擇天記-たくてんき-あらすじ-7話-8話-9話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-擇天記-たくてんき-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

擇天記


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
魔族の幻幽子の丹炉の小世界に閉じ込められてしまった長生と有容。なんとか脱出しようと策を考えますがなかなか浮かびません。二人はこのまま幻幽子の餌食になってしまうのでしょうか?

【擇天記-たくてんき】(ネタバレあり)

 

擇天記・第7話

小世界にいる二人を複数の敵が襲いますが、有容が戦って仕留めます。長生が出られる場所を突き止めて二人は瞬間移動しますが、またも幻幽子が鏡を二つ置いた世界に二人を移動させ、長生は鏡の中に閉じ込められます。すると二つの鏡の中に二人の長生が現れ、幻幽子は間にいる有容に本物の鏡を割れば小世界から永遠に出られないと嘲笑うのでした。

どちらが偽物か迷う有容。しかし子供時代、有容が焼いた魚の味を聞くことで、まずいと言った本物の長生を見分けます!偽物が正直な感想を言えるはずもありませんから、さすがは許嫁同士の二人ですね!!

長生が生門を見つけ、丹炉の中にいた耶識呼闌という男とともに三人は元の世界に戻りますが幻幽子は逃げていました。幻幽子は有容の後を追ってきた秋山君が息の根を止めます。耶識呼闌は有容が探していた周園の唯一の生き残りでした。周園の鍵のありかを問う有容ですが、魔族の南客が呼闌に魔弾を投げて殺してしまうのでした。
一方長生は丹炉の奥義から妖族の経脈の直し方に気づき、国教学院に戻ると落落と軒轅を治療するのでした。
そして青藤宴の招待を受けた国教学院は、参加するためには欠かせない正門の鍵を皆で探します・・。

擇天記・第8話

魔族の南客は周園の鍵は国教学院にあることを突き止めます。一方長生達は正門の鍵のありかを見つけますが、蔦や雷電の陣法に阻まれて近づけません。唐三十六が鍵を取ろうと試みますが失敗します。そこに南客が現れて、周園の鍵はどこにあるのかと長生に刀を突きつけます。長生が三十六に目で合図を送ると、三十六は機転を利かせてそれは蔦と雷電の陣法で守られて取れないと言うのでした。南客はせせら笑ってそんなものは自分が破ると言い、蔦を切り雷電も払って鍵を取りだします。けれどもその鍵は三十六が持って逃げ、国教学院の正門を開けるのでした。

魔族の南客をうまく利用して鍵を開けさせた三十六ですが、怒った南客がどこまでも追ってきます。三十六が追い詰められて殺されそうになったとき莫雨がきて戦い、南客は姿を消すのでした。自分のために戦ってくれたことを感謝する三十六ですが、莫雨は自信過剰な三十六におかんむりの様子。騒ぎを起こすなと立ち去る莫雨を追う三十六。この二人喧嘩するほど仲がいいってことなのかな??

南客は有容のために暖心蘭を探す秋山君のところへ瞬間移動し、殺気を感じた秋山君から攻撃されます。秋山君を好きな南客は私を殺せないと言いますが、暖心蘭を探しているから今は殺さないだけだと秋山君は去ってしまいます。しかし魔族の世界に戻った南客は師匠の黒袍から秋山君を魔族に引き入れる方法を伝授されます。
一方正門が開き安心した長生。薬草を取りに学院の隣の百草園を訪れると聖后と出会うのでした・・。

擇天記・第9話

有容の友人莫雨は天鳳の血脈を持つ有容が真龍の血脈以外のものと結婚すると破滅してしまう、と心配で長生が邪魔でなりません。それで長生を呼び出し寒淵の底に落としてしまいます。水底に落ちた長生はかって神都を襲った玄霜巨龍が鎖で繋がれているのを発見し、龍語を習った長生は龍と話します。長生は昔のように神都に災いをもたらさないなら自由の身にしようと黒龍に約束します。長生を信用した黒龍は二度と人々を苦しめないと誓い、長生を寒淵から地上へと戻すのでした。

長生を信頼して黒龍は女の子に姿を変えます。龍の命はとても長いので黒龍はまだまだ若い龍で、自由に動けないのでとてもお腹を空かしていました。それで長生が食べ物を持っていくと美味しそうに食べ始めます。その食べっぷりもなかなか可愛いです!

莫雨は長生が寒淵から無傷で戻ったことに驚きます。行き過ぎたことをしたと反省した莫雨は有容に長生にしたことを謝るのでした。
しかし周園の鍵が国教学院にあると疑わない南客は長生を呼び出します。南客の師匠黒袍に襲われた長生は、南客を追ってきた有容と出会って二人で黒袍の弱点を探します。そして戦いの途中で有容が尋風鶴を落としたことで、彼女が自分の許嫁、徐有容であることを知るのでした。

擇天記・第7~9話の感想

国教学院の正門の鍵を見つけた長生。三十六の協力で正門が開き、青藤宴への参加資格を得ることができました。また長生は命の危機を何度か一緒に乗り越えてきた初見さんが許嫁の有容だと知って驚きます。夜待ち合せをした有容と長生。長生は自分の命が長くないことを有容に打ち明け、有容は命の恩人の長生をみすみす死なせないと言うのでした。
長生は有容に秘密を打ち明けたことで、三十六や落落も頼もしいけれどさらに心強い味方が増えて良かったですね!これから長生にはもっときつい試練が訪れるでしょうし、長生の体も弱ってしまうかもしれないから有容が助けてくれることは長生にとってとてもありがたいことでしょう!ただ長生をライバル視する秋山君が気になりますね・・。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です