武則天-The Empress-あらすじ-70話-71話-72話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-70話-71話-72話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
媚娘と親しくしていた高陽が安定を絞殺してしまいましたね。
皇后と蕭淑妃は掖庭に入れられ、媚娘の強敵は2人いなくなりましたが、その代償はあまりにも大きいです。

再び大切なものを失った媚娘は、後宮でどう過ごしていくのでしょうか。

【武則天】(ネタバレあり)

70話

媚娘は高陽について調べさせるが、何かの陰謀だと思いたがる。
高陽は弁機が亡くなった事で未だに嘆いていた。
雉奴は媚娘を慰めると、媚娘は世民との子が暗殺されるのを黙認していたのではないかと、雉奴を疑って責める。

宋に行った呉王が勢力を広げ、悪い画策をしているのではないかと雉奴に伝える長孫。
安定の弔いをする長孫に媚娘はある取引を持ち掛ける。

雉奴に承乾が病死したと伝えられた。
承乾を弔う雉奴を呉王が訪れると、権力と威厳がないと悩む雉奴に、呉王が自ら命を差し出すと冗談を言う。
そこまで雉奴に味方するのだと、人情に厚い呉王だからこそ一瞬驚かされました。人を殺して世民も周囲を従わせてきたと呉王は言います。

長孫は呉王は楊青玄を身代わりとして謀反を起こすかもしれないと媚娘に伝える。
媚娘は廃后された王を訪れ、安定の下手人なのか問い詰めたが、下手人は王ではなかった。
菊花の糸に毒を含ませたとのが事の発端だと言う高陽に媚娘は目つきが変わった。
媚娘は高陽の言動で何かに勘づいた勘付いたのでしょうか?

蕭淑妃の娘の処遇は疫病で死んだ事にした後、長安の掖庭に送ろうとする高陽。
処遇は媚娘の企みだと思わせ、高陽は孤立無援な娘2人を何かに利用しようとする。
媚娘と仲が良かった高陽ですが、復讐心は性根を腐らせてしまうんですね。

李義府は冷遇する妻の高陽に嘆く房遺愛の酒の相手をしていた。
媚娘の元に皇后が送った毒付きの刺繍に皇后より前に高陽が振れていたと知る媚娘。
皇后は媚娘を呪った以外に何も悪さしてなかったかもしれないんですね。だとしたら掖庭に送られて気の毒です。

71話

安定を殺した下手人を皇后に見立てた高陽から命も全て奪ってやるという媚娘。
呉王と共に躊躇しつつも雉奴は長孫を倒す計画を進める。
雉奴が酔いつぶれた所に媚娘が訪れ、雉奴を運ばせると呉王と密会。

長孫は呉王が長安から撤退せずに山中に潜んでいると密偵から耳にする。
長孫は抜かりないですね。まだ様子を見るつもりでいます。

媚娘に謀反を疑っていないかと聞く呉王。
紙のように長くて鋭利な匕首を持ってないか媚娘が聞き返すと呉王は言い当てた事に驚く。
かつて李恭という待従が背後から呉王の匕首で殺されている。

しかし、武具を運ばせたのは楊青玄でもなく呉王でもなく雉奴だった。
呉王は雉奴から長孫に対抗する軍隊の養成を頼まれている。

その後、配下たちに長孫らを一網打尽にすると計画を話す呉王。
密偵は呉王が謀反を企んでないと書き記す。
呉王は長孫の密偵に気付いてバレずに上手くやってるんですかね。

皇后を訪れ、媚娘へ復讐すると嘆く忠と、してはならないとなだめる皇后。
長孫は密偵から呉王が雉奴と組んで関隴集団を抑圧しようとしてると伝えられる。
計画は台無しになってしまうのでしょうか?

蕭淑妃と元皇后は毒杯を飲み、遺言もなく亡くなった。
長孫は雉奴に山中に潜む呉王を謀反の罪で捕らえるように頼む。
応じない雉奴に長孫は自身の傲慢な態度を反省し、朝堂を去るという。
今まで雉奴に何度も口出ししたりしてきた長孫の往生際の良さは意外でした。

72話

長孫が風邪で倒れたと聞く雉奴。
自ら身を引いた長孫ですが、まだまだ唐に貢献したかったのでしょうね。

世民の時代から常に曖昧な態度を取り続ける李勣に、媚娘は呉王の謀反を疑う。
高陽と親しい呉王は、世民の命日に謀反を起こすと雉奴に話す媚娘。
そして長孫を召すように雉奴に頼む。

一方呉王は長孫を雉奴を操る災いの種として排除しなければ気が休まらず、殺す気でいた。
宋州に戻るはずの呉王の精鋭は食料を僅かしか持たずに長安を離れる気がないと察していた長孫。
媚娘が長孫に李勣が動かない理由を聞くと、李勣は頑固なだけで妻の言う事でなければ動かないという。

酒で憂さ晴らしのフリをした房遺愛。
媚娘の遣いである李義府から媚娘が謀反の計画に気付き、高陽に報告する。
しかし、房遺愛の行為を見通していた媚娘。

呉王の軍は感業寺を包囲しに襲いかかる。
李勣の妻の玉佩を李勣に見せた媚娘は、妻を戦場に置いてきたと言い、李勣を脅す。
このままでは李勣の妻は殺されてしまいます。強引な手段ですが、こうなれば李勣も動かざるを得ません。

高陽の謀反に加担した房遺愛らは死罪になった。
呉王は神龍元年に名誉を回復。
呉王は雉奴の指示通り動いてただけですからね。

雉奴は罪を呉王のせいにする妹の高陽を罰する事はできず、安らかに過ごすよう伝えた。
しかし高陽を許さない媚娘は高陽を密かに殺させる。

70話-72話の感想

徐慧に続いて親しくしていながら裏切った高陽に復讐した媚娘。
徐慧に続いてもう誰も信じられなくなりそうです。

権力を持っていた長孫は、雉奴が呉王と結託して対立した事で大人しくなりました。
今後は媚娘と対立しなくなると良いですね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です