武則天-The Empress-あらすじ-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
徐慧と魏王が手を組み、媚娘が承乾と組みましたね。
徐慧は媚娘に、魏王は承乾に密かに対立しています。

媚娘と承乾の敵となる徐慧と魏王はどちらも賢い相手です。
好き勝手やって来た韋貴妃もなかなか手強かったですが、

それとは違った不気味な恐ろしさがあります。

【武則天】(ネタバレあり)

28話

称心を殺めなければならなくなった承乾だが、称心を殺す事ができないでいた。
称心を殺さなければ承乾の立場も危ういというのに、それほどまでに承乾にとっての称心は大事なんですね。

一方、長らく出陣しに行く世民との別れを惜しんだ媚娘は討伐に付いていこうとする。
戦争では残酷な事が起きるという世民は、媚娘を断り、ある場所に連れて行く。

世民が案内した部屋では、沢山のろうそくが並んでいる。
戦によって人を殺した後悔によって心が乱れる度に、世民はろうそくを増やしていた。
あの優しい世民が、今までに沢山の人を殺めているのが分かります。

承乾は称心を森の中え連れて行くと、別れを告げて剣を引き抜く。
翌朝の朝議に現れた承乾は、世民の前に称心の首を差し出す。

その頃、散歩がてら韋貴妃を見つけた蕭薔は、韋貴妃の話に聞き耳を立てる。
すると、韋貴妃は蕭薔が出産後に亡くなったら赤子の跡取りになるつもりでいると蕭薔は知った。
可愛がっていたように見えた蕭薔を利用するための道具扱いとは。どこまでもやる事がえげつない韋貴妃です。

そんな時、蕭薔は親友の2人と再会する事に。
蕭薔は助かる唯一の道として、親友に韋貴妃の企みを世民へ伝えさせようとする。

2人の親友を見かけた蕭薔は、親友の会話を盗み聞く。
親友は蕭薔が親友と思っていただけで、蕭薔の陰口を言い合っていた。
蕭薔は絶体絶命のピンチです。

そこに現れた媚娘と徐慧は2人を咎める。

29話

宴で2人の親友と再会した蕭薔は、仲の良さを装いつつ、媚娘に声をかけようとする。
皇太子妃が媚娘に話しかけて阻まれた様子を見ていた徐慧は蕭薔に話かけた。

すると、それを見ていた韋貴妃が何事かと聞きに来る。
蕭薔は徐慧との仲直りを口実に、乾祥宮へ招待する事に。
対立してきた蕭薔と徐慧ですけど、追い込まれて初めて蕭薔は距離を縮めてきましたね。

蕭薔が徐慧を乾祥宮へ招待すると、見張りにお菓子の様子を確かめに行かせ、徐慧に助けを求める蕭薔。
水で文字を書いて徐慧に伝えています。乾祥宮は見張りで行き届いているんです。

このままでは韋貴妃によって殺されてしまう蕭薔に、代わりに子供を犠牲にさせようと提案する徐慧。

承乾が称心を殺したせいで、称心による承乾が男色だという噂を断たれたかに思えた。
しかし、魏王は次の策としてある匿名の文を皇太子妃に送らせる。

皇太子妃の元に届いたのは承乾が密かに隠れ家に称心をかくまっているという文。
真偽を確かめに行った皇太子妃は、称心が生存している事を確認する。

そのことを媚娘に相談しようとする皇太子妃。
媚娘不在にあろうことか、媚娘の親友だった徐慧に打ち明けてしまう。
媚娘と敵対している徐慧です。何をされるか分かりません。

徐慧は情報が世民に漏れる前につじつま合わせに称心を亡き者にすれば良いと提案する。
その頃、蕭薔へ徐慧から渡すように頼まれた香り袋を届ける媚娘。

30話

蕭薔に届け物をした媚娘に、外からの物は受け取れないという韋貴妃。
見るだけならと、蕭薔はこっそりと香り袋を抜き取った。

蕭薔が香り袋を確かめると、お腹の子供を流産させるという五行草が入っている。
蕭薔は自らの死か、子供の犠牲のどちらかを受け入れないといけない厳しい立場です。

徐慧は世民を散歩に連れ出す。
すると、事前に誘導しておいた皇太子妃が魏徴に称心を殺すように頼む様子を世民は目にする。
徐慧はずる賢いです。このまま承乾は世民に見限られてしまうのでしょうか?

その頃、称心をかくまっている承乾。
承乾は、失った承訓という幼馴染にそっくりな称心を、特別に扱っていた。

多くの幼馴染を、承乾は玄武変で世民や羽林軍によって皆殺しにされている。
その記憶を忘れずに、称心を何が何でも失なってはいけないと考えている承乾。

称心の生存を知った世民は、承乾の名声を汚していると言い、称心の首を切る。
そこに駆け付けた承乾は取り乱して世民に戦いを挑むも敗北し、連行された。

その後、無罪かもしれない称心を殺した罪悪感に苛まれる世民。
そんな世民を媚娘は慰める。

翌日、世民を欺いた事で危うい立場になった承乾だが、世民はその話に触れなかった。
承乾を助けようと、媚娘に相談する雉奴。
世民にはまだ承乾への情が残っているのでしょうか。雉奴は兄弟思いなんですね。

28話-30話の感想

意外にもあんなに性格の悪かった蕭薔を徐慧が助けに入りましたね。
蕭薔としては誰かを頼るしかないんですけど、韋貴妃と蕭薔が対立していく展開は思いもしませんでした。

それと、魏王と徐慧の策によってまんまと窮地に陥れられた承乾。
媚娘としても協力関係にある承乾のピンチは見過ごせません。

それにしても、噂のせいで大切な称心を失った承乾は物凄く辛い思いでしょうね。
残念な結果となってしまいました。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です