海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
牧雲徳は、蘭鈺児と一緒に町に出て二人きりになると、蘭鈺児にこっそり牧雲笙への伝言を頼む。それは宴に出ないようにということで、もし出るなら、お酒を飲むなということだった。

牧雲笙は、皇帝のところに行き、結婚を取り消してほしいと頼むが、皇帝は、まったく取り合わなかった。

牧雲欒は、苓鶴清がほしがっている星典を携え、苓鶴清のもとを訪れ、代々伝わる秘術の力を貸してくれと告げる。

牧雲欒が裏でいろいろと仕掛けているようですね。牧雲笙が切り抜けてくれればいいけど・・・今回は、34話から36話までをご紹介いたします。

【海上牧雲記】(ネタバレあり)

34話 鄴王の脅迫

星読みの苓鶴清は、皇極経天派の戒律を破って密かに秘術を習得していた。それを知った牧雲欒は、苓鶴清を脅して、秘術を使って牧雲笙のそばにいる魅を殺すように告げる。
牧雲欒は、策を弄してきますね!

牧雲笙の婚約を知った穆如寒山は、弟の寒江が蘇語凝に好意を持っていることを父の穆如槊に伝える。

皇宮では、寒江が救出に来てくれると信じている蘇語凝は、礼服の身支度を拒んでいた。
つらいですね!

蘭鈺児が牧雲笙を訪ねて、宴で出されるお酒には毒が仕込まれていることを伝える。それを聞いた牧雲笙は、すぐに穆如槊を訪ね、宴のある日に寒江を決して屋敷から出さないように頼むのだった。

牧雲笙は、盼兮に、蘇語凝と婚約をすることを告げ、別れを一方的に告げる。
こんなことになるなんて!

穆如寒江は、牧雲笙と蘇語凝の婚約の儀が行われることを知ってしまう。

皇宮では、蘇語凝は、準備もせず、寒江をじっと待っていた。

蘇語凝を忘れられない穆如寒江は、穆如寒川から馬を奪い、屋敷から飛び出していく。寒江の母は、それを黙って見逃がすのだった。
やっと行動を起こしました!

時間が迫っていることを告げられた蘇語凝は、線香が消えるまで待ってくれるように頼むのだった。
間に合うかしら?

35話 婚約の儀

牧雲欒は、南枯月漓を殺さずにいる息子の牧雲徳を咎める。それを聞いて牧雲徳は、帳簿上の怪しい動きを指摘し、幽閉されている皇子と関わるような危険をなぜ冒すのかと詰め寄り、南枯月漓の件は、見逃してもらうのだった。
なんだか似た者同士なのかも!

穆如寒江は、蘇語凝のもとへ急いで駆けつけるが、礼服を身にまとった姿を目の当たりにすると、自分では蘇語凝を幸せにすることはできないと思い、ただ蘇語凝を見送るのだった。
蘇語凝がかわいそう!

宮中では、宴の準備が進み、皇家一族がそれぞれの思いと企みを胸に秘め、集まってきていた。

皇帝は、兄の牧雲欒に、さまざまな悪い噂があることを告げると、牧雲欒は、皇帝を不快に思わせたなら、自分の存在が罪であるから処罰するように願い出る。皇帝はそれを聞いて、息子たちに、伯父を見習うように告げる。

遅れてやってきた牧雲笙は、皇帝から罰として酒を飲むように言われるが、牧雲笙は今日は飲まないと告げ、許しを請う。

しかし、酒を飲むことは、皇帝の勅命だと言われ、牧雲笙は、杯を手にしようとするが、皇帝が自分の杯で飲むようにと杯を差し出し、毒の入った酒を飲まずにすむ。
まずはよかった!

牧雲寒が用意した祝いの品が禁忌である鉄器だと思った皇帝は、激怒をする。しかし、木製の剣であることがわかり、牧雲笙が受け取る。そして、牧雲笙は、牧雲寒の心遣いに対してこの杯を干すと告げる。
え!自分から飲んでしまうのかしら?

36話 魅族の力

牧雲笙が杯に口をつけようとすると、牧雲寒が感謝など恐れ多いと言って、飲ませないようにする。
よかった!

太子妃となる蘇語凝がしきたりに従って広間に通される。
しきたりが細かくあるようです!

つらい思いをしている穆如寒江を見て、穆如槊は、女を守る方法はいくらでもあると諭され、寒江は、穆如姓を受け入れ、穆如家の者として、蘇語凝を守ることを決意する。
とうとう穆如家の人となりました!

牧雲笙は、結納品である紫金如意を床に落とし、ガラクタが結納品では困ると言って、婚約の儀を中断させてしまう。

蘇語凝が、自分の心の内を察してくれた牧雲笙にお礼を言うと、牧雲笙は友人を思い出しただけだと答え、杯に手を伸ばして、飲み干してしまう。すると、突然、牧雲笙は前に出て、詞を吟じながら剣舞を舞い始める。
お酒は、命を奪うものではなかったようですね!

そして、牧雲笙は、皇帝一族に対する自分の本心をぶちまけ、刃向かってくる臣下たちをなぎ倒す。

それを見ていた苓鶴清は、秘術を使って、牧雲笙を殺そうとするのだが、そこに盼兮が姿を現わし、戦いを挑む。しかし、苓鶴清が盼兮の眉間に指を置くと、すごい力が発せられ、皆が吹き飛ばされてしまう。

牧雲笙は盼兮を抱えてそこから逃げ出す。しかし、途中で黒い影と遭遇する。
なんだか嫌な予感がしますね!

次の日、廷臣たちが、皇帝に、盼兮を排除することを進言するが、皇帝は聞きいれようとしなかった。

34話から36話の感想

蘇語凝がずっと寒江が来るのを待っている健気な姿は、かわいそうでしたね。線香が燃えていくのをじっと見ていたのでしょうね。望みを持って待っていて、寒江の姿を見て、やっと寒江が来てくれたと喜んだのもつかの間で、そのあとは、どん底につき落とされた感じでした。寒江の思い切りの悪さにはがっかりですね!きらびやかな蘇語凝に圧倒されてしまったのでしょうかね?

端朝のいろいろなしきたりがとても細かいですね。拝謁するときなどの手の向きとか頭の下げ方とか、そして、今回の婚約の儀での蘇語凝の入って来方も、とても優雅な感じに見えました。端朝のオリジナルかなと思いましたが、実際の王朝時代の儀式や所作を忠実に再現されているようです。びっくりです!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です