月に咲く花の如く-あらすじ-1話-2話-3話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-月に咲く花の如く-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

月に咲く花の如く



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回は2017年の中国大ヒットドラマ『月に咲く花の如く』の紹介を紹介します!
ネタバレありありですのでご了承くださいね~。
今やファン・ビンビンに次ぐトップ女優になったスン・リーがヒロインの女ど根性一代記を演じます。
どんなことにもへこたれず、強く、たくましく、さらに頭にいい女性は同性としてエールを送りたくなります。
個人的にドロドロ愛憎劇は勘弁ですが・・・
早速1話から見てみましょう!

【月に咲く花の如く】(ネタバレあり)

1話

時は清代末期。大道芸(武術)で生活をする孤児の周瑩(しゅうえい)は養父である周老四とともに涇陽にやって来た。親子は稼ぎが少なければいんちきで同情を引くような見世物をしたり、詐欺を繰り返し各地を転々として生活をしていた。
中国武術といえば出ました少林功夫!お父さんお金のために身体はって見せますよ~可哀想な娘役に周瑩も大活躍です。

一仕事を終えた周瑩は市街でさっそく親切で人のよい若旦那呉聘(ごへい)を嘘の身の上話でうまくだまして金を巻き上げるが、帰ると周老四の博打の借金のために沈家に侍女として売られることになっていた。
呉聘の旦那はいい人過ぎてもうお母さん心配・・・(見ていてなんだか親心になってしまいます)

今ままでも何度も借金のために身売りされて、しばらくすると逃げて周老四と落ち合うという事をしていたので、今回も周瑩は悲壮感なくお気軽な感じで沈家に向かう。

沈家では放蕩息子の次男の沈星移が妓楼の女、千紅の歌に多額のお金を使い込み、             千紅は自分こそは星移のいいなずけだと沈家に乗り込んできたために、家中てんやわんやの大騒ぎ。

怖いお父さん沈四海から容赦ない罰を受け、傷の痛みでひいひい言っていると、新しく沈星移付き侍女になった周瑩が手当てをしてくれた。
いずこの国もおしおきはお尻ペンペンですね~。さすがに血まみれの沈星移のお尻に同情の周瑩・・・「容赦ないわね・・・」と絶句

その頃涇陽第一の商家である呉家東院と第二の沈家に朝廷の軍需品である膏薬の入札の話がもちあがる。
そして謎の皇商、杜明礼(とめいれい)が親切を装い、呉家東院の一人息子呉聘に近づいてきていた。
怪しい・・・怪しいです

2話

沈星移付き侍女になった周瑩は反抗的で口が悪く粗暴であったが、豊富な薬草の知識があり、手当ての甲斐あって沈星移の傷はどんどん良くなっていった。
早くクビされたい周瑩はめちゃくちゃな要求をだすも沈星移に受け入れられ、毎日悠々自適に沈星移と賭けをしたりと遊んでいた。
仕事しないで・食べて・遊んで・・・って周瑩あなた何様!?

道楽者の沈星移の先行きを心配した祖母と母は、ちょっとは家に落ち着いてもらおうと侍女の中から側女を選ぼうとする。
沈星移は周瑩でなければ・・・と側女にしようとするも、長居する気のない周瑩は側女どころか正室でもいやだ!と拒否する。怒った沈星移に襲われるも返り討ちしてやるが、捕らえられ縛られ監禁されてしまう。
強い周瑩ステキでした。暴力はいかんぞ!沈星移!

折りしもその時呉家東院の一人息子呉聘は膏薬の入札について沈家に相談に来ていたが、沈家長男の沈月生は強気に価格を下げて入札を争う姿勢を崩さなかったためスゴスゴ帰る。
も~う呉聘旦那やっぱりいい人過ぎて・・・本当に心配です

なんとか自力で縄を解いて部屋から脱出した周瑩は男装して逃亡を図るが途中でばれてしまい、呉聘が乗ってきた輿の中に隠れる。
帰宅しようと輿に乗ってびっくりの呉聘。しかし腕の傷や外の不穏な様子に事を察して逃亡を助ける。

沈星移は怪しさ満載の輿の中に周瑩がいることを確信し、輿を追って呉家東院まで追い、外で見張りを立てて監視するのであった。
おーい輿担いでいる人~女子一人増えたくらいでどんだけ重いんでしょうか?輿傾いていますよ・・・

謎の皇商の杜明礼は沈家を訪れ沈四海に膏薬の入札から身を引くように忠告する。

3話

呉家東院にかくまわれた周瑩は沈星移に監視されていて外に出ることができない・・・屋敷内にある学徒房の学生である王世均に頼んで、周老四に連絡を取ってもらおうとするが、すでに街を出てしまった後だった。
周瑩に「おつかいのお駄賃あげるよ~」って自分より年若そうな女子に急に言われ、たじたじの王世均。はいっ、カレはまじめです。

行く当てがなくなった周瑩は、呉家東院に頼み込んで侍女としてもらうが、何をさせても雑でがさつなため使い物にならない。周瑩の興味が学徒房の商売の授業にあると知っていた呉聘は周瑩に学徒房の侍女になるように言う。
こっそり授業を盗み聞きし、内容を独自に理解をしていく周瑩に生徒達は宿題を頼むようになる。周瑩は宿題の代役をして小金を稼ぐが先生にばれてしまい、呉親子の前にひきだされる。
ここでも小金を稼ぐ才能発揮!お金を忘れた場合はきっちり利息をつけて請求します。

商才を認められたがお金のために人をだますことに躊躇しない姿に、呉聘の父呉蔚文は不快感を表し、呉家東院が代々大切にしている【誠】と【信】を教え、授業を受けることを認める。
呉蔚文の熱い教えをうけ、商売の神様関帝様に【誠】と【信】を守ると誓う周瑩。ちょっと軽いんですけど・・・大丈夫かな~

杜明礼は裏で呉家東院と沈家が争うように画策し、膏薬は正規の値段を提示した呉家東院が請け負うことになった。
結果に何か納得できない両家・・・呉聘は沈月生にそれぞれ半々で膏薬を納める提案を持ちかける。呉聘は周瑩の身売り証文を譲ってもらい、代わりに膏薬は沈家の名前で納品する事で手を打つことになったのであった。
やりました呉聘のだんな!話の成り行きでうまく身売り証文GET!!と思いきや沈月生も「うちの名前で膏薬を・・・」さすが商人やりますな~

1-3話感想

清代末期をCGを使わずによく再現したな~と関心。街全体を映したときは間違いなくCGと思いましたが、全てセットだったんですね・・・。それだけでも見る価値はあるかと思います。建造物も家具も調度品も衣装も本当に美しいです。
周瑩役のスン・リーは30歳超えていますが十代の役でも全くの違和感なし!がさつで口八丁手八丁で超生意気な少女役をうまくこなしています。
おこちゃまでダメ男な沈星移役のチェン・シャオですが、周りを困らすわがままっぷりに、気に食わないことがあるとすぐ力にものをいわせようとしたりとやりたい放題。でもイケメンは何をやってもイケメンだな~と感心します。
理想のだんな様候補の呉聘役のピーター・ホーは抜群の安定感で正義感があり誠実な役柄をこなしています。隠し切れない立派な体格はややパンパンの服からもうかがい知れます。
ストーリーもテンポよく進み、面白くてあっという間に見れちゃいます。3人の今後の関係も気になりますが、影で動く謎の皇商の杜明礼の怪しさ満載なところも目が離せない!です。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です