独孤伽羅-どっこから-あらすじ-22話-23話-24話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
宇文毓が皇帝の座につき、般若は念願の皇后となる。しかし、宇文毓は、何者かによって、日ごろ使っている器に毒をもられ、すでに水銀中毒になっていた。

宇文護は、般若との約束を果たし、こっそりと般若との逢瀬を楽しむ一方、朝廷では、権力も握るのであった。

般若が早く気がついてよかったです。宇文毓を助けることができるといいのですが・・・では、今回は、22話から24話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

22話 偽りの悲劇

宇文毓の水銀中毒は、宇文護が仕組んだことがわかった般若は、宇文毓を守るために独孤信にすべてを打ち明け、助けてくれるように懇願する。
こんなことになってしまうなんて!

独孤信は、般若に、心の中にいるのは、宇文毓なのか、宇文護なのかと詰め寄る。しかし、答えない般若に、これが般若がほしかった独孤の天下なのかと批難するが、宇文毓を助けるために、丞相としての務めを果たすことを決める。
般若自身も自分の心がわからなくなっているのではないかしら?

そして、独孤信の考えで、お腹の子は死産ということにして、遠くにやることにした。

曼陀のところに、般若が遣わした侍女の王氏が到着する。王氏は、李昞の義母上の従妹にあたり、曼陀に嫌がらせをしていた側室の馮氏を厳しく責め、力を見せつけるのだった。
見事ですね!

龍興寺で宇文護と会った般若は、宇文護の子どもたちが般若を憎んでいるから殺してくれるように宇文護に頼む。そして、般若は、拒む宇文護の前で、わざと階段から落ちて、早産で無事に産んだ娘は隠し、お腹の子が死産したかのように見せた。
大芝居ですね!

侍女の王氏は、側室たちの身分を調べ、厳しく教育する一方、曼陀にも、正妻としての態度やふるまいを教育するのであった。

23話 青い目の子ども

曼陀は、王氏から教わった通りに、李昞に納得がいく説明をし、李昞の心をつかむ。
すごい成長ぶりですね!

般若は、済慈院に預けた自分の子どもに会いに行く。そして、その子が、宇文護と同じ青い目をもっていることを知り、取り乱す。
これは焦りますね!

般若は子どもの青い目を見ると、宇文護との過ちを責められているかのようでつらいので、子どもとは縁を切ると独孤信に告げると、伽羅は自分が育てると言い出す。
そんなことをして大丈夫なのかしら?

そして、伽羅は、麗華と名付けてかわいがる。

伽羅は、宇文邕には、すべての事情を話し、大きくなったら手助けしてくれるように頼んだ。

郡公の誕生祝いが開かれ、大勢の賓客が屋敷に来た。曼陀は、王氏に言われた通り、毅然とふるまい、側室の馮氏を退けるのだった。

宇文邕は、八柱国将軍になったことをすぐに伽羅に伝えに行く。そして、二人で観音廟に行くと、宇文邕は、伽羅と夫婦になれるようにと祈った。

宇文毓は、済慈院に行った帰りに龍興寺に立ち寄る。そして、皇后の死産は、皇后が太師と言い争いになって押されて転がり落ちたと言うことを知る。住職から皇后が足を滑らした石段に油をまいたのは太師の子息の臣下であると聞き、宇文毓は、敵を討つと誓うのだった。
密会のことは、ばれなくてよかったですね!

24話 復讐の念

宇文毓は、宇文護との言い争いの理由を般若から聞き、殺してやると言って激昂する。般若に説得され、踏みとどまるが、ひそかに復讐計画を進めるのだった。
一人で暴走しなければいいですが・・・

般若が観音廟に来るのを知り、伽羅は麗華を会わせようと連れて行ったのだが、般若は、青い目を見て、拒絶する。そして、般若は、お腹に宇文毓との子ができ、この子を大事に育てるので、心をかき乱さないでと伽羅に告げた。

独孤信は、宇文邕が務めを立派にこなしているのをみて、体調がよければ婚姻を認めると伽羅に伝える。

般若は、宇文護に会い、突き落とされた恨みをまくしたて、宇文毓を殺そうとしていたことを責めた。宇文護が、恨まないでくれるなら何でもすると誓うと、般若は、宇文護に約束をさせた。それは、宇文毓を殺さず、一家3人を平和に暮らさせるというものだった。
宇文護は恨まれることはなんとしても避けたいのですね!

動揺する宇文護だったが、般若の願いをすんなり承諾した。

宇文護が宇文毓のところに来て、廃帝になった宇文覚が自害したことを告げ、宇文毓に脅しをかける。
宇文護のこわさを知ったほうがいいですね!

独孤信は、血を吐き、あと半年の命であると知る。

宇文護は、独孤信の屋敷を訪ね、宇文毓が愚かな真似を続けるなら、約束は守れないと独孤信に言い放つ。

22話から24話の感想

般若の考えることはすごいですね。死産とみせかけるために、死んだ子どもまで用意して・・・。でも、子どもが宇文護と同じ青い目をしていたなんて、なんて因果なのでしょう。子どもの顔を正視できないのも無理はないですよね!

宇文護がその子どもと対面する場面がありましたが、目が青くなってばれてしまうのかとひやひやしました。今回は大丈夫でしたが、そんな近くにいたら、いつかばれそうですね!はらはらしてしまいます!

温厚だった宇文毓が変わってしまいましたね。何か無茶なことをしそうで、恐いです!せっかく子どもができたのだから、子どもの方に目を向けてくれればいいのに・・・どう考えても、宇文毓が宇文護に勝てるわけがないですものね!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です