独孤伽羅-どっこから-あらすじ-7話-8話-9話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
般若は、宇文毓との婚約が正式に決まりました。そして、その宴の席で、伽羅と李澄の婚約の話も進みました。

伽羅から婚約をしたとの知らせを受け、急いで長安に戻った宇文邕でしたが、血を吐き、自分の余命を知り、伽羅との婚姻をあきらめます。

伽羅は、宇文邕から、妻になってほしいと言ったことは冗談だと言われ、ショックを受けますが、伽羅はどうするのかしら?李澄との縁談を受け入れるのかしら?では、今回は、7話から9話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

7話 結納の日

宇文邕から振られてしまった伽羅は、李澄に嫁ぐしかないと諦める。
諦めが早いですね!

そして、独孤家では、同じ日に曼陀と伽羅の結納が行われる。
同じ日に行うなんてちょっと考えられませんね!

結納の品が、楊堅より李澄の方がはるかに豪華であることに、曼陀は腹を立てる。

悲しんでいる曼陀を独孤信が慰めていると、曼陀は、嫁入り道具を豪華にしてほしいと言い出す。般若は、伽羅より豪華にすることはできない。自分の出自は変えようがないのだから曼陀は立場を理解するべきと主張する。

楊堅は、曼陀に結納の品のことを謝る。そして、夫婦になったら必ず功を立てて、肩身の狭い思いはさせないと約束をする。

曼陀は、婚儀で十分な持参金を持っていけば見下されることもないから、お嫁に行くときに持参金を足してほしいと頼む。それを聞いて、楊堅は、分相応の暮らしをすればいいと諭す。今は乱世で、楊堅が望む名声は、朝廷に左右されず、父上の後を継ぎ、領地を治めることで、民は平和な暮らしを送り、我々の功績を伝えていってくれることが楊堅の夢であると話す。

曼陀は、楊堅との縁談は般若が断ったことで、曼陀になったことを知り、般若と対等の身分になるために、宇文邕を誘惑しようと考える。
大胆不敵!
曼陀は、偶然を装って、宇文邕に会い、お茶に誘って、宇文邕に言い寄る。しかし、宇文邕は曼陀の企みに気づくのだった。

8話 ほどけた絆

宇文邕は、曼陀が何かを企んで自分に近づいてきていることを伽羅に知らせたのだが、伽羅は信じようとしなかった。

そこで、宇文邕は、曼陀をだまして呼び出し、曼陀の考えていることを聞きだす。伽羅は、その曼陀の話をこっそり聞いていて、曼陀の恐ろしい野心を知ることになる。
曼陀は恐ろしいことを考えますね!

伽羅は、曼陀が話していたことを家族に言いつけようとするが、曼陀はそれを必死で止める。しかし、伽羅が言うことを聞いてくれないので、曼陀は、自ら水に飛び込んで、伽羅に突き落されたと嘘をつく。

独孤信は、伽羅に事情を聞くが、伽羅が話そうとしているところに、曼陀が来て、伽羅の話の邪魔をする。それどころか、曼陀は、伽羅と宇文邕が密会していたことを言いつけたので、独孤信を怒らせてしまい、伽羅は、罰を受けることになる。
嘘だとばれるのに、曼陀は強引ですね!

しかし、それは独孤信がその場を収めるためにやったことだった。独孤信は、伽羅から事情を聞き、事実を知るが、般若の婚儀に影響が出ないように、穏便に済ませる。

一方、般若は、周王朝の皇后の座は自分だけのもの、邪魔する者は死あるのみと言って、曼陀に脅しをかけるのだった。
般若を怒らせたら怖いですね!

曼陀は、般若と伽羅に対して、ますます恨みを募らせるのだった。

宇文護の正妻が息を引き取る。そして、宇文護は、般若に会いに来たのだった。

9話 新婚初夜

婚儀の前夜、宇文護が般若のところに来て、妻が死んだことを知らせる。宇文護は葬式が済ませたら、妻に迎えると言うが、般若は、もう遅いと言って宇文護を突き放した。

般若と宇文毓の婚儀が滞りなく行われた。しかし、二人が夫婦の誓いを立てているときに、宇文護が乱入してくる。
大胆すぎ!

宇文護は、我々の関係を宇文毓に教えてやろうと言うのだが、般若は、宇文毓に、宇文護を愛していたが、すでに終わっている。そして、自分は汚れのない身である。宇文毓を必ず皇帝にしてみせるから、誰の挑発にも乗ってはだめだと強く言う。
般若の態度は迷いがないですね!宇文護もこれであきらめるのかしら?

宇文邕は、眠ってしまった伽羅を見て、伽羅を想う気持ちから思わず伽羅の髪をさわってしまう。それを楊堅と曼陀に見られてしまったことに焦った宇文邕は、曼陀をつかまえて、今見たことを他言しないことを強引に約束させる。

しかし、曼陀は約束を破って言いつけに行くと言い出し、そのことで楊堅と喧嘩になってしまう。
曼陀がだんだん本音を出してきましたね!

曼陀が外で一人で泣いていると李澄がやってきて、慰めてくれる。

曼陀が、やさしくて、富豪である李澄の方がいいと言ったことから、乳母が李澄に乗り換える企みを考え、曼陀をけしかける。
この乳母は何者でしょう?たちが悪いですね!

宇文毓と般若は、宇文覚に挨拶にいくと、宇文覚から、宇文護を早く排除するように丞相に進言してほしいと言われる。

7話から9話の感想

般若の一連の行動はみごとですね。自分が皇后になる道にまっしぐらといった感じです。これから、宇文毓をあやつって、のしあがっていくのでしょうか?曼陀も考えていることは同じなのでしょうが、かなり浅はかというか、目先のことばかりにとらわれていますね。自分のことしか考えていないからだめですね。

乳母の企みで、何かまた起こりそうです。婚約相手を乗り換えるなんて発想があり得ないですね。3人の娘をいっぺんに婚約させるところがそもそも大きく間違っているような、そんな気もしますが・・・

伽羅は、素直で、賢さも持ち合わせているけど、二人の姉と違うところは、押しに弱いのですね。人に言われるとすぐに従ってしまうところが、かわいらしいです♪

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です