海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
南枯棋の陰謀により、皇帝の牧雲勤が殺されそうになったのだが、盼兮のおかげで命が救われる。体も回復した皇帝は、南枯棋を死罪とし、南枯一族を厳しく処罰した。

牧雲笙の心の中に住む闇のもう一人の牧雲笙が、姿を現わす。闇の牧雲笙は、秘術が使えるのだった。

瀚州の牧雲寒のもとに、一時帰国の命が出る。皇帝にもっていくお祝いの品を用意しようと、牧雲厳霜が瀚北をめざしていた。

牧雲厳霜は牧雲寒が好きなようですね。そして、厳霜が、碩風和葉と再会をしそうですね。今回は、25話から27話までをご紹介いたします。

【海上牧雲記】(ネタバレあり)

25話 雪狼王

靖公主・牧雲厳霜の部隊は、瀚北の雪原で野営をしていた。厳霜は、神獣・雪狼王の心臓を皇帝への土産にしてもらおうと考えていた。
お土産にするものがすごいですね!

碩風和葉は、伝説の獣の馳狼を求めてさまよい歩いていたのだが、厳霜の部隊に遭遇し、幕舎に侵入する。

そして、眠っている厳霜の唇を奪おうとするのだが、その場で捕えられてしまう。
大胆な行動に出ましたね!

厳霜は、和葉を餌にして、雪狼王を捕まえることを思いつく。
この発想もすごい!

その頃、皇帝は、国師・苓鶴清を密かに訪ねていた。

皇帝は、牧雲笙は心優しい子であるのに、誰もが悪く言うのをつらく思っており、牧雲笙に愛情を注ぐべきか、潰すべきかと苓鶴清に問う。すると、苓鶴清は、除くべきであると即答する。

皇帝は、牧雲笙の星回りの予言を誤ったと表明するように求めるが、苓鶴清は一門の算命法と名声は譲れないと退けるのだった。

孤松直は、皇帝に、南枯一族の処罰をしたが、南枯皇后の処分だけがまだであることを告げると、皇帝は、最近皇后を見ていないと答える。そして、毎日一緒にいるのは、銀容であると言うのだった。
銀容であると言い続けていますね!

穆如槊が、皇帝に、立太子のことを進言すると、皇帝は、牧雲笙を太子とすると告げる。

26話 相克

皇后は皇帝から息子に会いに行くことを許される。皇后は、牧雲合戈に会えるものと大喜びをする。

しかし、皇帝にとっては、皇后は銀容であり、息子というのは、牧雲笙のことであった。牧雲笙の立太子の宣旨に同行するようにということだとわかる。
自分の息子に会えるわけがないですよね!

その頃、牧雲笙は、霊珠の中の世界で、心の闇の自己と争っていた。乱世を招こうとする魔物を自らの命を懸けて封印するのだった。

気を失った牧雲笙を盼兮が助ける。盼兮が、牧雲笙の心の中に自分がいたのを見たと言うと、牧雲笙は、永遠に一緒にいようと言うのだった。
心が通じ合えたのですね♪

牧雲厳霜が、いきなり碩風和葉の腕に剣を刺す。血のにおいで雪狼王を呼び寄せようというのだった。そして、吹雪の中、鎖でつながれた碩風和葉のところに、雪狼王が現れる。

碩風和葉は戦うが、突き飛ばされ倒れてしまう。しかし、和葉が持っていた斧によって、雪狼王の動きが止まったのだった。
斧の力はすごい!

そこに厳霜がやってきて雪狼王を矢で撃ち、雪狼王を倒すが、和葉がその矢を抜き、雪狼王を逃がしてやる。

牧雲厳霜は、和葉を厳しく責めるが、和葉の縄をはずし、逃げるように告げたのだった。
逃げ出せてよかった!

27話 道行き

牧雲陸は、伝国玉璽を探すことをあきらめないでいた。しかし、穆如寒江は、牧雲陸の傷がまだ治っていないのを心配して、帝都へ帰すことを決意し、蘇語凝に一緒について行ってくれるように頼む。

蘇語凝は、寒江に助け出してもらったことに感謝しているが、その時に、寒江が、蘇真を死なせてしまった時の光景が忘れられないと言って、寒江に冷たくするのだった。
そんなことがあったのですね!

寒江は二人の居所を通報し、姿を消すが、二人を迎えに来た穆如槊は、通報者が息子の寒江であることに気づいていた。穆如槊は、寒江と顔を合わせなかったが、寒江に聞こえるようによくやったと告げるのだった。
寒江は穆如槊に褒められて、うれしかったでしょうね!

穆如槊は、牧雲陸が玉璽をまだ見つけていないのを知ると、寒江が玉璽の所在の手がかりを知っていると考え、一人で寒江の行方を追う。
捕まえる気かしら?

碩風和葉を探していた少年祈祷師・碩風蘇赫が、和葉と出会う。蘇赫は、自分が祈祷師として何の力もなく、役立たずであると嘆くのだが、和葉は、優しく蘇赫を励ますのだった。
和葉のやさしさがいいですね!

一緒について行きたいと言う蘇赫に、今回の行先は危険であるから連れていけないと和葉は拒む。しかし、蘇赫は和葉を説得し、一緒に黒い森を目指すことになる。

25話から27話の感想

碩風和葉は、牧雲厳霜が好きなのですね。熱い想いが伝わってきます。それなのに、厳霜は、和葉を狼の餌にしようなんて、全くひどいですね!でも、和葉の想いが少し通じたようでした。厳霜が和葉を逃がしたのですものね。この二人の今後が楽しみです♪

寒江と蘇語凝は、なかなかうまくいかないようですね。蘇語凝は寒江が好きだからこそ、冷たくして、いろいろなことに巻き込まないようにしているのでしょうね。本当に寒江のことを想っているようです。牧雲陸も人として悪くないけど、残念ながら、望みはなさそうですね。

少年祈祷師の碩風蘇赫が、碩風和葉と黒い森を目指すことになりました。祈祷師というのはどんな力を持っているのでしょうかね? 黒い森で一緒に戦えるのかしら?和葉が蘇赫の荷物を持ってあげていたようですが、たどりつけるのでしょうかね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です