招揺-ショウヨウ-あらすじ-49話-50話-51話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-招揺-ショウヨウ-あらすじ-49話-50話-51話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

招揺


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

心魔を抑えられなくなった厲塵瀾の為に江河に換骨を貰いに来た顧晗光だったがそこで出会った洛明軒によって牢に捕らわれてしまう。
破傷風によって死んでしまった顧晗光、万路門の面々は彼の死に悲しむ中で洛明軒はついに宗門門主たちの前に姿を現し万路門征伐を決める。

では、49話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【招揺-ショウヨウ】(ネタバレあり)

49話

姜武によって封魔山の洞窟に再び封印されてしまった厲塵瀾はかつてこの洞窟に自分を封印した父の言葉、そして顔を思い出していたがその顔に見覚えがあった。
それは以前に栖止地で出会った竹季であり、竹季自身も大切なことを忘れている気がすると言って回顧鏡で過去を見に行ってみようかと子游に話す。
どこに行っちゃったんだと思っていた厲修、まさかの栖止地の竹季だったとはー!記憶が戻ったら心魔を抑えれる方法を教えてくれるのかな?

司馬容から厲塵瀾が姜武に封魔山に呼ばれたと聞いた招揺はすぐさま封魔山に向かうが、そこには洛明軒と戦っていた姜武がおり厲塵瀾は死んだと告げる。
洛明軒が虛宗門の門徒たちを殺したと疑う招揺、姜武は洛明軒に攻撃を仕掛けてその隙に招揺を連れてその場から逃げ、錦繍公子は厲塵瀾の洞窟に入る。
ついに洛明軒が姿を隠さずに公に現れましたねーさすがの姜武も以前より強くなった洛明軒には苦戦する様子…厲塵瀾も本調子じゃないし…

姜武は分身の術を使い招揺を逃し、本体は洛明軒と戦っていたが心魔を殺せる六合天一剣により刺されてしまい招揺を愛していると言って姜武は倒れる。

50話

万路門に戻った招揺と厲塵瀾、出迎えた琴芷嫣の喜ぶ姿を見て何があったと尋ねた招揺に琴芷嫣は琴千弦に意識が戻ったと嬉しそうに話すが招揺は複雑な表情を見せる。
意識の取り戻した琴千弦の元にやってきた沈千錦は姜武が洛明軒に殺され唐韻が持ってきた文には錦繍公子からであり虛宗門を滅ぼしたのは洛明軒だと書かれていた。
自分を愛して最後まで招揺を守った姜武、色々悪さはしましたけど招揺への愛は本物ですから琴千弦が治っても招揺は複雑な心境でしょうねー

心魔を抑えられなくなった厲塵瀾は暴走し路十七を殺そうとするが招揺が必死に止め、司馬容が駆けつけると厲塵瀾に封魔山で何があったのかと尋ねる。
厲塵瀾は洞窟の中で再び鎖によって封印されてしまったが万鈞剣が目の前に現れ、剣に従えば封印を解く力を貸してやろうと言われ提案を飲んだと告げる。
力がほしいか?ならば貸してやろうみたいな流れですねー招揺を助けるために仕方なかったとはいえ、これで尚更心魔が暴走しちゃいますね

万鈞剣を再び剣塚に封印しようと言う招揺、厲塵瀾はそれでは洛明軒から万路門を守れないと言うが招揺は厲塵瀾を説得し剣を封印することになる。

51話

鳳山に集まった宗門の門主たちの前で洛明軒は虛宗門の門徒たちを殺したのは招揺と厲塵瀾、そして姜武で間違いないと話し招揺の炸裂を治す為に江河を襲ったと告げる。
疑う唐韻と琴千弦だったが洛明軒が呼んだのは林子豫であり林子豫も同じく虛宗門の殺戮は厲塵瀾と姜武が招揺の為に行ったものだと話し厲塵瀾は心魔に蝕まれていると話す。
琴千弦、正直あんまり活躍してない上に姜武生み出しちゃったり血を狙われたりしてるからそろそろ活躍して欲しいですねー厲塵瀾の心魔どうなるんだろ

厲塵瀾は心魔の暴走を抑えられなくなってきており栖止地にやってきた招揺と厲塵瀾の元に駆けつけた子游が回顧鏡を見て自分が林子豫の弟だと告げる。
招揺と厲塵瀾が栖止地から戻り無悪殿へ行くと竹季が現れ、厲塵瀾は竹季が自分の父であり魔王の厲修であると言って二人は話を始める。
子游が林子豫の弟でしたかーこれを林子豫が聞いて改心したとしても今までの罪がありますからねー厲修は厲塵瀾の心魔を抑えることが出来るのかな?

しばらくすると竹季の記憶は朧気になり厲塵瀾が自分の息子と判別できなくなるまでになっており、厲塵瀾を封印した経緯を語りだす。

49-51話感想

ついに姜武まで死んでしまいましたねー今まで散々悪さしてきたあんまり同情出来ないかな思ってたんですが居なくなると寂しいもんですね。
今回は過去の話が多くて子游が林子豫の弟だったり、竹季が厲塵瀾の父親で魔王ったりと新展開ですが厲塵瀾の心魔は抑えられない感じのようで。
心魔を宿しながらでは厲塵瀾は洛明軒に勝てないでしょうし、これから万路門はどうなっちゃうのかな…そろそろ琴芷嫣も活躍して!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です