擇天記-たくてんき-あらすじ-43話-44話-45話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-擇天記-たくてんき-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

擇天記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
天海承武の謀反は長生らの助けによっておさまりました。しかし伏蛇は虎視眈々と聖后を狙っています。いったい伏蛇は誰なのでしょうか?

【擇天記-たくてんき】(ネタバレあり)

擇天記・第43話

長生は打ち解け始めた聖后に星盤大陣の恐ろしさを伝え、あまり頼らないよう助言します。聖后も息子として愛情を感じる長生の言葉を重く受け止めます。国教学院に戻ると長生は有容に聖后が星陣の影響を強く受けていると言い、星陣から聖后を解放することが自分の使命だと言うのでした。長生の命を心配する有容に、長生はきみがいれば大丈夫と笑うのでした。
一方魔族の地に連れ去られた秋山君は関飛白や苟寒食を殺した罪に怯え続けます。南客は人族の地で罪人となったのだから、有容のことを忘れて完全な魔族となるべきだと秋山君を説得します。しかし秋山君は黙々と剣の稽古をするのでした。それでも南客は秋山君のそばを離れず、秋山君と南客の仲は深まります・・。

少し行き違いがあって微妙だった長生と有容でしたが、すぐに元通りの仲の良い二人になりましたね!有容は聖后や落落と長生の仲睦まじさにちょっと焼きもちを焼いていたのかな?修行を積んだ聖女にも人間っぽいところがあるのですね。それだけ長生が好きだってことですね!!

落落は月下美人が咲く夜に一緒に見ようと長生を誘いますが、星図のことで忙しい長生はそっけなく断ります。もう女神になる日が近い落落は寂しさに涙を流すのでした・・。

擇天記・第44話

落落は軒轅破や小黒龍の朱砂に励まされます。長生の冷たさに怒る軒轅破は人参茶を塩辛くして長生にもっていきます。飲んで塩辛いと言う長生に軒轅は人参の涙だと言うのでした。

長生のために女神になる契約をした落落。もうすぐその期限が来て長生を好きである気持ちを忘れてしまうのです。女神になることは好きな人を忘れること。それを承知で目覚めない長生を回復させるために女神になる決心をした落落なのです。でも長生にそれを打ち明けずそばにいることはやっぱり辛い事ですね。本当のことを言えば長生だって一緒にいてくれるんでしょうけど、忙しい長生を自分のために煩わせたくないと思うけなげな落落なんですよね・・

星図を使って星陣を修復しようとする長生は反発されて負傷してしまいます。怪我をした長生を聖后は教宗に診てもらいます。長生は教宗に、暴走する星陣を落ち着かせるには自分の血を与えなければ無理だと言います。星図を読み解こうにも複雑すぎて時間が膨大にかかると言う長生に、教宗は自分も力を貸したいから星図を渡してくれと言うのでした。教宗を信じる長生は玉牒に星図を写して教宗に渡します。
星陣のために血を使う長生を有容は心配します。星陣の修復は何度試みても難しいものでした。魔族が侵攻してくるのを憂える長生は周の国のためなら自分の血をすべて与えてでも星陣を直そうとするでしょう。それを阻止するため、有容は今は南客一人で仕切り勢力の衰えた魔族を滅ぼしに向かうのでした。その魔族の地では南客と秋山君の婚礼が行われようとしていました。

擇天記・第45話

南客と刺し違えて魔族を無力化しようと画策する有容。一人魔族の地に入った有容は秋山君と南客の婚礼を知り、秋山君を呼び出します。有容を見て動揺する秋山君に、有容は婚礼をしたらもう人族には戻れないと言うのでした。今更戻れないと涙する秋山君。
婚礼が始まり笑顔のない夫を見て南客は苦笑します。その婚礼の中に有容は潜んで南客を狙うのでした。祝いの盃が盛られると有容は南客に向かって切りつけます。騒然となる宴。南客も有容を魔羽で攻撃します。有容の危機を見ていられなくなった秋山君は、魔族と対決して有容を連れて逃げるのでした。婚礼は台無しになり茫然とする南客。毒に侵された有容のために秋山君は解毒剤を貰いに南客のもとに戻ります。婚礼衣装のままの南客を見てすまないと謝る秋山君。しかし有容を見逃して解毒剤を渡すよう南客に頼みます。断固拒否する南客に秋山君は刀を向けるのでした・・。

刀を向けられても微動だにしない南客。秋山君になら殺されてもいいのですね。南客の愛の強さを感じ取った秋山君はそのまま去ろうとします。秋山君だって南客にも愛を感じているはず。南客を殺すことなどできませんね。でもそれよりももっと有容への愛が強いのです。どうにもならない二人なのですね・・・

有容を助けに来た長生ですが魔族に取り囲まれてしまいます。秋山君は二人で逃げろと言います。二人をかばって魔族と戦う秋山君の胸を南客は刺して、二度と目の前に現れるなと秋山君を去らせます。
そして黒袍も蘇りついに魔族との戦争が始まるのでした。たくさんの死傷者を出した人族は星陣に生贄を捧げて勝利を得ることを教宗が提案し、長生は自らが犠牲になると聖后に言うのでした。

擇天記・第43~45話の感想

ついに主人公が死んでしまう?何度も命の危機に陥った長生ですがその度になんとか持ちこたえてきましたが、星盤大陣の生贄にされてしまうとは・・。頭の良い長生なんですからなにか別の秘策は出てこないのでしょうか??せっかく母子で過ごせるようにもなったのにあんまりですよね!長生が死んでしまったら有容はもちろん、落落や聖后、三十六や軒轅など、たくさんの人が悲しみます。星図だって解読すれば星陣を制御できるはずなんですが・・魔族との戦いが始まるまでに解読できなかったことはとても残念ですね。このドラマも終盤近くなってきましたが、是非ともハッピーエンドで終わって欲しいです!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です