明蘭-あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレでありで!

明蘭


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

明蘭は秦氏が忍び込ませた頼さんという侍女を追い出すことに成功する、秦氏に裏切られたと思った頼さんは娘である春月を使って顧廷燁に近づけさせる。
顧廷燁は曼娘の情報が入ってきた為、すぐさま向かおうとし明蘭も荘園の巡察を急ごうとするが顧廷燁は明蘭がどうすれば信じてくれるのか悩む。

では、今回は46話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【明蘭】(ネタバレあり)

46話

宮中を歩く明蘭と沈氏の前に現れた朱内官は二人に皇太后が宝慈宮に呼んでいると連れて行こうとするが沈氏は皇后を理由に逃げようとする。
しかし、先手を打っていた皇太后によって逃げられない沈氏は明蘭に皇太后は自分や姉を好きではなく会う度に説教をしてくるから苦手だと言う。
沈氏は如蘭と似てて可愛いですねー子犬みたいな妹っぽさが擦れたドラマに良い癒やし成分。最近明蘭の活躍が薄いから早く活躍してほしい

皇太后は自分の侍女を皇帝の側女にしようと提案するが皇后は皇帝が出費を抑えたいと言っているから妃は取らないと言うと皇太后は引き下がる。
ただでは諦めない皇太后は侍女を沈氏の嫁ぎ先、もしくは明蘭のいる顧家の側女にしようと侍女を二人連れて帰れと提案するが沈氏は断る。
謀反の時には良い人かなー?思ってましたけどこうなるとちょっと厄介なおばさんですねー。どういう意図で連れて帰れなんて言うんだろ

顧家の側女にしようとする皇太后に明蘭は北の国境を守る兵を鼓舞する為に顧家の侍女を縁談させようと考えていたと告げる。
宮中の侍女は兵にやるには向かないと言うが明蘭は手柄を立てて帰ってくるから問題ないと言う。

47話

顧家にやってきた叔母を迎える明蘭、しかし叔母は過去の醜聞をばらされたくないのかと言い立て賀家との婚約があったそうだと明蘭を脅す。
行き来はしたが婚約は無いと言って明蘭は怒ってその場を立ち、去っていく明蘭に顧廷燁が声を掛けるが無視されるほど怒っている姿を見て喜ぶ。
ほんとこの叔母たちはろくでもないですねー、顧廷燁も初めて見た態度に喜ぶのちょっとわかりますねー明蘭は喜怒哀楽の表現少ないですから

叔母たちは早速、顧廷燁に明蘭が賀家と婚約があったと言うと顧廷燁はそれを否定し自分が知謀を巡らせて明蘭を奪い取ったのだと告げる。
顧廷燁は二人の叔母に甥のために義憤に駆られて知らせにきてくれたと頭を下げわざと礼をするが、後ろの石頭は笑い叔母たちは何も言えなくなった。
いやー気持ちいい返しをしたねー顧廷燁。ぐうの根も出ない程に叔母たちを叩きのめしてやりましたねー見ててスッキリしましたね

部屋に戻った顧廷燁は明蘭が寝台の上で枕に八つ当たりしているのを見て、叔母たちにしっかり言ってきたぞと告げるが侍女たちは笑う。
居座っている叔母たちに明蘭は達筆で厳格な人物を用意させ、これが陛下に伝わった際の為に全ての会話を書き留めると言う。

48話

ある日、牢で騒ぐ廷炳は役人にボコボコに殴られていた。
顧家では皆が集まり顧廷煜に秦氏や叔父たちが3人を助けるようにと願い、牢の状況を知らせ顧廷煒は重い病にかかり虫の息だと告げる。
叔父たちは血の繋がっている息子を見殺すのかと詰め寄るが顧廷煜は顧廷燁との根比べだと告げ、しびれを切らした秦氏は助けてくれたら顧廷煜の養子に爵位を譲ると宣言する。
もうすぐ死ぬ死ぬ言ってた顧廷煜ですがしぶとくまだ生きているんですよねー、そしてこの時代の意地汚い女はすぐ涙を流す!

今回だけは譲歩してくれと頼む3人に顧廷煜は怒り、顧家の為に尽くして亡くなった人達の顔に泥を塗るのかと叫ぶがそのまま倒れてしまう。
顧廷煜は寝台で起きるが外では妻が医者と話しており、名医だろうが天に見放されれば仕方ないと言って帰ってしまい顧廷煜は寝台から転げ落ちる。
まぁ元々身体が弱かったのは可哀想だけど、だからと言って顧廷燁に意地悪する理由にはなりませんからねー罰ですよ

顧廷煜は余命がわずかだと知ると時間がないと言って妻に筆と紙を持ってこさせ、死なないでと泣く娘には妻を支えてやってくれと頼む。

46-48話感想

顧家が一段落?ただこれによって秦氏が暴走してきそうで怖いんだよなー秦氏は長い時間掛けても目的のために手段を選ばない人だから。
というか、顧廷煜は結局何をしたかったんだろう?自分に爵位をほしかっただけなのかな?顧廷燁は優しいからしっかりと接していれば支えてくれただろうに。
最後の最後に嫁と娘を顧廷燁に頼むってのも虫がいい話ですよねー、じゃ逆の立場で明蘭をしっかり見るかって言ったら見ないでしょうに。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です