海棠が色付く頃に-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

祛疤膏の完成で、朗里春は何度目かの難局を乗り切り、フリーになった海棠をめぐる朗兄弟の戦いと、朗里春と施杭露の戦いが新たな局面を迎えることに。そして昆楊商会の会長の座を巡って、朗里春と施杭露が国際化粧品展示会で競うことになりました。

その展示会に施済周が謀略を仕掛け、その穴に施済周自身が落ちるという、「もういいから施済周と朗斯年二人で殴り合って決着すれば」と思ってしまいそうな、色々巻き込んだ因縁の根深さを、今回もじっくりドロドロと堪能していきましょう♪

【海棠が色付く頃に】(ネタバレあり)

第28話

展示会当日、月明は鵝蛋粉を売り込むものの苦戦する。そこに施杭露の新商品は鴻雁紅と全く同じものと判明、月明は施杭露に怒鳴り込むが、配合が漏れたのは工房に回し者がいるとしか考えられない。展示会での騒動が施杭露寄りの新聞記事になり、激怒した朗斯年は施済周に「昔のことを暴露する」と詰め寄るが、施済周が長年抱いてきた恨みは止まらない。
「あの女」とは?「あの女が待つ地獄」なので、やはり胭脂のことなのでしょうか?

月明は工女たちを一人ずつ呼んで回し者を探し出そうとして、工房の空気を委縮させていた。新巧は質問に乗じて、月明に月軒への不信を煽る。月軒は展示会の失敗を自分の責任だと落ち込むが、海棠は「必ず解決法はある」と励ます。
新巧といい妙蘭といい、誘導の才能をプラスの方向で活かせばいいのに

迪文は施済周に「他社の配合を盗んだか?」と問いただすが、はぐらかされてしまう。新巧は朗里春の攪乱で成果をあげても解放されず、施済周に取り合ってもらえない。
施済周は調子に乗っていますが、盗んだ配合は欠陥品なわけで、大丈夫でしょうか

朗家の危機を心配する馮春言だが、妙蘭の提案で法師を呼ぶことに。法師が人形を水に浸すと「水」の文字が現れたため、馮春言は「水」が入った名前の者が回し者ではないかと、工房から「水」のついた名前の工女を解雇させる。妙蘭は「海棠」も水で、回し者ではないかと疑いを煽る。
法師は花神節の法師と同じで、金で思うような結果を出してくれる人なのでしょう。しかし妙蘭が勝手にクビを宣告してくるとか、出すぎていてありえない♪

迪文は月軒に謝罪し、施済周が面会を希望していると伝える。月軒は施済周の魂胆を探るために会ってみることに。その二人の会話を月明は隠れて聞き、月軒が回し者ではないかと疑いを抱く。
月明も、迪文は悪事に向かないとわかりそうなものですが、入札の前科があるから…

馮春言は海棠を回し者ではないかと問い詰め、解雇を言い渡す。月軒が「海棠を追い出すなら僕も出ていく」と庇うが、海棠は自ら出ていくことを選び、しかし潔白を証明してみせると啖呵を切る。朗家の中が疑い合う空気に、月軒はやはり自分が施済周と話をつけなければと考える。
月軒が海棠を庇うほど奥様も意地になり、妙蘭が煽るという構図が完成していますね

妙蘭は馮春言を誘導し、海棠が全部悪いという風に思いこませる。馮春言は海棠をめぐって兄弟が争うことを恐れる。しかしすでに月明は、月軒と施済周の密会を朗斯年に話していた。
昆北ホテルに呼び出された月軒に、施済周は大金を渡して協力を持ち掛ける。その場面を目にした朗斯年は、月軒を誤解したまま弾劾し、折檻するよう命じる。
旦那様~!!最後まで見てから帰ってください~!

青青の知らせで海棠と莫嫿が駆け付けると、月軒はすでに折檻されていた。莫嫿の抗議に、月明は施済周との取引現場を見たと言う。月軒は自分の正統性を主張するが、聞き入れられない。そこで海棠が自分も一緒に折檻を受けると言い出し、それを止めるために月軒は自分の罪を認めることに。
これは…完全に海棠が余計なことをしたと思います…

月軒は「これまで施済周を許してきたのが悪い」と非難したが、朗斯年には施済周に強く出られない事情があった。昔、胭脂は施済周に囲われ、息子ともども暴力を振るわれて尚監督が見かねて朗斯年に訴えていた。胭脂の死後施済周は、胭脂殺害の犯人は馮春言だと朗斯年を脅し、それを伏せる代わりに胭脂の息子(月軒)を朗斯年に押し付けたのだ…
簪事件はこんな経緯だったのですね!月軒は胭脂の息子?では父親は…?

第29話

青青は折檻に憤り、父に抗議しようとして海棠にたしなめられる。月明は月軒への疑惑に確信を持っており、兄弟の関係は明らかに変化していた。
月明が以前とは人が変わってしまったような気がします

朗斯年は、当時のことを施済周が月軒に打ち明けるのではと恐れる。当時、胭脂の息子は頭を強く打ち記憶の大半を失っていたのを、月円を亡くしたばかりの妻にわざと引き合わせ、養子にしたのだった。朗斯年は当時を悔やみ、月軒が施家と関わるのを見ると、心穏やかではいられない。馮春言は夫がなぜそんなに月軒を厳しく罰したのか不思議に思うが、妙蘭はその疑惑が海棠に向くように仕向ける。
奥様は胭脂の子だと知らずに育てているわけですよね。これがバレたら終わりですね…

海棠はなぜ罪を認めたのか尋ねるが、月軒は「僕が認めないと君が打たれる」と言い、回し者は次の一手を打ってくるであろうと、海棠に工房をしっかり見張るように頼む。帰っていく海棠に、妙蘭は「月軒がこうなったのもお前のせいなのに」と恨みを募らせる。
工房を見張るといっても、海棠は工房をクビになったような気がするのですが

朗斯年が月軒の仕業だと信じ、折檻して屋敷に閉じ込めた、と新巧から報告を聞き、施済周は密かに喜ぶ。新巧はもう目的は果たせたと思いきや、施済周はもっと新巧に煽らせて朗家を内輪もめさせようと企む。海棠は工房で事件に関われた人物について考えてみるが、工程に詳しいのは月軒と、尚監督、そして新巧ではないかとみられた。
クビになったはずなのに、海棠は普通に働いていますね♪

迪文は月軒に謝罪するために朗家を訪ねるが、会わせてもらえず、朗家のことに首を突っ込むなと慇懃に追い返される。一方施済周は、龍徳水への賄賂として莫嫿に施杭露のモデルを依頼し、その見返りとして施杭露の商いの保護を得ることに。
朗里春のモデルが施杭露に鞍替えしたら、お客の外聞悪くないですかね~

紅袖は施杭露の鴻雁紅を使って装い、龍徳水の気を引こうとするが、龍徳水は莫嫿にモデルの件を話そうと落ち着かない。しかし肝心の莫嫿は父の変わり身を風見鶏だと非難する。朗家と手を切って迪文と付き合えと言われても、莫嫿は受け入れられない。
妊婦さんの紅袖が鴻雁紅を使っているという、これは不吉なフラグが立ちました

青青から月軒の冤罪の話を聞き、憤った夏合は自分達で犯人を捜そうと考える。海棠は尚監督の後をつけてみると、その行き先が施杭露であることに驚くが、尾行に気付かれてしまう。尚監督は月軒の潔白を証明するため工員の身元を洗いなおしたところ、新巧の父親が施杭露の工員だが姿を消したことがわかったという。海棠は尚監督を信じて協力を仰ぐ。
青青と夏合は迪文を尾行すると、凡真と会っていた。凡真は迪文に、想いを告白するために自分が刺繍した桃花の手巾をプレゼントしようとしたのだとわかり、一転祝福ムードに。
凡真と迪文はお似合いかもしれないけど、施済周は許さないような気がします…

海棠は真犯人を炙り出すためにひと芝居打つことになり、月明に協力を依頼するが、月明は月軒の仕業だと頑なに信じて疑わない。馮春言は海棠に、朗家への報復のためにやったのではと疑いをかけ、3日の期限で真相を解明できなければ朗家と工房から追い出すという。
奥様は、朗家が海棠に恨まれるだけのことをした、という自覚はあるようですね

海棠は尚監督に朗斯年の説得を依頼する。尚監督は、わざと欠陥品を売りに出そうと持ちかけて朗斯年を怒らせ、月軒の正しさを悟らせる。朗斯年も月軒を罰することで真犯人に圧力をかける真意があったと知り、尚監督は朗斯年も芝居に巻き込むことに。
朗斯年と尚監督の安定感がある限り、朗里春は安泰のような気がします♪

工員が集められ、海棠の花粉を使った実験で真犯人が見つかったと告げられる。新巧はぎょっとするが、真犯人は尚監督だという。朗斯年は尚監督を信じつつも、証拠が挙がった以上尚監督を仕事から離すことに。怯えた新巧が施杭露に向かうのを、後をつけていた海棠と月明が見ていた…
新巧は毎回表玄関から入っていて、見つかるのは時間の問題でしたよね…

第30話

朗家が尚監督を追い出したことを新巧は朗家の作戦ではと疑い、これ以上怯えながら働きたくないと施済周に訴える。施済周は今度こそ朗家を叩き潰すつもりで、成功すれば新巧の父親の将来も確約する。
そろそろ施済周は父を許すつもりがなく、延々利用されるだけだと気付けばいいのに

高熱に浮かされた月軒は、海棠と間違えて妙蘭の手を握る。それを見た馮春言は、朗家以外に行くところのない妙蘭に離縁をちらつかせ、激しく叱責する。目覚めて月明に叱られた月軒は、てっきり海棠だと思ったと言ってさらに月明を怒らせる。月軒はしばらく家を離れ、月明に朗里春の仕事を任せたいと言い出す。
妙蘭がだんだんホラーじみてきたので、本当に朗家は彼女を追い出さないと…

新巧は海棠に探りを入れてくるが、海棠は鴻雁紅の麝香の成分が妊婦に問題あると明かして逆に揺さぶりをかける。月軒は工房を月明に任せると発表する。海棠園に行くと海棠にだけは打ち明けるが、二人の様子を見て月明は心穏やかではない。
海棠見事な返り討ち。3日の期限からどれくらい経過しているのかイマイチ不明です

紅袖は突然倒れ、医師は麝香による流産だと診断する。龍徳水は施杭露の頬紅のせいだと知り、施済周を逮捕して施杭露を打ち壊し、さらに広場に人を集めて鴻雁紅を焼却する。亡き妻との約束を破ったせいだと悔やむ父を、莫嫿は慰め、励ます。
頬紅殺人パート2…配合を見て麝香の成分に施済周は気付いていたのでしょうに

迪文から父を助けてほしいと懇願され、月軒は朗斯年に訴えるものの、冷たく突っぱねられる。施済周は牢に面会に来た執事から、施杭露の再起不能な現状を聞き、一縷の望みを託して朗斯年への手紙を執事に預ける。その手紙に「かんざし」とだけ書かれているのを見て、朗斯年は施済周のあまりの恥知らずさに激怒する。月軒の説得を受け入れ、朗斯年は渋々ながら施済周の助命を決意する。
月軒の思いやりをブルドーザーで粉々にする施済周の脅し、サイテーです!

朗斯年から施済周の命乞いをされ、龍徳水はまったく耳を貸さない。しかし朗斯年は、厳しい処置を見た人々によって龍徳水の名声が傷つくのではと説き、迪文に用意させた施家の財産の半分相当を差し出す。龍徳水は納得していないふりをしながら、財産をしっかりと抱え込んで助命を受け入れる。
龍徳水の立ち直りの早さは毎度のことですが、娘より息子より金が好きなのですね…

月軒は海棠園に籠り、麝香を使わない着香法に取り組むが、なかなかうまくいかない。海棠は尚監督が誤解されたまま無為に時が過ぎることに焦りを感じ、着香法を見つけようとするものの力不足で、今こそ月軒が必要だと月明に語る。月明もまた、自分の力不足に忸怩たる思いをかみしめる。
現時点で何日目?タイムリミットはあとわずかですよ~

釈放された施済周は、迎えに来た夫人と迪文を置き去りにして施杭露に直行する。施済周は朗里春が麝香の欠陥を承知の上で施杭露を罠にはめたと考え、助けてくれた朗斯年を苦しめるために、新巧を脅して爆薬を工房に置いてくるように命じる。
朗斯年が思いやりを見せるほど、施済周は逆に恨みを募らせていく逆効果…

海棠は海棠園を訪ねるが、研究に疲れた月軒はうたたねしていた。そうとは知らない海棠は月軒が呑気に昼寝していると誤解し、月明が頑張っているのにと叱り飛ばし、失望して帰って行ってしまう…
月軒が茶化す時は、逆に疲れているか切羽詰まっている時だとわかってあげて~!

28~30話の感想

龍徳水念願の息子は、残念なことになってしまいました。立ち直りが早く懲りない彼でも、さすがに今回はこたえていたようです。麝香と妊娠が並行して出てくると嫌な予感しかしませんでしたが、やはりそういう方向に…。もし展示会の前に月明が強硬に鴻雁紅の出品を決めていたら、龍徳水に打ち壊されていたのは朗里春だったわけで、施済周がパクってくれたおかげで朗里春は救われたということなのかも。
しかし施済周はこの際死刑になってもらえばよかったのに、朗家はみんな優しいですよね、助けてあげても恨まれこそすれ、恩など感じてくれないのに。

そしてその流れで、月軒は胭脂の息子だった事が判明しました!それを伏せて朗家の養子にしたようですが、だとしたら父親は一体誰…?施済周でしょうか?彼の場合、子供がいなくて甥を引き取るくらいだから、いくら正室が嫌だと抵抗したとしても、あの時代と施済周の性格からすると、実子だったら手放さないと思うのですよね。そうだとすると、胭脂は朗斯年の子を宿したまま朗家を追い出された、ということなのでしょうか。
もしですよ、もしそういうことだとしたら、養子にした経緯を奥様が知った段階で、朗家はこれまでにない危機に陥るのではないでしょうか。奥様が胭脂の息子である月軒と、それを黙っていた夫を許せるはずもなく、しかも奥様は月軒の母の仇?… いやはや怖いことになってしまいそうです。

しかし奥様という人はめんどくさい人で、月明が引きこもりから外に出られた途端に後継ぎ~!と盛り上がり、恩人の海棠を要らない子扱いして憎み、朗斯年に理詰めで諭されると「息子が嫌いなのね」とひねくれ… こんな妻を、簪事件までは一応大事にしていた朗斯年はエライと思います。朗家を取り仕切る女帝のようでいて、実は妙蘭にチョロいくらいにコントロールされている傀儡だということが見えてきました。妙蘭の誘導と洗脳に奥様が気付く日は来るのでしょうか。施済周はいつまでものさばり、妙蘭は朗家から出ていかない、その構図がなかなか崩れないからこそ、このドラマは面白いのかもしれません。

…海棠をめぐる三角関係について全然感想で触れずに終わってしまいましたが、だって、周辺の話の方が面白いし、三角関係でも微妙に闇落ちしつつある月明を見ている方が楽しいですよね、困ったものです♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。