武則天-The Empress-あらすじ-40話-41話-42話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は媚娘との関係に気付いた雉奴が李牧と接触し、世民もまた李牧について調べていましたね。
謀反の疑いが晴れようとしている矢先に、幼馴染で謀反人の孫である李牧との関係がバレたらどうなるのでしょうか。

雉奴という大きな盾を得た媚娘ですが、まだまだ先は分かりません。
これからの李牧との関係も気になりますね。

【武則天】(ネタバレあり)

40話

媚娘が李牧についての資料を処分してる中、媚娘は才人に戻され、世民の夜伽に呼ばれる。
その途中で媚娘は李牧と出くわす。
媚娘は世民と李牧のどちらに気持ちが傾いているのだろう?複雑な心境でしょうね。

夜伽に呼ばれた媚娘は、世民からなくなった李牧の資料を探すように頼まれる。
世民は李牧の名を聞いても大して気に留めてない様子。
しかし、媚娘が世民を欺いてないか問い詰め、答えない媚娘をビンタした。
李牧の事で、また世民の媚娘に対する疑惑が出来てしまいましたね。世民は曖昧な態度の媚娘に激怒してます。

様子を見ていた李牧は尊厳を失った媚娘を叱り、予定を早めて数日後に出ていく決心をする。
その後媚娘は李牧の資料を燃やしていると、李牧の両親が焼死している事を知った。

すると急いで李牧の元に行った媚娘は勝気な性格によって振り向かない世民に意気地になっていたと言う。
そして、李牧と共に後宮から逃げようとする媚娘。
李牧に対する情なんですかね。

親族を世民に殺されてる李牧を1人にすると何をしでかすか分からない。
そこで媚娘は、淑妃に李牧と脱出する手助けを求める。
あくまでも世民の為だったとはなかなかの忠誠心です。

魏王と徐慧の企みに気付いていた媚娘。
雉奴が力を持ってる事に焦ってる魏王に噂を流して自滅させようとしていた。

韋源承は徒党を組んで悪事を隠蔽していたのが発覚して牢に入れられる。
これで猛威を振るっていた韋家の権力が途絶えましたね。

一方、五行草で生き長らえた代わりに子供を産めない体となった蕭薔。
韋家と蕭家の後ろ盾も失った蕭薔を利用して徐慧は媚娘を陥れようとする。

41話

媚娘は頑なに徐慧が裏切ったと信じようとしなかったが、ついに瑞安に調べさせ
る媚娘。

蕭薔は媚娘と徐慧を池に誘う。
そこで蕭薔が舟底に穴を開けて沈めようとしてる事に徐慧が気付く。

しかし、蕭薔は病で伏しているという。
媚娘と徐慧が蕭薔に会いに行くと、病気と偽っていた蕭薔は部屋に火を放つ。
2人を道ずれにするつもりです。蕭薔にはもう拠り所にする場所もなく、憎しみばかり抱えています。

火事となった部屋に閉じ込められ、媚娘が諦めかけた時、倒れかかった太鼓から徐慧が媚娘を守って重症に。
すると外の人間が火事に気付き、媚娘と徐慧は救出され、蕭薔は亡くなっていた。
媚娘が徐慧を信じている事に気付いた徐慧が心を入れ替えてると良いのですが。

蕭一族は処刑され、徐慧は賢妃に昇進される。
魏王は承乾が皇太子が廃された件について、世民に次の皇太子をどうするのか話をした。
世民は唯一息子の中で自分を理解していると魏王を認める。
承乾を陥れといて欲深いやつですね。魏王が皇太子になると他の兄弟が犠牲になってしまうのでそうならないでほしい所です。

42話

皇太子になる為に、魏王は自分の息子を殺めるという。
恐ろしい事を言いますね。世民は魏王の後にも皇太子を巡って兄弟が争わないか不安に思ってるのを察知しての事ですが。

この態度を見た世民は、跡継ぎの心配はなかったと魏王に告げた。
その後、世民は大臣らを集めて意見を聞くと、残酷な魏王を皇太子にしてはならないと意見がまとまる。

雉奴を皇太子にすると決めた世民。
皇太子に認められなかったと知った魏王は気絶する。

そんな中、淑妃の待女は雉奴に魏王が承乾と同じく弾刻されるかもしれないと伝え、魏王の元へ向かわせた。

媚娘と逃げ出す為、淑妃の計画によりやってきた遣いを不信に思って殺害した李牧。
一方、息子を殺さないと思われてるせいで皇太子になれないと思った魏王は息子を殺そうとする。

そこに現れた雉奴が止めに入るも、魏王が世民に譲位を迫る為の人質となってしまう。
それは全て淑妃が仕組んだ事で、世民を殺した魏王を呉王に殺させてついでに雉奴を殺す事で呉王を皇帝にしようとしていた。
こうでもしないと前朝の血を持つ呉王が皇帝になる事はできません。とはいえ淑妃は恐ろしい事を考えます。

父や弟を殺して権力を握った世民は真相を葬り、世民の実の子ではなかった呉王。
淑妃は世民を夫を殺した敵として恨み、後宮で屈辱の日々を過ごしてたと言う。

事実を知った呉王は魏王が謀反を起こすのを待ち構える。
そこに、李牧が現状を伝えて関わるなという書置きを読んだ媚娘が止めに入った。

40話-42話の感想

李牧という媚娘に思いを寄せる幼馴染がいましたが、媚娘が一途に思ってるのは世民なんですね。
それでも何度も世民に謀反を疑われるのは悲しいですけど。

嫌なやつだった蕭薔が子を授かる未来を失って亡くなってしまったのは流石に同情しました。
そこに淑妃が前朝の夫の仇を取ろうと世民を恨み続けてるのが発覚、と色んな出来事が起こりましたね。
後宮に長くいるとまともではいられないのでしょうか。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です