武則天-The Empress-あらすじ-58話-59話-60話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-58話-59話-60話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、少年をいじめる李素節に説教した媚娘。
親である蕭淑妃は教育がなってない李素節のように我がままな性格です。
蕭淑妃に言いつけるであろう李素節によって揉め事が起こりそうな気がしますね。

【武則天】(ネタバレあり)

58話

媚娘は李素節にいじめられてた少年にお菓子を振舞う。
雉奴に庇われた長孫は感謝を告げ、雉奴は長孫に呉王を長安に留めるよう言い聞かせる。

そこで長孫は呉王が要職に就いた時、謀反を働いた房遺愛や紫令武らを抜粋しなければ口出ししないと賭けた。

そのころ媚娘にお尻を叩かれた跡の残った李素節を見た蕭淑妃は、媚娘を容赦しないという。
媚娘は助けた忠という少年について高陽に聞く。
忠は皇子だが、母の出自が低くて抑圧されている。
残酷ですが、宮中は権力が全てなんですね。

長孫を説得した雉奴は呉王に高い地位を与え、そばに置く。
そこで楊青玄は房遺愛と紫令武を要職に推挙しようと提案。

警戒されてる長孫に対抗すべく、呉王は同意した。
すると雉奴は呉王に監視を付ける。
せっかく長安に戻れたのに雉奴にすら警戒されるのは残念です。

長孫は呉王を甘受する媚娘の策に気付きつつあり、雉奴と媚娘が接近してるのを警戒。
そこで媚娘に反感を持つ者との結託を考える。

媚娘は皇后に宴に呼ばれ、李素節の事で蕭淑妃に謝罪する予定だったが、現れない蕭淑妃。
蕭淑妃は李素節の看病との事で来られないという。

すると媚娘は雉奴に呼び出され、李素節の傷について追及される。
そこで忠が証人として承慶殿に一月反省する刑に処された媚娘。
李素節の打撲の跡は傷に見立てたフェイクでした。忠は媚娘に助けられたはずなのに、媚娘を悪人に仕立て上げるとは恩知らずです。

59話

雉奴の寵愛は媚娘に似ていたからでしかないと気付く蕭淑妃。
淑妃は媚娘が長安に戻ってから離れる雉奴の距離感に気付きました。

また雉奴は、子を利用して偽る蕭淑妃を突き放す。
一方で皇后は媚娘が雉奴と蕭淑妃を仲違いさせたと思い、警戒する。
さらに媚娘の宿してる子の噂を聞いた皇后は媚娘を災いとして認識した。

女官たちが媚娘や蕭淑妃から寵愛を奪われる皇后をバカにしている様子を目撃する皇后。
そこへ通りがかった雉奴が皇后をエスコートし、皇后の尊厳を守る。
雉奴はこういう細かい思いやりにも長けているんですね。

父から徳が高く、劣勢になりやすい皇后の元へ、冷芝という者が送られる。
冷芝は蕭淑妃を排除する機会を提供できるという。

蕭淑妃は媚娘に毒を盛り、子供を流産させて長安に留められなくしようとしていた。
その証拠をつかんでいる冷芝。
皇后は冷芝の案をあえて使いませんでした。蕭淑妃より手強い媚娘を陥れられれば良いと、表に出さずとも腹の内はどす黒い皇后です。

媚娘が身ごもってるのは先帝ではなく陛下の子だと噂されてるのを知る媚娘。
すると堕胎薬を盛られていた媚娘は倒れる。

媚娘は子を守るために宮中を離れる事にするが、子供を流産して取り乱した。
流産した待医の見解を冷芝は蕭淑妃に伝える。

60話

誰にも知られず媚娘の子を殺した人物がいるという蕭淑妃。
下手人は媚娘の身近にいます。蕭淑妃でもないとしたら誰でしょうか?

一方で長孫は子のいなくなった媚娘を長安から追い出そうと、大臣たちの奏上する賛同を集めていた。
媚娘はお茶を飲んだ時に異変を感じたというが、お茶からははっきりとした原因は見つからない。
そしてその事は話さない方が良いと雉奴の為に隠す媚娘。

長孫は子を失った媚娘をいつ感業寺に送り返すのか雉奴に聞く。
一月後に媚娘は感業寺に戻る事になった。
そのころ媚娘は子を失った憎しみにより、復讐のために長安に留まれるよう高陽に協力を求める。
器の広い媚娘も子を失っては堪忍袋の緒が切れてしまいますね。

蕭淑妃は皇后に話しかけ、子を失った媚娘は自作自演で、雉奴を籠絡しようとしているという。
媚娘と敵対した周囲の人間は滅びましたが、傍からすれば残虐に感じてしまうのもおかしくはないでしょう。

雉奴は媚娘を訪れるも、距離を取る媚娘。
雉奴は国よりも媚娘が大事だと言いますが、皇帝という立場によって愛する人に近寄れないのは悲しいです。

高陽は媚娘を留めるため、雉奴に選択を迫る。
復讐を考える媚娘を後宮に留めるか、目的を失って自害するかもしれないまま感業寺に留めるか。

58話-60話の感想

思いやりで溢れていた媚娘ですが、それが災いして李素節をこらしめ親の蕭淑妃を敵に回してしまいました。
その結果なのか子を流産させられた媚娘には同情します。

穏やかだった皇后は陛下を巡って媚娘に敵対し、後宮は再びギスギスしてきました。
敵の多い媚娘ですが、大事なものを失った先にどう行動するのか気になりますね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です