武則天-The Empress-あらすじ-76話-77話-78話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-76話-77話-78話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
息子の弘が皇太子になり、封禅を任された媚娘。
寒門の大臣が増え、雉奴の発言力も増えてきました。

一方で、関隴集団は権利を奪われるのを良く思わず、長孫は何やら打倒媚娘の策を考えてるようです。

【武則天】(ネタバレあり)

76話

封禅を任せた雉奴だが、雉奴の威厳のために断った媚娘。
そのころ、沖に強力な石弓を渡す長孫。
媚娘でも狙うのでしょうか?慎重な長孫にしては強硬手段に出ましたね。

封禅の2度目の儀は媚娘が行っては?と話を持ち掛ける。
妙だと思った雉奴は媚娘を守らせようとするが、場所が悪く、宿命として受け入れる媚娘。
儀は単独で行われますが、どう乗り切るつもりでしょう。

儀に媚娘を狙う者が現れ媚娘は死を覚悟するが、石弓が壊れて不発に終わった。
媚娘は誰かが救ったのではないかと石弓を徹底的に調べさせる。

犯人の韋季方は捕らえられ、密書からは計画の犯人が長孫だと知る雉奴。
韋季方は長孫が黒幕だと吐き、長孫は包囲され、軟禁された。

長孫がなぜ媚娘を狙ったのか、本心を知りたい雉奴の代わりに話を聞きに行く媚娘。
長孫は黒幕を自称するが、不審な点に媚娘は計画を壊したのも長孫ではないかと言う。

すると長孫は女帝武氏の噂が途絶えた今でも媚娘を陥れようとする関隴集団を潰そうとしていたと判明。
関隴集団は今や国の前進を妨げ、長孫の手に負えない存在になりました。意外にも昔と違って媚娘の味方をしていたとは心強いです。

媚娘と心を通じさせた長孫は身を引き、深く拝礼する。
そして長孫は長安を追放され、長孫一派の反撃に備えて完膚なきまでに潰そうとする雉奴。

77話

長安を発つ長孫は、権力が偏らない事が安泰の道だと雉奴に伝える。
媚娘の事では腹立たしかったですが、最後まで唐に尽くした良い人でもあるんですね。

寒門に郭を潜り込ませた長孫は、寒門が力を持って私欲に走らないようにしていた。
世民に尽くした長孫は天に向かって頭を下げ、翌年に縊死する。
中風が酷くなる雉奴に、媚娘は妃嬪を娶って意気軒昂であるのを知らしめようと勧めた。
雉奴は媚娘意外を娶らないと言いますが、媚娘の頼みとなれば断れないみたいです。

寒門の者を娶れば大きな後ろ盾になると、媚娘は雉奴に寒門の娘を選ばせる。
雉奴は忠に命を狙われたと知っており、忠は毒杯を飲む。

栄国夫人が亡くなり、洛陽から敏月を連れ帰った媚娘は雉奴の世話を任せる。
敏月は雉奴が得意とする影絵を教えてもらう。
雉奴が無邪気な敏月と遊ぶ姿は楽しそうで微笑ましいです。

すると雉奴は中風の発作が起こらなくなった。
弘は敏月に一目ぼれするが、雉奴の場所を出入りしている事から妃嬪なのではないかという噂を聞く。

78話

弘は敏月を誘うが、貴妃に封じても良いと考える媚娘の怒りを買って廃されてしまうと言う敏月。
媚娘は本当にそんな事をするんですかね?

郭は礼儀を無視して政を専横する媚娘に雉奴がわだかまりを抱えて朝議に出なかったと言う。
郭は長孫の回し者です。根も葉もない話をして嫌なやつですね。

高陽の命令で掖庭にいる義陽と宣城を、媚娘から殺させない為だと恩を着せていた郭。
掖庭の2人と縁のあった弘は、生存を知って会いに行く。
すると義陽から媚娘に生きてる事を知らせないでと言われ、弘は2人を助けようとした。
郭によって媚娘の悪印象を植え付けられてる弘は、媚娘と対立してしまうのでしょうか。

明崇儼は媚娘に中風の治療法を編み出したと伝える。
雉奴は明崇儼に施術を頼み、媚娘に朝議を任せた。

朝議で弘は媚娘に掖庭にいる2人を出すように奏上し、許可した媚娘。
しかし20年も掖庭に放置した罪を、媚娘が罰として太極殿に来るべきでないと弘は言う。
不敬の罪として媚娘は弘を東宮で反省させる。

その後媚娘は弘の勇敢さを買って政を離れる事にした。
さらに、 敏月が自分の意志で長安に来ていたと知った弘。
弘は敏月が媚娘に指図されていたという敏月に騙されてました。

敏月に弘は親子の仲を悪くしようとしていた真意を聞く。
嫉妬により母親を自害に追い込んだ媚娘に復讐しようとしていた敏月。
弘は真偽を確かめるべきだと、干渉しないつもりでいる。

中風が治り、媚娘と南方を巡視する雉奴は、弘に国を任せる事になった。
しかし、宴で毒を盛られた弘は最後に敏月を向いて亡くなり、雉奴は気を失う。

媚娘は数々の事案を解決してきた狄仁傑を呼び、下手人を探させる。

76話-78話の感想

今まで媚娘を苦しめてきた長孫がいなくなりましたね。
しかし、長孫が残した郭という人物は厄介です。
朝廷を離れても問題を残し続けるとは、唐を思う長孫の謀はいつも裏目に出てばかりに感じます。

さらに媚娘自身が連れてきた敏月も裏切り、徳だけでは国をまとめられないのでしょうか。
皇后という地位についた媚娘ですが、こそこそとした不穏な動きには安心できませんね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です