武則天-The Empress-あらすじ-61話-62話-63話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
復讐のために宮中に残る事にした媚娘。
それを高陽から聞いた雉奴は、後宮に媚娘を残すのか決断に迫らせます。

媚娘にとって後宮は住み心地の悪い場所です。
雉奴がどう決断するのか気になりますね。

【武則天】(ネタバレあり)

61話

下手人探しをする媚娘。
清い香りのする菊花の絹糸に違和感を感じた媚娘は調べさせる。
絹糸は無臭なはずです。まさか犯人は送り主の皇后なのでしょうか。

流産した原因は絹糸の染料と甘草と合わさって猛毒になっていたと判明。
長孫たちは奏上して媚娘を感業寺に戻そうとする。
そこで高陽は媚娘に後宮で妃の身分を貰えば回避できるというも媚娘は拒否。
世民を愛していた媚娘は雉奴を愛せないと言います。形式上でもそこまで媚娘は世民に尽くしているんですね。

冷酷な世民に尽くす媚娘に雉奴は困惑する。
尚更媚娘を動揺させてはいけないと、雉奴は世民の遺詔の処分を高陽に任せた。
遺詔には媚娘の子は排除せよと書かれており、高陽も薄情な世民に嘆きます。雉奴同様に情が深い高陽です。

しかし高陽は遺詔を媚娘に見せ、現実を受け止め切れない媚娘。
その後、媚娘は雉奴の昭儀として宮中に留まる事になった。

大臣たちは昭儀になる媚娘に反対し、李義府と呉王は媚娘を支持。
大臣の一人は頭を打ち付け、命をかけて阻止しようとする。
これには雉奴も動揺します。雉奴は媚娘の為に非情になれるのでしょうか?

62話

朝廷で頭を打ち付け雉奴に抗議する大臣に、呉王は世民の時との態度の違いを指摘。
世民の時代はあっさりと引き下がっていました。このままでは雉奴が貶められるだけです。

雉奴は大臣を追い出し、長孫にどう処すべきか聞くと、長孫は厳罰に処すべきと答える。
そして朝議は解散した。
流石に大臣の長である長孫も大臣を咎めるとなれば誰も口出しできません。

長孫と王は話し合いの結果、皇后に皇子の中から1人を養子にするように頼む。
皇后は媚娘より先に子を作らないと権力を失ってしまいます。

媚娘は忠に再開すると、賢霊宮の者に母親を掖庭に入れると脅されていたという忠。
媚娘は裏切り者の忠には好意的です。言われなくとも事情を理解している様子。

その後媚娘は、唯一の希望だった子供を奪った皇后から大切な全てを奪うと再度決心。
皇后の背後にいる長孫を相手にすべく、媚娘は協力者を集めようとする。
寒門の官史を集め、機を見て皇后を弾刻するつもりです。

さらに、皇后が皇子を養子にすると見越しして阻止を図る媚娘。
皇子を知る呉王に、媚娘は誰が養子になるのか意見を聞くと、長孫は従順な忠を選ぶという。
そして皇后は忠を呼び出した。

63話

皇子として養子にするため、忠に贅沢させて手懐けようとする皇后。
そのころ、媚娘と呉王の仲が噂になってると耳にする雉奴。
媚娘を陥れる為の根も葉もない噂です。

媚娘と呉王の名誉を損なわないように雉奴は命令し、呉王に監視を付けた。
皇后の周囲では都合の悪い人物が急死していると突き止めた媚娘はその事を呉王に話す。
忠を養子にするのを拒否した母親の劉が危ない中、高みの見物を決める媚娘。
皇后に問題を起こさせた上で倒すつもりです。媚娘は子を失って冷酷になってしまいましたね。

復讐に走る様子に呆れた呉王は媚娘から離れていった。
その後、剣術指南を辞退する呉王に、雉奴は剣の腕比べを申し込む。
雉奴は呉王を恋敵と誤解してる様子です。

媚娘が忠を訪れると、突如倒れた劉は毒によって7日後に亡くなると医師に宣告される。
劉は忠を媚娘に託す。
媚娘は皇后の仕業と判断しますが、本来皇后は徳の高い人です。一体どういう事でしょう?

媚娘は、皇后を倒す術として劉に協力を求め、皇后の元へ向かう劉。
媚娘は計画によって劉が命を落とすかもしれないと言います。それでも残された命を権力争いに巻き込まないように、劉は息子を大事にしているんですね。

劉は立政殿に行く忠に指輪を渡すと、人目の付かない場所で捨てるか埋めるかするように伝える。
何も知らない忠は嬉しそうですが、余命僅かな劉は悲しそうにしています。

続いて媚娘も皇后に挨拶しなければ傲慢だと思われる、と雉奴を誘って立政殿へ。

61話-63話の感想

媚娘は皇后からの贈り物によって流産していたと判明しました。
見た感じだと皇后はそこまで冷酷な人には思えません。

しかし、皇后の元では多くの人が犠牲になっています。
さらには忠の母親である劉も毒を飲んでしまいました。
後宮では不穏な動きが再発して不気味ですね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です