独孤伽羅-どっこから-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
伽羅と楊堅は、一緒に暮らすようになるが、般若の子どもが生まれるまで仮面夫婦を装うことになった。二人は、顔をあわせれば口論となり、関係はこじれる一方だった。

花街でいりびたる楊堅を、伽羅は、酒楼に押しかけ楊堅を批難する。

一方、曼陀は、李澄を利用して、側室の錦娘と息子を追い出そうと画策していた。

伽羅と楊堅は、初めての出会いのときもこじれてしまったのですよね。何かいいきっかけができればいいのですが・・・では、今回は、31話から33話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

31話 二人の剣舞

般若は、楊堅に、伽羅の軽率な行動を叱ったことを伝えると、楊堅は、以後は伽羅を大事にすると約束する。般若は楊堅に玉の帯を贈り、もう1本を隴西郡公に送るようにと侍女に命じる。その時に侍女が、わざと曼陀が懐妊して5か月になることを話す。

そして、楊堅は、曼陀からの別れの文を受け取る。
やっと届いたのですね!

隴西郡公の屋敷では、側室の錦娘が李昞に無実を訴えていた。それを見ていた李澄は、錦娘が侍女に麝香を渡したと証言できるものはいなかったが、別件である事実が判明したと告げる。それは、錦娘の子どもは李昞の子どもではないということだった。
すごいやり方ですね!

それを知り、激怒した李昞は、錦娘と子どもを追い出す。

般若は、二人の仲を取り持つため、宮中での宴で伽羅と楊堅の二人で剣舞を披露することを命じる。

楊堅が、剣舞の稽古をつけてくれずに困っている伽羅に、宇文邕が手伝ってくれることになる。楊堅は、その二人の姿を見て、稽古をつけに来たと言って割り込み、伽羅に剣舞を教えることになる。

宴の日、伽羅は意地悪をされ、楊堅から贈られた衣装を破られてしまう。それを知った宇文邕は、自分が用意をした衣装を伽羅に手渡す。
それはまずいですよね!

自分が贈った衣装を着ていない伽羅に、楊堅は剣舞を舞いながら問い詰めるのだった。

32話 夫婦の条件

伽羅と楊堅は、宴での誤解が解けることなく、お互い譲らず、仲たがいしてしまう。

狩りに出た楊堅は、白狐を射止めた宇文邕が、これで伽羅の襟巻を作ろうと言った。それを耳にした楊堅は、人の妻を気に掛けるなと言うと、宇文邕は楊堅を批判し、二人は殴り合いになる。
どちらも譲れないのでしょうね!

殴り合いになったことを知った伽羅は、楊堅を振り切り、宇文邕の見舞いに行く。宇文邕は吐血がとまらなくなっていた。

そこへ、楊堅が宇文邕のために貴重な薬をもって現れる。そして、自分の潔白を伽羅の前で宇文邕に伝える。

殴り合いの理由を知り、伽羅は、宇文邕の元を去り、楊堅を追いかける。そして、楊堅に謝り、私たちは望まずして一緒になったが、いたわり合えば互いを敬う夫婦になれると言い、二人はお互いに歩みよることになる。
やっと二人仲良くなれそうですね!良かった!

この騒動を聞いた般若は、宇文邕のもとに、李娥姿を送りこむ。陛下と皇后の差し金であるとわかった宇文邕は、李娥姿を側妃として迎える。
これで宇文邕もあきらめるしかないですね!

慕容氏が2万の大軍で城攻めをしたとの報せが楊堅に入る。慕容氏が出撃したことには、何か裏があると考え、宇文護の仕業であると思いつく。

33話 以心伝心

楊堅は、宇文護が帝位欲しさに戦をけしかけていることがわかり、宇文護が敵と通じている証しを見つけに、宇文護の屋敷に忍び込む。
結構大胆ですね!

しかし、哥舒に見つかり、逃げる途中で、楊堅は怪我を負い、毒に侵されてしまう。

楊堅が気を失っている間に、伽羅がすべてを采配してくれ、毒が鳥兜であるとわかり、解毒薬も飲ませてくれていた。
さすが伽羅ですね!

宇文護は、犯人は楊堅でないかとにらみ、楊家に様子を見に行く。

宇文護が来ることを知った楊堅と伽羅は、派手な夫婦喧嘩をしてみせ、宇文護の疑いを逃れるのだった。
かなり派手な芝居ですね!

伽羅のおかげで、慕容氏が撤退し、楊忠は勝利する。そして、楊忠は隋国公に、楊堅は大興郡公に封じられ、西山軍営の指揮を任されることになる。

伽羅と楊堅は、二人で仲良く凧揚げをする。そして、楊堅が伽羅に針仕事や料理をやるように言うが、伽羅は、あなたに必要なのは、屋敷の奥で針仕事する妻より、共に戦える相方ではないですかと告げる。それを聞いて楊堅も納得し、伽羅に自分が留守の間の屋敷のことを頼んだ。
いい夫婦になりそうですね!

曼陀は、自分の子を将来の隴西郡公にするために、今度は、李澄をおとしめる企みを考えていた。

31話から33話の感想

お互いに好きな人がいて、それをふっきるには時間がかかりますよね。でも、伽羅と楊堅がやっとお互いに思いやれる仲になることができました。伽羅は、男と同じ教育を受けていたから、兵書を読んだり、剣術にたけているのですね。乱世の時代にぴったりの夫婦だなと思います。

意に沿わない結婚でも、それに従わなければならなくて、そして、それをうまくやっていかなければならないのですから、大変なことだなとしみじみ思ってしまいました!

そして、曼陀は、着々と邪魔な人間を排除しようとしてますね。そういう意味では、般若とよく似ているかも。二人とも策略に満ちています。それと負けず嫌い。それで幸せをつかむことができるのかなって思ってしまいます。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です