独孤伽羅-どっこから-あらすじ-19話-20話-21話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-19話-20話-21話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
伽羅が謀反の疑いで捕えられ、拷問を受けて、瀕死の状態であったが、宇文邕のおかげで命をとりとめることができた。

般若は伽羅を助けるために、宇文護と取引をし、体を許したのだが、それから宇文護のことが頭から離れなくなっていた。そんな中、般若が懐妊したことがわかる。

般若のお腹の子は、宇文護との子であるようですね。宇文毓に秘密にしていられるのかしら?では、今回は、19話から21話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

19話 野心と誤算

般若は夫とは共寝していないので、お腹の子は宇文護の子であるとわかっていた。夫に知られてはならないので、堕胎することを決意する。
これは大変なことですよね!

堕胎に効くという紅花の汁を飲もうとしたとき、伽羅が突然入ってくる。紅花を伽羅に見られてしまった般若はすべて伽羅に打ち明ける。

般若の侍女・春詩は、皇后になりたいなら、人を裏切ることも、殺すこともある。今が子を産む絶好の機会であると言って、伽羅と一緒に、般若に産むように説得をする。
本当に絶好の機会なのかしら?

曼陀と李昞は、長旅の末、やっと屋敷に到着する。そして、早速、曼陀は屋敷のことを任されることになる。隴西郡公夫人になることで、意気揚々としていた曼陀だったが、李昞には、たくさんの側室と子どももいることがわかり、愕然とするのだった。
曼陀にはいい試練かもしれないですね!

般若は、宇文毓に月をごまかして、妊娠したことを告げると、宇文毓は大喜びする。そして、急いで義父の独孤信に伝えに行く。
そんなに喜ばれたら、つらいですね!

宇文護は、般若が懐妊を知り、自分の屋敷に来た後も、宇文毓と共寝していたことに腹を立てる。
夫婦だから当たり前のことなのですが・・・

20話 愛の駆け引き

宇文毓は、般若の懐妊を喜び、般若のためにみかんを取りに行ったり、子どもの名前を考えたりと、浮かれていた。

曼陀は、側室の子どもたちから一人一人挨拶を受けるが、犬猿の仲である馮氏の娘にやけどをさせてしまう。曼陀は無実を訴えるが、側室たちは曼陀を責めた。だが、李昞が、これは事故だと言っておさめる。
子供にまで意地悪するのは、考えられませんね!

しかし、曼陀は、騒ぎを収めてくれた李昞に対して、不満をまくしたて、李昞を怒らせてしまう。

曼陀は泣き落としや仮病を使って李昞を自分の味方にしようとするが、李昞の心はかえって離れていくのだった。
曼陀は、反省したほうがいいですね!

宇文毓が作ってくれた菓子を魚に食べさせると、魚が全部死んでしまった。それをみて、般若は、宇文護が宇文毓を殺そうとしていることに気づく。

般若は、宇文護に会い、お腹の子は宇文護の子であることを明かし、宇文毓を殺さないでと懇願する。そして、この子どもを宇文毓の子として産んで、皇帝にするという般若の策に宇文護は同意する。
般若もかなりすごいことを考えますね!

般若は、宇文毓に皇帝の退位にみちびく周到な計画について打ち明ける。あたふたとする宇文毓を、般若は説き伏せるのだったが、何も知らない宇文毓を一生だまし通すことはできないと般若は不安に思うのだった。

21話 皇后の座

趙貴が企んだ計画に乗った皇帝は、宇文毓と宇文護を殺そうとするが、失敗をし、趙貴は捕えられてしまう。そして、皇帝は、自ら皇帝の座を降りると宣言し、帝位は寧都王に移ることになった。そして、趙貴は、宇文毓によって殺された。
宇文護のやり方はすごいですね!完璧!

宇文毓が皇帝となり、般若は皇后となる。そして、宇文邕は、還俗し、爵位も返される。
般若の願いがかなったのに、あまり喜びはないようですね!

独孤信は、般若から、丞相の任を受けてくれるよう頼まれるのだが、身内が関わる政からは離れたいと言って断るのだった。

朝廷では、宇文毓は傀儡の皇帝となり、宇文護がすべての権力を握るのだった。

輔城王は長く生きられないらしいから嫁がせたくないという独孤信の気持ちを聞き、伽羅はそれに従うしかなかった。

隴西郡公の屋敷では、曼陀は李昞から相手にされず、寂しく過ごしていた。ところが、般若が皇后になったことにより、李昞や側室たちは手のひらを返して、曼陀の機嫌を取るようになる。

曼陀は冷遇されていたことで、独孤家が自分の一番の後ろ盾であることに気づく。そこで、自分が騒ぎを起こしたことを謝る文を書くことにする。
少し反省したのですね!

般若は、宇文毓が皇帝になってから眠れず、頭痛がすると言うのを聞き、調べさせると、宇文毓は、水銀の毒に侵されていることを知る。
こわいですね!

19話から21話の感想

般若は、一歩一歩自分を追い込むような道に入り込んでしまっているように思えますね。宇文護の子どもを産むなんて考えられないですね。そして、念願の皇后にせっかくなれたのに、抜け出せない不安を抱えてしまって、幸せが遠のいていますよね。

宇文護は怖いもの知らずで、なんでもやってのけてしまうので、この先のことを考えると暗い気持ちになってしまいます!

宇文毓や宇文邕のように、地位をほしがらず、目の前にある幸せを大事にするほうがいいのにと思ってしまうのですが、乱世であればいろいろと振り回されてしまうのでしょうね。

そして、そんな穏やかで、心優しい宇文毓が命の危険にさらされています。般若にはなんとしても救ってほしいですね!宇文毓を救わなければ、般若が一層苦しむことになりますよね!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です