武則天-The Empress-あらすじ-67話-68話-69話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-67話-68話-69話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は呉王の持つ土地に武器が運ばれた事で、長孫が呉王府に羽林軍を向かわせました。
一方で呉王は長孫と対抗しようとする雉奴からの申し出を聞いている最中です。
雉奴は呉王をどこまで信頼できるのか、長孫にどうやって対抗していくのか気になります。

【武則天】(ネタバレあり)

67話

楊青玄は雉奴の前に毒を仕込んだ杯を渡すと、受け取らない雉奴に呉王は変わりに飲もうとする。
すると楊青玄は呉王の杯を払い、雉奴に短剣を向けると呉王が楊青玄を突き飛ばす。

そして呉王は頭を下げ、雉奴に楊青玄の命乞いをした。
呉王は兄弟の雉奴をどこまでも大事にしているんですね。

雉奴に跪く雉奴を止め、天子であるべきは呉王だという楊青玄は護衛によって斬られる。
呉王に皇帝になるよう言い残して亡くなった楊青玄。

李義府と許敬宗を呼び出した媚娘。
媚娘は寒門の子弟を記録した書を作らせ、中風を治せてかつ手練手管を弄せる者を探させた。

楊青玄を弔う高陽に声をかけた呉王に、楊青玄の死がなければ謀反の疑いで投獄されていたという高陽。

雉奴の猜疑心が元凶だという高陽に怒る呉王。
すると高陽は、1年長安を離れた後に世民の命日に戻れば呉王の命運を掌握できるという。

媚娘は雉奴を呼び、距離を取って隠し事をしているのを問い、アドバイスする。
雉奴は呉王を疑ってしまい、李勣を司空に封じようとすると断られてやるせなさを感じていた。

呉王の申し出により雉奴は呉王を宋州へ配す。
戻った時には精鋭を連れた呉王が長孫勢力を倒すという計画です。

媚娘は李弘を守るため、皇后への復讐は諦めていなかった。
房遺愛、紫令武らは呉王を左遷する雉奴に不満を抱き、雉奴よりも呉王に付いていくという。
呉王は断るも、分かった上で高陽が言わせていたものだった。
呉王は雉奴の為に自ら左遷させてるのに、空回りばかりしてますね。

李義府はある者と呉王が密会をしていると媚娘に報告する。

68話

李勣と密会した呉王は、1年後に長安に戻って長孫を朝廷から追い出すと言っていたと媚娘に報告する李義府。
高陽や媚娘との計画通り呉王は動いています。

その後、媚娘は思という女児を出産し、安定公主に封じる。
皇后は中風の雉奴に僧侶や道士を遣わせたり、怪しげなものに夢中になっていた。
すると、明崇儼という道士が鍼治療をして成功したという。
実際は一時的に緩和させてるだけですが、媚娘にとっては先を越されたようなものですね。

朝廷で門閥貴族のみが格付けされてる氏族志を改めるよう意見する李義府。
長孫は李義府を左遷させようとする。
媚娘の言いつけ通り、家柄で朝廷を支配してる長孫に対抗するつもりです。

媚娘は妻としての心得を皇后と蕭淑妃らに届け、激怒させた。
李義府が雉奴に廃后の奏上文を出したと聞いた皇后は衰弱し、媚娘の事で明崇儼を呼ぶ。

雉奴は大臣を集め、廃后して媚娘を立后する事について議論する。
蕭淑妃は皇后を見張らせ、媚娘に何かあれば伝えるように待女に命じた。
媚娘と皇后をまとめて始末しようと考えてる蕭淑妃。

その頃、皇后は明崇儼に媚娘への呪いを行わせ、媚娘は7日後に急死するという。

69話

妻としての心得を著した内訓を媚娘が各宮殿に届け、皇后を怒らせようとしてるという長孫。
雉奴と過ごしてる媚娘は、突如体調に異変が現れて倒れてしまう。
皇后の呪いが効いたのでしょうか?

皇后が呪いを行っていたと聞く蕭淑妃。
宮中に邪気が流れていたと耳にした雉奴は、何者かが呪いをかけていたと聞く。
呪いの原因を断とうとすると、邪気の出どころを探る。

皇后の元へ調べが入り、それぞれの宮殿でも呪いの原因を探して調査が行われる。
すると、蕭淑妃の元で媚娘の誕生日が記された呪いの人形が見つかった。
雉奴は濡れ衣だという蕭淑妃を容赦なく掖庭へ送り、呪いの人形を焼かせた。

媚娘に呪いをかけていた明崇儼は、許敬宗が遣わした者だった。
すべて媚娘の思惑通りだったんですね。

媚娘を呼び、素節と娘2人を冷遇しない代わりに雉奴の嘘を伝えるという蕭淑妃。
蕭淑妃は、世民に劣らないと思うために雉奴は媚娘を後宮に残したという。
しかし媚娘はその憶測を正しいと限らないと言い、噂通り媚娘が残虐なら蕭淑妃の子を傷付ける事を仄めかす。
子供を大事にしている蕭淑妃は取り乱します。

蕭淑妃の元へ人形を移動させていた皇后は、蕭淑妃が皇后を訴える事を見越していた。
そこに雉奴が倒れたと報告が入り、治療中に安定のいる偏殿で待つ皇后は媚娘の子に手を出そうとする。

しかし、雉奴は発作など起こしてないと知って咄嗟に出ていった。
直後に隠れていた高陽が姿を現す。

媚娘は皇后が偏殿にいると聞いて急いで駆け付けると安定は亡くなっていた。
犯人の皇后を訴えようとする高陽だが、安定に高陽の指輪の跡が付いてる事に気付く媚娘。
雉奴は皇后を掖庭に送る。
高陽はそこまでして媚娘と長孫の対立を深めたいんですかね。

媚娘は高陽が安定を殺した事を信じられずにいた。

67話-69話の感想
呉王を支えながら雉奴から皇帝の座を奪おうと考えていた楊青玄が亡くなり、兄弟争いはひとまずなくなりそうです。

媚娘は娘を2人出産し、喜びの絶頂だったでしょうに、よりによって高陽に安定を殺されたのは残念です。
せっかく世民の子を流産した事から立ち直った媚娘だったのに、後宮の人間は誰も信じられませんね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です