武則天-The Empress-あらすじ-37話-38話-39話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-37話-38話-39話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
投獄中に韋貴妃に命を狙われたのが、かえって解放された媚娘。
それでも媚娘はまた、策を企ててきたとは知らずに李牧と再会した事を徐慧に話してしまいましたね。

李牧は謀反人の子供です。
これでまた媚娘は謀反人の危険にさらされるかもしれません。
そろそろ徐慧の悪巧みが露見しても良いとは思うのですが。

【武則天】(ネタバレあり)

37話

文徳皇后の血を引く雉奴が皇太子になれば国は治まると、媚娘は嫌がる雉奴を説得させる。
その後媚娘は謀反の疑いによって才人の称号を剥奪され、蔵書閣で古書を写す事に。

一方、韋家を調べた結果、皇太子落馬や謀反の件に魏王が関与してる可能性があると知らされた世民。
そして、謀反の疑いで殺すように命じた人間は韋貴妃だった。
やっと韋貴妃と魏王の悪事が暴かれていきそうです。

蕭薔は徐慧の案でお腹の子供を殺す薬を飲み、子供を流産する。
すると五臓を損傷し、正気を失った蕭薔。
韋貴妃によって、子供を産むと蕭薔は殺されてしまいます。

香り袋は媚娘から受け取ったものだと待女は言い、媚娘は韋貴妃に呼び出される。
蕭薔の子供を媚娘が殺したと思った韋貴妃は杖刑に。
何も知らない媚娘は沈黙を貫くしかありません。

そこに事情を聞いた世民が現れ、真相を明らかにしようとする。
すると錯乱した蕭薔が韋貴妃の元へ、お腹が痛くなる薬を飲ませないでくれと必死に頼んだ。
さらに薬が入った碗が見つかり、蕭薔は韋貴妃に向かっていっそう薬を拒絶。

世民は無実な媚娘を解放し、真相を解明する。

38話

蕭薔の演技で韋貴妃が蕭薔に薬を飲ませて子供を殺した事になり、蕭薔がほくそ笑む。
蕭薔がわざと正気を失ったフリをしていたおかげで結果的に韋貴妃はピンチに陥り、媚娘は助かりましたね。

世民の命で韋貴妃のいる乾祥宮に捜査が入り、皆が韋貴妃を非難。
掖庭に入れられた韋貴妃に淑妃が訪れると、韋貴妃は淑妃こそが邪悪だと言う。
温厚そうに見える淑妃です。韋貴妃すら警戒する正体とは気になります。

鄭婉言を殺したのも扇に毒を塗って媚娘を潰そうとしたのも淑妃だと判明。
その晩、韋貴妃の牢に魏王が侵入する。

拷問にかけられる事が決まり、耐えられないであろう韋貴妃は自害する事もできない。
代わりに魏王が韋貴妃の手首を切る。

最後に韋貴妃は媚娘を始末するように頼んだ。
魏王は韋貴妃に思いを寄せていたが、韋貴妃は世民の側近だった。
兄弟の承乾を陥れようとする策士家の魏王にも人情があったんですね。

媚娘は自分の動きが漏れてる事を不思議に思い、謀反に関する調書を調べようとする。
身近な人を疑っています。まさか徐慧が裏切っていたとは思わないでしょうね。

そして、雉奴を皇太子にする為に知恵を叩き込む媚娘。
世民はそのころ、媚娘の危機に現れた李故を媚娘の知り合いではないかと疑っていた。
そこに徐慧が媚娘について話しがあると訪れる。
次から次へと媚娘に災難を持ち込むつもりでしょうか。

媚娘の元に来た端安は、文娘が亡くなった件で燭台がなくなってる事を不審に思ってると伝えた。
文と書かれた燭台は他にない。

すると媚娘は端安に渡した紙片がなぜか陛下に渡ってると指摘し、犯人は文娘に絞られる。
文娘は徐慧の待女で、裏で手を引いてる人を辿ると黒幕は徐慧という事に。
媚娘としては親友の徐慧が犯人だと思いたくはありません。やっと核心に近付いてきました。

39話

謀反に加担した祖父を持つ李牧と媚娘の関係を世民に暴露した徐慧。
さらに徐慧は、李牧を始末するように伝えた。

その後、世民は大臣と皇太子を集めて北伐について議論する。
魏王と呉王の意見が食い違った所で、世民が異なる意見を求めると、雉奴が現れた。
媚娘の答えを覚えさせられた雉奴は、周囲から反感を買ってる北伐に出兵できると意見する。

世民は雉奴の意見を取り入れ、出兵を決めた。
周囲の見る目が変わった事に雉奴は喜び、皇太子を目指す。
短期間で雉奴を一人前にしてしまう媚娘の力量はなかなかのものです。

そんな時、媚娘は世民に呼び出される。
すると世民の元には逆賊の名簿があり、その中には李牧の名があった。
情け深く逆賊の子孫を残す世民だが、長孫が警戒して毎年作ってるという。

雉奴は媚娘と見つめ合ってる李牧に気付き、正体を問い詰める。
入宮した理由を聞く雉奴は、ごまかそうとする李牧を脅す。

すると逆に、李牧は雉奴を押さえつけ媚娘のためだからと命を見逃した。
雉奴もまた李牧を見逃す。
三角関係ですが、さっぱりとしていて気持ちが良いですね。

媚娘は世民から何とか李牧の名簿を引き抜いて持ち去った。
しかし、世民は李牧について調べようとしている。

37-39話の感想

ついに韋貴妃の悪行が表沙汰になり、媚娘の脅威が一つなくなりましたね。
謀反についての大きな疑いが晴れ、身軽になった媚娘ですが、まだ親友の徐慧という厄介な敵は残ったままです。

人が良い媚娘はまだ確信が持てないで悩んでいる様子。
徐慧の裏切りに気付くのは時間の問題でしょうか。
苦難ばかりのしかかる話が続いていたので、久しぶりに気分の良い流れでしたね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です