海棠が色付く頃に-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

失踪した父の行方を捜すため、昆楊の街に出てきた海棠は、手がかりを求めて朗里春の工房で働くことに。しかし易蓉蓉の化粧師にという依頼を断って恨みを買い、夏合の学校の入学を取り消されてしまうなど、海棠の周辺には不穏な空気も。

ここまでは海棠とチャラそうな御曹司・月軒との関係は反発しあっているばかりですが、海棠の能力の高さと頑張り屋なところは月軒もわかってきているので、ちょっとしたきっかけで反発が愛に変わりそうな気配です。今回は、海棠が朗家にさらに深入りしていくことになりそうです。父の手がかりを少しはつかめるのでしょうか?朗家と施家の対立のドロドロ、朗家の中に渦巻く陰謀も次第に見えてきそうです。楽しみですね♪

【海棠が色付く頃に】(ネタバレあり)

第4話

聖ヨハネから入学を断られたことを知らず、夏合は学校への憧れに目を輝かせる。海棠は仕事中も思い悩み、集中力を欠いた作業のせいで茎を混入させ、月軒に叱責されることに。
海棠ぼんやりしすぎ。あの茎一本だけとは思えないほど上の空でしたね

施済周は、龍長官に水路を封鎖され、工房に材料が届かず苛立つ。それは施杭露の荷のすり替えに対する朗斯年の報復だった。朗斯年から「差し違える覚悟はあるのか」と脅され、施済周は怒りをかみ殺す。
朗斯年は裏でかなりの賄賂を積んだのでしょう。朗vs施の対立は龍が肥えるだけ…

莫嫿は工房に海棠を訪ねると、月軒に叱られて居残り作業をしていた。そこで莫嫿は月軒に、易蓉蓉の嫌がらせのことを打ち明ける。月軒は海棠に力を貸すことにするが、莫嫿はそれが自分のためだと思い込む。月軒から翌日の休みを許され、急な優しさに海棠は戸惑う。
莫嫿の自己評価の高さ、前向きすぎる思い込みを見ると、幸せで羨ましくなりますね

月軒は聖ヨハネの易主任を訪れ、夏合の入学拒否について再調査を説得し、顧家のある鳴鑼巷へ案内する。易主任はそこで夏合の人柄に触れ、入学を許可することに。易主任から「朗月軒のおかげ」と聞いた海棠は、何があったのかと不思議に思う。
貧民街出身なのに優等生の、沈大鵬くんのナイスアシストが見事に決まりました♪

朗家の寡婦(妙蘭)は、いつものように姑(朗斯年の妻・馮春言)の髪を梳いていた。しかし鴛鴦の刺繍を施した手作りの香り袋がわざと見えるように捨てられていることに気付き、動揺して髪をひっかけてしまい、馮春言に厳しく説教されて怒りをこらえる。
月軒の上に亡き兄の存在が?月軒母は息子に接する時と嫁いびりの時とで別人のよう…

全執事は馮春言の癇癪に困って、工房の女工たちから髪梳き担当を探すことになり、尚監督は陸凡真を推薦する。海棠は全執事の脚のことを聞きこもうとするが、同僚たちは関心を示さない。しかし「朗家には化粧鬼が棲みついており、朗家の若様は早死にする運命」という話を聞き、凡真がその話に怯えたため、海棠も付き添いで朗家に入り込むことに。
海棠は、諜報員としての能力はあまり高くなさそうですね♪

海棠は、夏合のことで月軒に礼を言うが、とぼけられてしまう。朗家に向かう海棠は怯える凡真をなぐさめながらも、凡真が見たものをすべて教えてほしいと言い含める。到着した朗家は天宮のように豪華で二人は浮かれるが、それを離れから仮面の人物が見つめていた…
謎の人物あらわる!オペラ座の怪人風の仮面で、朗家の怪人ですね

夜になって再び凡真は化粧鬼に怯えるが、海棠はかつて香水の調合をしていた父を思い出し、化粧鬼は父なのではと密かに期待する。雷に驚いた凡真が白湯で手を火傷したため、海棠は火傷に効く万年草を摘みに花園に出かけていく。海棠は花園で月軒に出会い、思い切って鬼のことを聞いてみるが、月軒はそんな話は聞いたことがないと呆れる。
もし朗家に鬼が出ても、使用人は主家の耳には入れないと思いますよ~

翌朝、凡真は気に入られず工房に戻され、海棠は朗家に一人残される。海棠は全執事と二人になった際に出身地など尋ねてみるが、首を突っ込みすぎだといなされてしまう…
海棠はがっつきすぎ!もうちょっとさりげなく探る方法を考えないと♪

第5話

妙蘭はあらためて馮春言に取り入って髪を梳こうとするが、さらに怒らせて顔に傷をつけられてしまう。落ち込む妙蘭と出会った海棠は、押しかけて治療し、傷を隠す化粧を施す。妙蘭がおしゃれをしない理由を海棠は無遠慮に尋ねるが、妙蘭から夫の月円の位牌を見せられ、厄払いのための婚姻だったと聞く。しかし妙蘭が嫁いだのは15年前なので、父の失踪とは関係ないようだった。
海棠は妙蘭の話で自分に必要ない部分を全く聞いてないのですが、聞いておいた方が…

翌朝髪梳きを任された海棠は、機嫌の悪い馮春言をまずマッサージでほぐし、独自に調合した髪油を使う。その髪油は滋養によく、香りが長持ちする工夫をこらしたという説明を聞き、馮春言は海棠を気に入る。
奥様に気に入られるのは、妙蘭に嫌われることだと思うのですが、大丈夫でしょうか

夏合は念願の登校に浮かれるが、沈大鵬が「女神」と呼ぶ女生徒と自転車で衝突し、相手の自転車を壊してしまう。彼女は覗き見事件の時の少女で、「責任とらないと退学させる」と激怒したため、夏合が彼女の自転車を学校まで運ぶ羽目に。
女神って呼ばれていますが、この子常に怒っているからさほどかわいくない…

朗家に残れることになって喜んだ海棠は、花園の花に話しかけているところを月軒に見られてからかわれる。海棠をからかって怒らせながらも、月軒はそのやり取りに心が安らぐものを感じ始めていた。
月軒は女慣れしたプレイボーイのはずが、小学生レベルの愛情表現をしますよね

馮春言は海棠を気に入るが、髪梳きから妙蘭を遠ざけるよう命じているのを、妙蘭が盗み聞きしてしまう。実は「女神」の女生徒は月軒の妹(朗青青)だったが、夏合との因縁を海棠にぶつけようとしたところ、月軒が庇うため腹を立てていた。それを聞いた妙蘭は、青青に海棠を攻撃させるようさりげなくけしかける。
妙蘭はただ虐げられる被害者ではないようです。なかなかこじらせていますね!

その夜、海棠が部屋の外の怪しい人物を見て追うと、妖しいお面の人物に出くわす。思わず身をすくめた海棠が顔を上げると、すでに誰もいなかった。その隙に何者かが海棠の部屋の茶碗に薬を入れ、それを飲んだ海棠は気を失ってしまう。翌朝、自分の部屋で目覚めた海棠は断片的に誰かに介抱された記憶があるが、父が守ってくれたのだろうかと思う。
薬を盛った人物がわずかに見えていたのは、特徴的な前髪でしたね。あの人でしょうか…

海棠は馮春言付きの侍女・鶯歌と仲良くなり、朗家の鬼について探りを入れる。すると朗家には二つの秘密があるという。一つ目は化粧鬼、二つ目は西側の「恵徳」という扁額のある建物で、化粧鬼の正体と恵徳の住人は誰も知らないのだという。海棠は勇気を出して建物に行ってみるが、入る前に月軒に見つかり、鬼の存在も否定される。
凡真とか鶯歌のような子を丸め込むのは海棠の得意分野のようですね

突然朗家に莫嫿がやってきて、海棠を慈善パーティに誘う。莫嫿の化粧をするだけでいいと遠慮する海棠だったが、パーティでは名家の噂や秘密が飛び交うと聞き、渋々同行することに。莫嫿にドレスを借りて美しく装った海棠を見た月軒は、ダンスに誘おうとするが、別の男が誘ってきて、月軒は莫嫿と踊ることに。海棠のことがどうしても気になる月軒は、途中でパートナーをすり替えてしまう。
海棠を誘った男のクセが強すぎ♪

朗家に戻った海棠は、どうしても西側の離れが気になって、ドレスのまま中に侵入する。中で琴を弾いていた仮面の男は思わず隠れるが、海棠の様子を物陰から微笑ましく見守る。
仮面の怪人はいい人そうですね。海棠は不法侵入なのに油断しすぎでしょう

第6話

西側の離れ「恵徳」に入り込んだ海棠に見とれるうちに、仮面の男は物音を立てて気付かれる。姿を見られたくないと、男は海棠を怒鳴りつけて追い出す。男の声は父ではなかったが、海棠はうっかり文鎮を持ち帰っていたことに気付く。
仮面の怪人は、オペラ座のファントム風な屈折した性格の持ち主のようですね

仮面の男は、朗家の長男で月軒たちの兄(朗月明)だった。月明は以前も青青が海棠を脅かしていたのを叱った時などに会っていたという。月明はまだ外に出て直接会う勇気がないが、本気で海棠を想っており、自分も海棠を想う月軒は困惑する。
あのおたふく面のいたずらは青青の仕業でしたか。朗家メンバークセがありすぎです

海棠はその夜、文鎮を返しに恵徳を訪ね、月明と言葉をかわす。月明は自分を「朗家から忘れられた人間」だと名乗り、海棠は不思議に思いながらも鉢植えにした庭の韭蘭花をお礼に置いて帰る。月明はときめきながら海棠の記憶を絵に写し取ろうとする。
海棠の黄色い服は初出ですが、奥様に作ってもらったものでしょうか?刺繍素敵です♪

月明は月軒に、海棠へのお礼を託す。これまでになく嬉しそうで前向きな兄の姿に月軒は困惑しつつも、直接海棠に会うように勧める。しかし月明は頑なに拒み、お礼の品も「誰からかはわからない」と言って渡すように言う。
誰からかわからないようにしたら、月軒からだと誤解されて面倒なことになりそう

妙蘭は亡き夫・月円の位牌に自分の怒りをぶつけ「厄介者」と吐き捨てるが、それを馮春言に聞かれて咎められる。馮春言に月円への配慮不足を責められた妙蘭は、若い身空で寡婦として過ごす日々に涙する。
位牌に仕えさせるよりは、生きている月明の世話の方がまだいいように思うのですが…

月軒は海棠を待ち伏せして、月明から預かったお礼を渡そうとするが、切り出せずふざけてしまう。海棠は西側の「恵徳」が何の建物なのか尋ねるが、月軒は書斎だとごまかし、月明のお礼を渡して曖昧に立ち去る。お礼は「顧海棠」を読み込んだ恋の詩で、海棠は月軒からのものだと誤解し、彼のことが気になり始めた自分に気付く。
ここで海棠が着ている黄色の上着も、身頃と袖口の刺繍が凝っていてかわいいです♪

馮春言は海棠に髪を梳いてもらうようになってから体調も良く、海棠のことがすっかり気に入っていた。そこで海棠は、病気の母と弟の面倒を見るため、夜は自宅に帰りたいと願い出る。馮春言のことを最優先にすると約束し、午前中は朗家で、午後は工房で働くことに。
逆に、工房で働かなかったら、海棠は午後何もすることがないように思えますね

海棠が荷物を持って朗家を出ていくのを見た月明は、落ち込んで酒を飲む。月軒は「夜は自宅に帰るだけだ」と説明するが、月明は海棠と出会ったことで自分の問題と直面してしまって荒れ、しかし勇気を出して外の世界に踏み出すこともできず思い悩む。
月明って結構面倒臭い…彼が長年閉じこもっていた事情を知りたいです

海棠が工房に戻って来たのを見て、同僚の蘭新巧(施杭露のスパイ)は妬みから「奥様の頭皮はどんな匂い?」と絡む。それを聞いていた月軒は、新巧を期待していると持ち上げつつ、全従業員の髪を洗って報告書を出すよう命じてこらしめる。海棠は月軒に詩をくれた理由を問うが、月軒は月明のお礼が詩だったと気付き、何も説明せずに去ってしまう。
女の園だけに妬み嫉みが渦巻きますね。月軒はきっと漢詩とか作れないような気が

帰宅した海棠に母と夏合は喜ぶ。海棠は夏合に、父について何かわかったかと聞かれるが、朗家では何もつかめないため、人と情報が多い工房に戻ることにしたのだった。母に「父さんは元気?」と聞かれ、海棠は困惑しつつも「元気よ」とごまかす。
工房に戻ったのはそういう事情だったのですね。海棠も色々考えていますね

工房で、臼がうまく扱えないでいた海棠に、月軒が手を重ねて指導したことで工女たちはざわつく。さらに倉庫で接近されて海棠は戸惑うが、それを莫嫿が陰で見ていた…
月軒は月明の気持ちを知りつつも、抜け駆けするつもりなのでしょうか?

4~6話の感想

今回は朗家の秘密が少しだけ明かされました。朗家には引きこもっている長男・月明と、幼くして亡くなった次男・月円という存在がいたようです。15年前に月円と妙蘭は厄払いのために幼くして結婚したものの、そのかいもなく月円は亡くなり、その後も妙蘭は寡婦として若い身空を朗家ですりつぶす日々を送っているようです。厄払い婚なんてあるのですね。
妙蘭はただでさえ抑圧されているのに、姑の馮春言が気難しく、何かといびってくるという残酷な身の上です。あの捨てられた香り袋はおしどりの刺繍がされていました。中国時代劇ファンの方には「おしどりの刺繍の香り袋」でピンとくると思いますが、きっと妙蘭には想いを寄せている男性がいるのでしょう。馮春言は妙蘭の部屋でそれを発見して察し、先手を打って釘を刺したということですね。そんな嫌がらせをせず解放してあげるか、月明と再婚させればよかったのに。息子の死の責任を押し付けるかのように朗家に縛り続けることで、妙蘭の歪んだ憎悪が海棠に向かうという悪循環です。
海棠は今でこそ馮春言に気に入られていますが、月明と月軒が両方とも海棠を想っているなどという事態を好意的に受け入れるとは思えず、この先海棠が朗家に居続けるのは危険な気がします。超感じ悪い青青もいますしね♪

そして月明ですが、仮面で顔を隠して引きこもって生活しているというのは、一体何があったのでしょうか。月軒だけでなく、青青ともちゃんと交流はあるようですが、外に対してはひた隠しにしている感じが怪しいです。彼もまた長年の鬱屈から性格が歪んでいるようで、海棠への恋慕がいい方向に向かうきっかけに?いや、逆に事態が拗れそうですよね。

月軒は自分自身が海棠への気持ちを自覚しつつも、月明の思いを知ってしまい、板挟み状態になりながら海棠への接近にむしろ積極的になっているようです。月軒と海棠の接近は、これまで味方だった莫嫿や馮春言も海棠の敵に回りかねないのに、月軒はそこをわかっているのかなぁ。馮春言が今後、どういうタイミングで息子たちの気持ちを知るのか、そこがポイントとなりそうな気がします。
父の手がかりも織り込みつつ、展開が徐々に濃度を深めていくのが楽しくなってきました!衣装チェック、インテリアチェックも交えつつ、ドロドロの錯綜した人間関係を楽しんでいきましょう♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。