独孤伽羅-どっこから-あらすじ-10話-11話-12話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
般若と宇文毓の婚儀が行われた。夫婦の初夜に宇文護が乱入してきたが、般若は宇文毓に宇文護との関係はすでに終わっていると告げ、宇文護をきっぱりと追い返した。

一方、曼陀と楊堅の婚儀の日取りが決まった。しかし、楊堅との婚儀を考えなおしている曼陀は、乳母から、婚約相手を李澄に乗り換えることをけしかけられる。

楊堅は、曼陀とけんかをして、曼陀の考えていることが少しわかったかしら?婚約相手を乗り換えるって、かなり破天荒ですね。では、今回は、10話から12話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

10話 王妃の里帰り

般若は、宇文護の動きを封じるために、婚礼の祝儀を災害で苦しむ民の救済や兵士の手当に使って、陛下の慈悲深い心を示すことを提案する。

宇文護と般若の関係を気にかけている宇文毓に、般若はそんな小さなことは気にしなくていいと言い、帝位につく気持ちがあるかどうかを宇文毓に尋ねる。そして、陛下と皇后には子どもができないので、私たちにも機会がある。屋敷のことはすべて任せてほしいと言う。
しきりかたが凄いですね!

曼陀は、楊堅を訪ね、楊堅に謝り、機嫌をとる。そして、ずっと自分の見方でいてくれるように言うのだった。
やさしい楊堅はだまされてしまいますね!

曼陀は、李澄が貸してくれた羽織を自分で返しに行き、李澄をだまして、郊外に連れ出す。

曼陀は、李澄を誘惑し、さらに、伽羅と宇文邕との間に噂があることを聞かせる。

李澄がその噂を調べると、それは、伽羅が宇文邕との密会を曼陀に見られ、曼陀を池に突き落としたというものだった。

般若が寧都王と一緒に里帰りをした。その宴が催されている中、宇文邕が贈り物を届けに来る。すぐに帰るという宇文邕を伽羅が手を引いて送っていく。

それを見ていた李澄は、酔って伽羅にからむ。噂のことを問いただし、大きな騒ぎとなってしまう。
曼陀の計画通りなのでしょうね!

11話 誘惑の罠

宴が終わったその晩、曼陀は、乳母にそそのかされて、李澄の寝所に忍び込む。
自分の体をはってまでするなんて!

しかし、そこに寝ていたのは李澄ではなく、父親の李昞だった。
乳母は強引ですね!

翌朝、曼陀は、李昞の寝所から泣きながら飛び出し、自分の部屋で自害をはかろうとしていたところを、独孤信に助けられる。

そこへ、乳母がやってきて、すべては、伽羅が仕組んだことであると訴える。伽羅は、自分の身の潔白を訴えるが、自分の侍女の夏歌までが、嘘の証言をしたのだった。

皆が伽羅を責める中、卑怯なことは大嫌いだから、こんな陰険なことは絶対にやらないと潔白であることを強く主張する。そして、曼陀が純潔を失ったのなら、伽羅は命で償うと言って、自害までしようとするが、止められる。
こんなひどいことはないですものね!

般若が急遽帰ってきて、伽羅の侍女の夏歌を拷問にかけ、真実を吐かせた。
般若でないとこんな拷問はできないですね!

般若の侍女の春詩が、曼陀と乳母のところに行き、夏歌がすべてを吐いたことを知らせる。死ぬことを覚悟した乳母は、すべての黒幕は、宇文護であると言って、舌をかみ切り、自害した。

宇文護の目的は、独孤家が婚姻によって権勢を強めるのを嫌ったためであるとわかり、それを阻止するためには、曼陀を娶ることだと李昞は言い、独孤信もそれを受け入れる。

12話 未練と執着

楊堅は、曼陀との婚約が突然解消されることになり、つらい思いをしていた。

般若は、伽羅には真相を話さなかった。般若も独孤信も曼陀とは二度と会わないと考えていた。

楊堅は、曼陀を諦めきれず、駆け落ちすることを計画する。しかし、曼陀はそれを断るのだった。楊堅は、曼陀に何年でも待って、曼陀を娶ると誓うのだった。
楊堅は、曼陀が本当に好きだったのですね!

楊堅は、乳母が言った「黒幕は宇文護である」という言葉を信じ、宇文護の屋敷に押し入る。

伽羅は、手紙で、楊堅が宇文護の屋敷を襲うことを宇文邕に知らせ、宇文邕は楊堅が宇文護を切ろうとしているところを止める。そして、伽羅からの伝言を伝えた。それは、すべて独孤家のせいである。乳母を信じるなというものだった。
さすが伽羅ですね!

曼陀の婚儀が行われるときに、李昞や李澄と顔をあわすのは気まずいと考え、伽羅は、郊外の済慈院へ行くことにした。

般若のところに、哥舒が来る。そして、太師(宇文護)が酒と女に溺れてしまっているので、太師に会ってほしいと願い出る。しかし、般若は、嫁いだからには宇文護との縁は消えたのだと言って、追い返す。

曼陀の婚儀が行われたが、独孤信も兄も、見送りもせず、来賓もいなかった。曼陀は冷たくあしらわれていることに怒るのだった。
怒ってもね!自業自得ですね!

10話から12話の感想

曼陀は恐ろしい人ですね。自分の母親だけが身分が低いと言っても、三姉妹として育ててもらっている恩があるのに、そんなことなどなにも考えないのですね。ひたすら恨みごと!結婚したら少しは変わるのかしら?あまり期待はできないですよね!

そんな曼陀の姿を何も知らずに、ひたすら思い続けている楊堅は、とても気の毒です。子どもの時から知っているようなので、信頼しきっているのでしょうね。早く気がついてくれるといいのだけど。でも、気がつくこともかなりつらいことになりそう!

般若と宇文護の関係は今ひとつわかりにくいですね。嫁いでも愛していることに変わりないと言っても、宇文護にとっては、そんなことを言われる方が悩ましいですよね。宇文毓にきっぱりと関係は終わっていると言っていたのに、宇文護に会いに行ったりして、般若の心も複雑なのかしら?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です