扶揺-フーヤオ-あらすじ-61話-62話-63話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
無極は、徳王の謀反の報せを受け、扶揺と一緒に天権国に戻る。無極は、皇帝に謁見し、皇帝からすべてをまかされ、徳王を誅するように命じられる。

一方、扶揺は、皇后に呼ばれ、無極が徳王を殺すのを辞めさせるよう懇願される。

そんな中、皇后が何者かにさらわれ、そして、扶揺もさらわれてしまう。しかし、二人は、同じ場所で捕らわれていた。

すべて誰かの企みであるようですね!今回は、61話から63話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

61話 復讐の時

皇后は、扶揺に、自分たちを捕えたのは皇帝であると教える。そして、皇后は自分の過去を話し始める。

そこに皇帝が入って来て、自分が皇帝になったいきさつを語る。

皇帝は、皇后に、君主に辱めを受けさせた裏切り者であるとつめ寄り、無極は誰の子であるのかと迫る。
皇帝は何もかも知っていたのですね!

その頃、徳王の妻・軒轅暁も、徳王に真実を伝えていた。軒轅暁が出て行ったのは、徳王と皇后の関係を知ったからではなく、宮中の最大の秘密を知ってしまったからであった。

徳王のせいで娘を奪われ、徳王を憎む軒轅暁は、皇帝から真相を告げれば娘の居場所を教えてもらえると言われ、徳王に、無極が徳王と皇后の実の息子であることを明かす。皇帝は、20年をかけて復讐する機会を待っていたのだった。
徳王は知らなかったのですね!

すべてを知った徳王は、自分が死ねば、無極が後継ぎの座が守られると考え、無極と戦うことを決める。
決断は早かったですね!

皇后と扶揺にすべてを吐露した皇帝は、毒薬の小瓶を落とし、二人のどちらかが毒を飲めば、もう一人がここから逃げることができると告げる。しかし、その前に線香が燃えつきてしまったら、有毒な霧が充満し、二人とも死ぬことになるのだった。

徳王は、無極が戦場に入ってきたことを知り、撤兵を命じ、自分一人で迎え討つことにする。
見事な人ですね

62話 究極の選択

徳王は、この罪を一人で背負うと伝え、無極と一対一で勝負をすることになる。

その頃、扶揺は、皇后を無事に逃がすため自ら毒を飲む。
扶揺は毒にも強いのですね!

無極と闘っていた徳王が、突然、自ら無極の剣に突っ込もうとしたので、無極は驚き、咄嗟に剣を引き、そして、手で一撃を与える。
自分から斬られようとしましたね!無極もびっくり!

昏睡状態の扶揺が目を覚ますと、死んだはずの周じいが目の前にいた。周じいは、本当は影でずっと扶揺を見守って来たのだった。扶揺は、無極を助けに行くと言いながらも、再び気を失ってしまう。
周じいは生きていたのですね!これにもびっくり!

そして、周じいが4つ目の封印を解く。

扶揺は、自分の存在が五州に災いをもたらす元凶で、自分が死ななければ五州の民は再び地獄の苦しみを味わうことになること、そして、自分を完全に葬れる者は無極ただ一人であることを知る。

周じいは、扶揺に、長青木の匕首を渡し、無極を殺すかどうか自分で選ぶようにと告げ、消えていった。

生け捕りにされた徳王は、処刑台に立たされていた。そして、皇太子の無極が逆賊を斬刑に処するようにとの皇帝からの勅旨が読み上げられる。
皇帝の執拗な勅旨ですね!

徳王が処刑されようとする寸前、皇后が駆けつける。
間に合った!

63話 父子の葛藤

徳王の処刑を止めた皇后が、無極に真実を話そうとするのだが、それを拒んだ徳王は、無極の剣を抜き、自分の腹を刺して命を絶ってしまう。
徳王の潔さが現れていますね!

皇帝の元に徳王処刑の報せが届く。その報せに感慨無量の皇帝だったが、そのまま倒れこんでしまう。

ついに皇后は、無極に、徳王が本当の父親であることを明かし、皇帝は、復讐のために父子が戦うように仕組んだのだと告げる。
無極にとって大きな衝撃!

大きな衝撃を受けた無極は、宮中に戻って、今際の際の皇帝に会う。

虫の息となった皇帝は、無極に帝位を譲ると告げる。

無極が、皇帝に、母からすべて聞いたと伝えると、皇帝は、これが生涯かけて成し遂げた大いなる望みだったと告げる。しかし、勝ったのは、徳王であり、自分はすべてを失ったと胸の内を明かす。
皇帝は望みを果たしても、自分が負けであることはわかっているのですね!

皇帝は、無極が徳王の子であると知っていながらも、無極を殺すことはできなかった。自分の一生の愛はすべて無極に与えたのだった。
皇帝の無極への愛ですね♪

皇帝は、「無極よ、教えてくれ、なぜお前はわが息子ではないのだ。」と言って、手を伸ばすが、そこで息絶えてしまう。

皇帝が崩御し、無極が、新帝となるのだが、大きな打撃を受けた無極は、朝廷にも顔を出せずにいた。

61話から63話の感想

皇帝はなんとなく怪しげに見えた訳ですよね。いろいろと裏で企んでいたのですね。そもそも皇帝が、弟の恋人を横取りしたところが大きな間違いなのですよね。皇帝の地位を得たのだから、それで充分なのに・・・皇帝のせいで、皇后も、徳王の妻もつらい思いをすることになってしまいました。

無極も、かなり困惑しているようですね。皇帝の無極への愛もありましたが、自分が憎しみの対象として思われてきたというのは、つらいものがありますよね!一番信頼をおき、尊敬もしていたのですから。

周じいが生きていたのにはびっくりでした!ずっと見守っていてくれたなんて・・・命を助けてくれて、4つ目の封印も解いてくれました。でも、もう会うことはないのですね。とっても不思議な存在でした!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です