摩天楼のモンタージュ-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

メイバオの弟シュージュンはピアニストとして活躍しコンサートを開くまでになるが、息子の活躍を見た父ヨンユエンによってカネを脅し取られる。
それを知ったジョン巡査長たちは指名手配しようとするが証拠が無く困っていると、摩天大楼に泥棒が侵入しバオルオが負傷したと報告が入る。

では、今回は13話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【摩天楼のモンタージュ】(ネタバレあり)

13話

報告を受けたジョン巡査長たちは至急メイバオの殺人事件の容疑者としてヨンユエン逮捕に動き出そうとしたが、ヨンユエン自らが出頭してくる。
取り調べをするヤン巡査、最初は黙っていたヨンユエンだったが「自分が真相を話しても守ってくれるか?」と言って息子は傷つけたくないと言い出す。
最初のイメージとは違ってきますが、そうなるとシュージュンの言ってることが違ってくるってことなのかな?ここらへんからもう推理無しで流れで見る

ヨンユエンはメイバオの関係を聞かれるが、まず先にとジョン・ジエとの出会いを話し、あの母娘は毒蛇のようだったと当時を振り返る。
当時のヨンユエンは社長の運転手であり、偶然秘密を知ってしまった為に口止めとして会社を与えられたが資金繰りが困難になって母娘を逃がそうとしたと話す。
どっちが嘘か、誰が嘘をついているかがわかりづらくなってきた後半。メイバオの死の理由も根底から崩れていきそうですからね、このままじゃ

その後、ジョン・ジエは密輸をしていた香港人と繋がっておりヨンユエンはカネを持って自首しようとしていたがジョン・ジエに裏切られ捕まったと言う。

14話

シュージュンの精神科の通院記録が判明し証言は無効となり釈放されたヨンユエンは家族の絆を題材にした番組「愛がそばに戻る」に出演する。
ヤン巡査は過去の放送を確認し、PUA”ピックアップアーティスト”という心理学の手法を使ってヨンユエンがジョン・ジエを支配しているのではと考える。
もうあんまりタワーマンション関係なくなっちゃいましたけど、もう少しマンションらしい事件の展開になるかと思ってましたが…人間関係が主ですね

ジョン巡査長とヤン巡査は当時、ヨンユエンが運転手をしていたホワシャングループの社長であるワン・ホンの元にやってきてヨンユエンの話を聞く。
夫を亡くしたワン社長はかつて、ヨンユエンと恋人になるがジョン・ジエに入れ込み会社の重役になりたいと脅してきたので、仕方なく会社を与えたと言う。
ほらーもう言ってることが二転三転し始めるので何が正しいかわからなくなってきた。話す前提が変わっちゃうと推理も何もあったもんじゃないよね

ヨンユエンは番組でメイバオに刺されたことを告白、ヤン巡査は服役中のメイリーに話を聞くとヨンユエンはメイバオに刺されたのがわかりシュージュンを連れて逃げたと話す。

15話

ジョン・ジエの親戚の家に預けられたメイバオだったが、そこでも人を刺した為に寄宿学校に入れられることになるがそこでシアオリンとモーリーに出会う。
メイバオは二人と親友になるが、ある日、校長室からルイス・ラグランジュのレコードをシュージュンの為に三人が盗むがバレてしまいメイバオが一人で責任を負おうとする。
ここまでくるともう後出しじゃんけんのように新情報が出てきますが、推理とか関係なしにこんな情報出されたら最初の伏線とか関係ないよね

教師に突き飛ばされて怪我をしてしまったモーリー、モーリーの父親の訴えによって寄宿学校は閉鎖されメイバオはヨンユエンから逃げながらシュージュンを見守る。
モーリーがダーセンと結婚、メイバオはタワーマンションの1階の空き店舗を見つけ、一緒に暮らそうとシュージュンに手紙を送り再会を果たす。
じゃあ、あのティディベアは?ってことになってきますが。全く関係なしにバオルオのぬいぐるみコレクターってだけならなおさら怖いことになりますね

番組で告白後、シュージュンがナイフを持って現れるが途中で止められてしまい、事情聴取でヨンユエンはメイバオの部屋に監禁されていたことを話し出す。

13-15話感想

ここにきて種明かしじゃなくて新情報はもう混乱してしまいますし、推理というよりもう人間関係のいざこざになってきちゃってて…。
次で最終話ですが、ちゃんと伏線は回収してくれるんでしょうか?サスペンスってスッキリ謎が解けるか、後味悪いモヤモヤをわざと残すかの二択しかないと思うので気になりますね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。