扶揺-フーヤオ-あらすじ-64話-65話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-64話-65話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇后が到着し、間一髪のところで徳王の処刑を止める。しかし、皇后が無極に真実を話そうするのを阻止するために、徳王は、自ら命を絶ってしまう。

無極は、母から、徳王が本当の父親であることを明かされ、大きな衝撃を受ける。

無極が宮中に戻ると、虫の息となった皇帝が、今までの自分の思いをすべて無極に語り、息を引き取る。真実を知り、そして、二人の父の死にも直面し、無極は茫然自失の状態であった。

衝撃的な出来事が続きました。無極の試練ですね!今回は、64話から65話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

64話 穹蒼聖地へ

二人の父の死で大きな打撃を受けた無極は、扶揺に励まされ、悲しみと苦しみを乗り越える。そして、天権国の皇帝として即位する。
扶揺のおかげですね♪

穹蒼の長青殿で、帝非天が封印された巨石が見つかっていた。天機上師は、4人の長老と共に元神を使って抑え込もうとするが、それもかなわず無極に望みを託す。

無極は、朝議で、穹蒼へ送る使節の候補者の名簿を見てほしいと請われるが、穹蒼へ送る者は決めていると告げる。
無極はすべてお見通し?

扶揺は、元宝に、穹蒼が無極に私を殺させようとしているが、無極にはできない、でも、私を殺さないと多くの人を殺すことになると話し、穹蒼に行くことを告げる。そして、自分の髪の毛を渡して、勝てない時は、無極を連れてきて、無極に私を殺させるようにお願いする。
強い覚悟ですね!

そして、扶揺は、一人で皇宮を去る。

しかし、竹林の中で無極が扶揺の前に現れる。無極は、「これからは君の行くところへ私も行く」と言い、二人は共に立ち向かうことを決める。
二人で闘うしかないですね!

穹蒼の天機上師は、無極が女子を連れて扶風霧海に来たと報告を受け、安堵する。

しかし、すぐに無極は行方をくらましてしまう。無極は、扶揺を穹蒼で一番安全な場所に連れて行ったのだった。そして、二人だけで幸せなひと時を過ごす。
仲睦まじいですね♪

しかし、カラスの鳴き声がし、無極は、非煙がすでに探りを入れていることに気づき、一人で長青殿へ行くと告げる。

65話 九天の頂

無極は、扶揺に、宵の明星が空に現れる頃、戻って来るから、ここで待つようにと告げ、一人で長青殿へ向かう。
無事に戻って来られるわけがないですよね!

無極が穹蒼の正門に着くと、師尊から妖女がいないと問い詰められるが、無極は、扶揺に生きる道を与えてほしいと懇願する。しかし、それを聞いた師尊は、無極を師に背く逆徒とみなし、極刑を命じる。

宵の明星が空に現れても、無極が戻ってこないので、扶揺は元宝に無極の所に連れて行ってくれるように頼む。

無極が意識を取り戻すと、両手は鎖で縛られ、体には弑神釘が打ち込まれていた。
厳しい状況ですね!

師尊が、妖女はどこかと問うても、無極は決して扶揺の居場所を教えなかった。無極は、扶揺は妖女ではない、他に手立てがあるかもしれないと訴えるが、師尊に、一蹴される。

無極が、扶揺のために、自分の修行の成果をすべて没収されても構わないと言うと、師尊が神気を放ち、無極の身体は吹き飛んでしまう。それでも無極は口を決して割ることなく、気を失ってしまう。

扶揺が穹蒼の正門に着くと、元宝から報せを聞いた宗越、戦北野、雅蘭珠、小七も現れ、皆で無極を捜しに向かう。
全員集合ですね♪

気を失っていた無極は、太妍が自分を助けるために鎖を切ろうとしていることに気づく。

太妍が、ふと思い出し、長青殿に忍び込んだ時に見つけた鏡を取りだす。無極の血をその鏡につけると、鏡の中に長青子が現れ、無極は、ついに扶揺と五州を生かす方法にたどりつく。
大きな覚悟をしたのですね!

64話から65話の感想

無極もなんとか立ち直り、皇帝に即位しました。これで一件落着ならばよいのですが、最大の難関が目の前に待ちうけていますね!扶揺が無極を殺すのか、無極が扶揺を殺すのかなんて、無理な話ですね。二人とも生き残るのか、それとも二人とも命を失うのか、どちらにしても二人の運命は、同じ道なのかなと思います。

師尊からかなり厳しい極刑を受けている無極のところに、まさか太妍が現れるとはびっくりです!太妍は無極が好きだったのですね♪宗越たちはなかなか無極のいるところまでたどり着けないのに、太妍は簡単に行けてしまうのですね!?

さあ、次回が最終話となりました。宗越たちもまじえて壮絶な闘いが繰り広げられるのでしょうか?二人がどのようにこの難関を乗り越えるのか、楽しみです♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です