明蘭-あらすじ-55話-56話-57話-感想付きネタバレでありで!

明蘭


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

斉衡は明蘭に呼ばれて会いにくる、明蘭は今の妻を愛するようにと言うが斉衡は昔の仲の話をし顧廷燁を本当に愛しているのかと迫る。
秦氏と康夫人の策略によって祝宴の前に張氏と鄒氏は言い争いをして宴は台無しになり、その事が皇太后の耳にまで入り秦氏は新たな策略を考える。

では、今回は55話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【明蘭】(ネタバレあり)

55話

馬に乗りながら石頭と森を駆ける顧廷燁は弓でウサギを狩っていたが、そんな顧廷燁に石頭はむくれて朝議を休んでいる事を指摘する。
ウサギを焼きながら話をしている顧廷燁たちの元へやってくる盛長柏は朝議をサボる顧廷燁を罵らず、本当に多忙なら出仕しなくてもいいと告げる。
ほんと盛長柏が一番このドラマで良い人ってくらいまでありますよねー二人がずっと良い関係なのもこのドラマの見どころですよ

明蘭の元にやってきた張氏は明蘭に自分も身籠ったと打ち明け両親は喜んではいるが、沈従興は鄒氏の元へ行ったと言い明蘭は今は子の事だけを考えようと告げる。
一方、顧廷燁は盛長柏に明蘭の愚痴を言っているが、盛長柏は不満があるなら明蘭に直接話し合えば良いと話し娶った以上は本心を打ち明けろと告げる。
お互いを想うが故にすれ違う二人ですが、決定的に溝が出来る前に修復してほしいですけどねー明蘭意外と恋愛には無頓着ですからね

その夜、屋敷に帰ってきた顧廷燁は久々に明蘭と楽しい時間を過ごし、小桃と石頭は二人の世話は手がかかると菓子を食べていた。
翌朝、馬球する明蘭、秦氏は他の夫人たちに明蘭を貶めるような事を言うが他の夫人たちは明蘭を褒める。

56話

皇太后から板打ちを受けた顧廷燁は明蘭に傷を見せないようにと書斎に自分を運ばせ、話を聞いた明蘭は急いで顧廷燁の元へと向かう。
寝ている顧廷燁の傷を見た明蘭は医者はまだかと告げると、起きた顧廷燁はどんな名医より軍で使う金瘡薬が効くと言って石頭に塗ってもらったと告げる。
明蘭に塗ってもらえばよかったのにと思いましたけど凄い傷ですねー、多分林噙霜はこれ以上の傷だったと考えると死ぬのもわかりますね

心配する明蘭、顧廷燁はここぞとばかり甘え顧廷燁の世話をしようとする明蘭を見て傷を負ったのも無駄にはならなかったなと微笑む。
一方、皇太后の元に李内官と顧廷煒が一緒に町へ向ったこと、劉貴妃が皇帝と一緒に散歩をしていると報告を聞き皇太后は劉貴妃の動向を注視する。
傷口に乾燥はダメですよー明蘭!包帯とかしないんですねー直で着物はくっつきそうで痛々しい…ただ久々に甘える顧廷燁が嬉しそう

劉貴妃は親をどう呼ぼうと問題ない、他人は何も言わないと皇帝の意見に同調する。
皇太后の元には韓宰相が訪れたと報告が入り、一度は怒って追い返そうとする皇太后だが少し考え自分が怒りで倒れたと告げるようにと指示をする。

57話

皇太后は自らが押印したのだからこれ以上は追い詰めないでと告げ、皇帝は皇太后を寝台に連れていくように指示し斉衡は皇太后を止めようとするが行ってしまう。
斉衡は皇帝に自分の意見を何故遮るのかと告げ皇太后は罠に掛けられ真実を口にすることが出来なかったと話し、言官の務めを果たせなかった自分を罷免してくれと告げる。
もう何をやっても良いイメージの無い斉衡、宮廷内のいざこざをもうややこしくてちょっとわかりづらいですよねーほのぼの展開が見たいよー

その夜、明蘭は顧廷燁の娘・書蓉と顧廷煜の娘・嫻に7日間、帳簿を渡し調べさせており二人はその帳簿に不明な点があると質問する。
明蘭は再び自ら考えるようにと二人を下がらせるが書蓉は残り明蘭と顧廷燁が最近仲良く無いことを不安に思い相談し、明蘭はそのうち戻ると安心させる。
自分の子供でないにしろ、子供たちに不安にさせるような態度はダメなんですよ明蘭。どーにもこういうとこだけは鈍いんだよなー

盛夫人が久々に顔を出しなさいと丹橘から言われ誰がバラしたのかと尋ねると、秦氏から康夫人から王若弗に伝わり盛夫人の耳に入ったのではと話す。

55-57話感想

早く秦氏がぎゃふんと言う所が見たいんだけど、皇太后とか出てきちゃって話が散らかりすぎてて収束しなさそうでげんなりしてくる。
あとはもう斉衡が何をしたいのかわからなすぎて出てくるだけでも不愉快、大人しくするか自分のキャリアの為だけに動いて欲しい。
明蘭も相変わらず能面な感じなので、怒ってるのかどうなのかすごく分かりづらいんだよねー子供たちが幸せそうにしてくれればいいなって。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です