浄執が一切の国事を行っていた。そこに天権皇太子が、医聖の宗越を連れて女王の見舞いに来たとの知らせが入る。そして、先日、街で捕えようとしたのが、皇太子と宗越であったことがわかる。

無極と扶揺は、女王の鳳璇に謁見する。

女王を診察した扶揺は、無極に、女王は病ではなく、毒が原因であると報告する。無極は、昼間、自分をつけた者と闘い、その刺客が穹蒼の剣術を使っていたと話す。
璇璣にはいろいろ謎がありますね!

扶揺は、璇璣の隠された秘密を調べるために、鳳浄執をうまく取り込んで、璇璣の歴代の文書が保管されている筱鸞台に入り、無極もこっそりと潜入する。
鳳浄執は、宗越になりすました扶揺に一目惚れのようですね!

52話から54話の感想

花公公は立派に役目を果たしましたね。万が一のために長きにわたって、この日を待ち続けていたなんて、すごいです!でも、出番があってよかった!戦北野はやさしいから、花公公が殺していなかったら、殺されていましたね!花公公という人間を準備していた戦北野の祖父もすごいですね!

戦北野の師匠は、面白かったですね。花嫁修業と全くにつかわしくない風貌の師匠が、雅蘭珠に修業をさせるのですものね。雅蘭珠は元々料理や裁縫が苦手でしたよね。視力がない今、更に厳しいですよね!でも、師匠の心根はとってもやさしいのですね。お祝いと称して、視力を回復させてくれるなんて、最高の贈り物ですね♪

一方、無極は、師匠から厳しい状況に追いやられていますね。殺せという命令ですものね!どうするのかしら?師匠からの罰もかなりつらそう!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です