武則天-The Empress-あらすじ-64話-65話-66話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-64話-65話-66話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇后が自身の子を奪ったと判断した媚娘は、復讐に出ます。
劉は媚娘の指示通り皇后の元へ行き、忠には指輪を渡して見つからないよう処分させようとしました。

これは媚娘の作戦でしょうか?
劉が命を落とすかもしれないという作戦はどんなものなのか気になります。

【武則天】(ネタバレあり)

64話

皇后は劉と忠を向かい入れてお茶を振舞うと、劉は指輪から自分のお茶に何やら粉を振りかける。
そして忠に指輪を渡すと、そのまま忠は遊びに出かけた。
劉は遊びと言って指輪を忠に隠させるつもりです。

すると劉は毒を盛ったと思っている皇后に迫ると、吐血する。
そこに現れた雉奴と媚娘。
劉は倒れ、雉奴は皇后を捕えさせる。
皇后は濡れ衣だと言います。本当にやってないのではないか?とどこか思わされるような。

毒の入ったお茶を飲んだ劉は亡くなり、雉奴は皇后を問い詰めると訪れた長孫。
長孫はこの事件に裏があるのではないかと勘繰り、劉が皇后を長年恨んでいたと指摘。
雉奴は忠に意見を聞くと、忠が指輪を隠した事も暴露した事で劉の自害が判明する。

そして皇后の申し出により、忠は皇后の養子として雉奴に認められる。
心細いであろう忠を気遣った雉奴は、忠の剣術の師である呉王も共に入宮させた。

長孫は亡くなった劉の取った行動に疑問を抱き、劉の元を唯一行き来していた媚娘を警戒。
蕭淑妃は皇后が皇子として忠を迎えた事で、立場の弱くなったのを嘆く。

媚娘は承慶殿に向かうと、たまたま居合わせた呉王と踊る。
すると通りかかった雉奴がその様子を目撃。
媚娘と呉王の関係が噂される中で雉奴が勘違いしないと良いのですが。

65話

雉奴は蕭淑妃と夜を過ごす。
呉王と媚娘が密会している事で焼いているみたいです。

朝廷では呉王の体調が優れず、3日静養したいと欠席する。
すると長孫は皇太子を決めてはどうかと提案し、数々の大臣たちが忠を推奨した。
皇后側にいる長孫をはじめとする大臣たちは、皇后の養子になった忠を皇太子にしたがるに決まっています。

朝廷を欠席した呉王は雉奴を庇う事による非難を恐れて李勣と釣りをしている。
戦上手だが、長安で生き残る術を持ってない呉王に長安を去る事を推奨する李勣。
呉王は朝廷で勢力を広げ、権力を脅かしてる長孫に対抗するために李勣に協力を求めた。

雉奴と仲違いさせた呉王に挙兵させようとする楊青玄と高陽。
雉奴が媚娘に肩入れして求心力を失わせた所を、呉王に長孫らを一掃しようとする。
高陽は弁機を奪った長孫への復讐とはいえ、腹黒い一面があるんですね。

一方忠は、皇后に劉は媚娘が奪ったと吹き込まれて媚娘への復讐を誓う。
媚娘は雉奴に劉との計画を告白するが、雉奴は媚娘の目的が復讐だと見抜く。

さらに呉王との関係を疑う雉奴に媚娘は承慶殿で呉王に世民の影を見出したと誤解を解いた。
しかし、皇帝として未熟である自覚をしている雉奴をなだめる最中に媚娘は倒れる。
そして医者に見せると媚娘は懐妊していると判明。

媚娘懐妊の話を聞いた蕭淑妃は、新たな皇子誕生を望まぬ者が宮中にいると言い、道士を呼ぶ。
かつて隋の煬帝が寵愛していた夫人に嫉妬した皇后が道士を呼ぶと夫人が流産を繰り返し、寵愛を失ったという。
招いた道士が方術する際に悪さでもするのでしょうか?なんにしても懐妊したといえど媚娘は安心していられません。

66話

忠が皇太子として冊封される。
すると大臣たちは女帝武氏の予言を持ち出して媚娘の排除を申し出た。
しかし、雉奴は断固として媚娘を信じる決意を貫く。

そして媚娘の見舞いに来た皇后を雉奴は断り、媚娘は無事李弘を出産した。
皇后と蕭淑妃が何やら企んでいたようですが、何事もなくて良かったです。

皇子の出産を祝おうと雉奴が興奮してた時、倒れてしまう。
そのころ媚娘親子を呪っていた皇后。

武器を運ぶ者が捕らえられ、長孫の元で拷問にかけられる。
今は亡き淑妃が密かに買った土地に届けるつもりだったと聞いた楊青玄は長孫の罠だという。
このままでは雉奴に呉王が謀反を疑われてしまいます。

雉奴は中風という不治の病により、いずれは頭痛が悪化して失明すると医師から聞いた媚娘。
蕭淑妃と皇后が結託して媚娘と敵対する中で、許敬宗という大臣が媚娘に尽くしに長安に戻る。

呉王の謀反が疑われている事で、先手を打って長孫と雉奴を始末し、唐を手中にしようという楊青玄。
良心に背く事はできない呉王は疑いがあるなら官職を上げて油断させるはずだと断った。

その後に雉奴が現れ、呉王を将軍の座に任命。
武器が運ばれた落雲荘の持ち主が呉王だと聞いた長孫は、羽林軍を呉王府に向かわせる。
呉王は謀反の疑いで捕らえられてしまうのでしょうか?物騒になってきました。

64話-66話の感想

子を奪った皇后への復讐として暗殺を謀った媚娘ですが、失敗してしまいましたね。
さらに皇子を養子にする皇后を阻止できなかった媚娘。
ですが、媚娘は雉奴との間に李弘を授かり、丸くなったようで良かったです。

しかし、媚娘の出産を良く思わない人は宮中に多いと蕭淑妃はいいます。
地位を高めた媚娘でも後宮で敵が絶えないとは厳しい世界です。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です