月に咲く花の如く-あらすじ-43話-44話-45話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-月に咲く花の如く-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

月に咲く花の如く



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
迪化から図爾丹がやってきて周瑩に愛の告白をしたため呉家はまたまた大騒ぎ。
なかなか情熱的な図爾丹とお金の力に周瑩は少しグラグラ・・・(!?)気味。焦る沈星移もお母さんやおばあさまにおねだり攻撃で沈家も星移の嫁とり問題で大騒ぎ。
春の夢から覚めた杜明礼は趙白石と呉家の陝西機器織布局を潰すために楽しく陰謀陰謀。今回はどうなるのでしょうか?

【月に咲く花の如く】(ネタバレあり)

43話

図爾丹が迪化に戻るのを見送る周瑩。友のために・・・と用意させたお酒をあおる図爾丹は私に嫁げばもっと大きな商いができると誘うが、周瑩の心は揺るがない。
おそらく今生の別れと周瑩に一献ささげ「心を取り戻せ・・・たとえ商いで成功しても君は女。連れ添う伴侶がいなければ一生幸せになれない」と言い立ち去る。
図爾丹はなかなか諦めきれない様子。最後はほぼ捨て台詞・・・(笑)

周瑩は街で羊肉麺を食べていると沈星移が現れる。株を譲ってくれたお礼と羊肉麺をおごりつつ、星移に商いの勝負はどちらが勝ったか・・・と聞く。
いろいろあって賭けの事すっかり忘れていた・・・

星移は周瑩の勝ちを認め約束どおり女装して街で一番人通りの多いところを「私は女に負けた~」と言いつつねり歩く。道行く人々の野次や歓声と花をまいてもらいつつ周瑩の前で舞う星移の姿を周瑩は酒楼で笑いつつ眺める。
沈の若旦那女装するにももう少しやりようがあった気がする。

沈家では大奥様が星移の縁談の話を持ってくるも星移の気持ちが変わらない。
大奥様と奥様は沈星移を周瑩から引き離すために涇陽から離れたところにやる事を相談する。
沈家の嫁娶り問題は難航しそうです

呉家では中院の織物工房の閉鎖と工員たちの解雇を呉尉武と周瑩が提案するが呉尉全は納得できない。
趙白石が織布局の局長になり、株主である呉家から副局長をたてるように要請がある。呉尉武は周瑩に大当主の座を返し副局長になる代わりに再婚しない。呉家に生涯留まると誓いを立てるように言う。
確かに誓いを立てたほうが呉家としてはいろいろ安心なのでしょうが・・・

誓いを断った周瑩について呉尉武は趙白石に説得して欲しいと頼むが・・・なんとも複雑な趙白石。
どうして俺に頼むんだ~~~(趙白石心の声)

呉聘の墓前で素直に揺れ動く気持ちを打ち明ける周瑩とそれを見守る春杏。帰り道趙白石が待っていた。呉尉武から説得を頼まれたと知っている周瑩は誓いを立てても無駄、私が再縁したいと望めば誰も止められない。趙白石は周瑩の意志の強さを評価し、今後も変わらないでほしいと言う。
趙白石に想いが詰まったお言葉でした

周瑩は趙白石に呉家東院の冤罪の再調査をお願いし元家職の楊之渙に会わせる。思案した趙白石は再調査を上奏する。
楊さんと周瑩のやりとりになんかじんわりと熱いものがこみ上げてきた様子の趙白石でした

中院では織物職人達が呉尉全に工房閉鎖の取りやめを訴えにいく。
沈家の陶番頭は査坤から貝勒への口利きの代わりに仕事を頼む。
何か嵐が起きそうな予感・・・

44話

手織り職人の王徳根宅に来た陶番頭は職人達を集めて陝西機器織布局の開業を阻止しようと話す。
陶番頭早速動き出したようです。職は無い奥さんは病気、子どもは空腹で泣く・・・絵に描いたような王さん宅の困窮ぶりは可哀相

張長清を訪ねた趙白石は陝西機器織布局の功績を評価され利益が上がれば巡撫として推挙する事を言われる。張長清は趙白石が書いた呉家東院の再調査を上奏文を趙白石に返しつつ複数の勢力がからむ案件ゆえ掘り返さないように釘を刺される。
先生・・・(趙白石心の声)

西院の呉沢に愚痴をこぼす趙白石。呉沢は私だったら陛下に・・・苦笑いの趙白石。
趙白石が来ている事を知った呉漪は腕によりをかけて料理を作り運ぶ。呉漪の気持ちを知っている呉沢は趙白石と二人だけにする。
呉漪の思いを知った趙白石は遠まわしに断る・・・思いを受け入れられなかった呉漪は悲しそうに退出する。
呉漪の渾身の愛の手料理と料理名とその説明からじわじわとくる愛の告白はちょっとこわいかも・・・

陝西機器織布局では趙白石と周瑩が開業準備を順調に進んでいる。趙白石と周瑩はお互いの将来の夢を語らう。趙白石は豊かな国と平和な民、周瑩は過去に戻りたい・・・と言うも叶わない事と趙白石に言われ、呉家東院を繁栄させ、東院の商いを世界隅々まで広げる事・・・と話す。
思い起こせば呉聘とのやり取りしている時は自由な猫ちゃんみたいで可愛かったな~

王徳根は集まった織物職人達を前に機器織布局に対する不満の声を口にし、陶番頭が煽る形で開業の際に大いに騒ぎを起こし工場閉鎖へ追い込もうと皆で結束を硬くする。
なんとも勢いでいつのまにか暴動する事になってしまいました!

その場にいた李長文は呉家中院の呉尉全に明日騒ぎを起こすものがいると伝えにいくが呉尉全は大した事にはならないと周瑩には伝えなかった。

陝西機器織布局が開業する日、趙白石や周瑩達は笑顔で開業を祝う。趙白石は挨拶で新しい技術を使う事で豊かで強い国になる事、織布局はその第一歩になる・・・と語り、織機の稼動が始まる。

沈星移は機器織布局開業で不満を持つ織物職人や商人達が騒ぎを起こすと聞き、急いで向かう。
沈の若旦那周瑩が本当に好きなんだね

陝西機器織布局では棒を持った職人と商人達による暴動が起こり趙白石と周瑩が止めるのも聞かず機械を打ち壊していく。倒れた周瑩も棒で打たれそうになるが沈星移が身を挺して庇い怪我をする。
昔流民救済の時呉聘が身をもって周瑩を守ったシーンとかぶります。呉聘の方が面積広かったから安心度が高かったな~(笑)

兵士達がやってきて暴動を起こした職人たちは連行されるが陶番頭はこっそり逃げる。全ての機械を壊され被害の大きさに絶句する趙白石と周瑩。周瑩は突然血を吐いて倒れてしまう。
いきなり!?でびっくりしました。呉家の命運をかけた事業だからショック!

杜明礼は査坤から報告を受け独りほくそ笑む。
この人ひどい・・・

45話

陝西機器織布局の打ちこわしを聞き、呉尉全は報告しなかった事を悔やむ。周瑩は怒りのあまり頭に血が上っただけと診断されるが、たまらず趙白石は周瑩の寝所の前まで行き、看病に向かう呉漪たちを見かけ周瑩を頼むと声をかける。

古月洋布店で胡咏梅は周瑩が無事だった事に苛立ちつつも陝西機器織布局が打ち壊され大打撃を受けた事を家職から聞き天に感謝する。
お嬢様は変わった・・・(家職心の嘆き)

杜明礼は沈四海に陝西機器織布局の操業停止の嘆願書を書くように言うが、沈四海は自分は一介の商人と断るが「貝勒の配下でしょう・・・、沈星移が陝西機器織布局の暴動の時趙白石をかばって重傷を負ったことも貝勒がどう思うか・・・」と脅される。
同じ穴の狢になってしまったと気がついた沈四海。もう逃げられない・・・

沈星移のところに四海はやって来る。寝ているふりをしている星移になぜ織布局へ行ったのか尋ねる。「皆のためです」と答え、四海は苛立ち立ち去る。
以前は目的もなくチャラチャラしておった息子は立派になりました。

沈星移の祖母と母は怪我の理由が呉家東院の寡婦のせいだと話し祖母は呉家東院へ乗り込む。

呉家東院では周瑩が自分のために怪我を負ってくれた沈星移の見舞いに行こうとするが、沈家の大奥様が訪問したと聞き向かう。周瑩と義母の鄭氏を前に二品の爵位を記した巻物を抱きつつ周瑩を散々愚弄する。
周瑩が立ち去ろうとすると呉聘を侮辱する言葉を聞き、堪忍袋の尾が切れ・・・大奥様の前にガードしている侍女を払いのけ巻物を投げ捨てて「沈家なんてこっちから願い下げよ!」と言い放つ。
部屋に戻った周瑩は呉聘からもらった名刺を見て泣き崩れる。
二品の爵位の巻物を大事そうにしている貫禄の大奥様。見ていてカワイイ(笑)おばあちゃん、無理しちゃダメよ~。しかし周瑩の大奥様のガーディアンの頭をつかんで払いのけたのはよかったわ~(惚れ直し)

沈星移は祖母が呉家東院に乗り込み、周瑩に罵倒され気を失った事を聞き祖母に会いに行き祖母の心意を知る。
かわいい孫のためだもんね・・・

周瑩のところに千紅が訪れ、沈家大奥様を気絶させたことを評価しつつ星移に付きまとって沈家を振り回すように発破をかける。
姐さんもいいよるわ(笑)さすが春風十里の元№1!

沈星移が周瑩に会いに来る。そっけない態度の周瑩に「私の心を差し出す・・・」と求婚する。

周瑩は王世均に呉家の皆と趙白石を神堂に来るように頼む。
集まった皆の前で生涯寡婦を貫き呉家の人間として生きると誓いを立てる。ショックを受けた星移はふらふらと立ち去り泣き崩れる。趙白石は拳を握り締め・・・戻った執務室で物に当り散らしていた。
傷心の男二人

趙白石の様子から何かを感じた呉漪は韓三春から自分を誘拐した時の事を聞き、趙白石の本心を知る。
気づいてしまった呉漪もショック・・・

翌日呉尉武は周瑩に大当主の座を返し陝西機器織布局の副局長の引継ぎと式易堂大印を渡す。
周瑩は機器織布局の再建を提案するが20万両損害を出したとして呉尉全は反対する。呉尉武は好きなようにしなさい・・・と言いつつも参加しないと表明。呉尉武の西院・呉尉全の中院との合資は解消されてしまう。
確かに普通は大損害の後にこわくてこの提案はできない。やはり周瑩はただものではない・・・

感想

せっかく苦労の末開業まで進んだ陝西機器織布局でしたが根暗な杜明礼の陰謀のせいで白紙状態になってしまいました。機器織布局の資金調達のために図爾丹に嫁ぐことも考えた周瑩も血を吐くわ。
沈星移との関係も(気付いてないけど)趙白石の気持ちもすっぱり切り捨て商売に専念しようとする姿はかっこいい。でも時おり見せる寂しそうな姿を見ると商売以外の女性としての幸せも躊躇なくつかみとって欲しいと願います。
対する周瑩に群がる男どもは未練たらたらというかう~ん・・・。
杜明礼は相変わらずだし、沈四海は貝勒の手先になっちゃってたし、胡咏梅お嬢様はこわくなっていました(汗)
周瑩次回はバリバリ陝西機器織布局再建させて奴らを皆滅多切りにしちゃって~(笑)

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です