武則天-The Empress-あらすじ-46話-47話-48話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は出兵した世民が毒矢で負傷し、周囲の兵も次々と雨の様に降り注ぐ弓に射られてしまいました。
このままでは世民がやられてしまいそうな勢いですが、媚娘が世民を助けに向かってますね。

何か媚娘には策があるのでしょうか?
それを見ている李牧もただ傍観しているようには思えません。
一体、どうなってしまうのでしょうか。

【武則天】(ネタバレあり)

46話

敵兵からの弓によって、体を張って世民の盾となった唐の兵は全滅してしまう。
いったん弓は中断され、そこに駆け付けた媚娘に世民が驚いている間もなく敵兵が押し寄せてくる。
すると、追いかけてくる兵の足止めとして李牧が立ちはだかるも、李牧は殺されてしまった。
1人で大群を足止めできただけでもかなりの活躍でした。全てを失っていた李牧には幸せになってほしかったので残念です。

世民は再び戦を続けようとするが、疑問に思う媚娘が呉王に戦況を聞くと、勝算は高くないと呉王は言う。
そこで媚娘は戦をやめさせる為の策として呉王に協力を求め、軍営の巡視する事にした媚娘。

以前媚娘の申し出に応じると言っていたと世民に身の覚えのない話をし、媚娘は世民を長安に戻す事に成功する。

世民の帰りを待つ雉奴は、寵愛している蕭良娣に書いたという絵をまじまじと見ていた。
その様子を見た蕭良娣は屏風に描かれているのが媚娘だと見抜く。
雉奴は皇太子妃を娶っていますが、本命は媚娘のままなんですね。

47話

長孫無忌は、皇太子としての雉奴の力量不足を心配する。
雉奴は善良な心を持っていますが、皇太子として育てられた訳ではないので治国の才はまだまだみたいです。

そのころ媚娘の帰りを待つ瑞安は、ひたむきな姿に宮女から好感持たれる一方で、官吏からはいじめられていた。

一方、世民は毒矢による傷が悪化して意識を失う。
戦から帰った世民は、敵に負傷を知らせない為に儀式を休まないでいた。

媚娘が後宮に戻ると瑞安と再会し、徐慧が管理する後宮が韋貴妃の時期より厳しくなっていると聞く。
徐慧に疎まれた人が自害しているが、真相は謎に包まれていた。
優しかった徐慧は既に面影もなく、後宮を恐怖によって徹底的に支配しています。

それでも徐慧との再会を喜ぶ媚娘。
徐慧は複雑そうな顔をしています。命を救ったとはいえ、媚娘を恋敵として良く思ってないんですね。

徐慧の態度を見て何かの間違いだと思おうとする媚娘だが、目の前で徐慧は女官に厳しい態度を取る。
唖然とする媚娘だが、後ろ盾のない徐慧は支えもなく、宮中を渡り歩くには仕方なかったという。
後宮で蹴落とされずに生き残るのは大変とはいえ、徐慧は特に豹変し過ぎです。

48話

密書を出生が卑しいからと読まずして燃やした徐慧。
実力のある大臣の支持を得ようとする徐慧に媚娘は呆然とする。

文娘の下手人探しとして燭台を探し続ける瑞安。
長孫無忌は世民と媚娘が接近し、いずれ媚娘が立后されるのではないかと警戒しながら様子を見る。
媚娘が力を付けていくといずれは徐慧に取り入って均衡を保とうとするかもしれないです。

1人で後宮を管理する徐慧を思って媚娘を手助けさせる世民。
房遺愛に嫁がされそうになり、嫌がる蕭良娣は雉奴に助けを求める。
しかし、世民の言う事に歯向かえないという雉奴に対して死ぬという蕭良娣。
蕭良娣は後宮に入ったばかりなのであどけなさがありますね。それにしてもなぜそこまで嫁ぎたがらないのでしょう?

そのころ徐慧は、瑞安が文娘に送った文から筆跡を真似させた密書を、各大臣に送らせる。
媚娘を陥れる為にまた何か企んでるみたいです。

蕭良娣はというと池に飛び込む素ぶりで官吏をあわてさせるが、通りがかった媚娘が脅かして阻止した。
雉奴について大臣たちから意見を聞く世民に、大臣たちは次々と雉奴の力量を褒めたたえる。
雉奴に蕭良娣を気に留める様子はなく、媚娘一筋なんでしょうね。皇太子としての力量も大丈夫そうです。

その後徐慧から密書を送られた大臣たちが集まり、媚娘が軍略に意見して死罪に該当する規則を破ってる事で議論。
大臣たちは媚娘を女帝武氏の噂を利用して排除しようと意見がまとまった。

蕭良娣を落ち着かせ、話を聞く媚娘。
弁機という僧侶と深い仲だという蕭良娣は自分の身を嘆く。

長孫は占い師の袁天罡に協力を求める。

46話-48話の感想

李牧は媚娘と結ばれずに最後まで献身的でしたね。
後宮には殆どいない善人だったので媚娘としては大きな支えを失ったのではないでしょうか。
そのおかげもあって戦から無事に帰ってこれたのは幸いです。

雉奴は皇太子として成長し、媚娘の強い味方になりました。
一方で徐慧が韋貴妃以上に残忍になってるのは厄介です。
謀の多い後宮では休まる暇もないのかもしれませんね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です