独孤伽羅-どっこから-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
楊堅は、宇文護が敵と通じている証しを探しに屋敷に忍びこむが、哥舒に見つかってしまい、怪我を負う。毒に侵されるが、伽羅のおかげで一命をとりとめることができた。二人は少しずつ心を通わせていくようになっていた。

一方、曼陀は、自分の子を跡継ぎにするために、邪魔者である李澄に罠をかけていた。

伽羅と楊堅は、夫婦としてやっていけそうですね。でも、曼陀は、どこまでひどいことをするのかしら?では、今回は、34話から36話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

34話 衝撃の暴露

李昞は、李澄が曼陀との婚姻を根に持っていると思い、李澄を辺境の候方城に追いやる。
かわいそうね!

朝議で、宇文護は、宇文毓を無視して、新興郡主を公主に封じる勅命を下す。宇文毓はそれに激怒するのだが、挑発に乗れば一大事になるといって、宇文邕に止められる。

それを聞いた般若は、宇文毓に冷静になるようになだめるのだが、宇文毓ともめて、倒れてしまい、不正出血をする。

般若が倒れたことを聞きつけた宇文護は、急いで駆けつける。制止する宇文毓を突き飛ばし、宇文護は、般若は自分の女だと言う。そして、死産だった子の父親は自分であることを暴露する。
なんてことを!

宇文毓は、伽羅を呼び、あの時の子の父は誰なのだと問い詰める。宇文毓は答えないのなら、殺すと言い放つが、そこに般若が入ってくる。

般若は、子の父は宇文護であると認める。そして、自分の過ちであるから、己の手で始末をしたとすべてを打ち明ける。
隠さないのですね!

般若を信じられなくなっている宇文毓に、般若は、お腹にいる子はあなたの子で、心の中にいるのもあなただけであると告げ、信じられないのなら、剣で一突きするように促す。

伽羅は、宮中であったことを、楊堅にすべて話す。すべての原因が自分のせいであると考えてきた伽羅だったが、楊堅から、すべては運命なのだと言われる。

35話 初めての口づけ

龍興寺での一件を知ってしまった宇文毓を、なだめられるのは宇文邕しかいないと考え、楊堅は、自ら宇文邕を訪ねる。
楊堅のやさしさですね!

参内した宇文邕は、宇文毓が酒を飲み荒れているのを見て、一緒に飲みながら、伽羅と娶ることができない自分のつらい気持ちを語る。

般若は、自分が犯した罪を償うために、宇文毓に離縁状を渡す。すると宇文毓は、その離縁状を破り捨て、娶ったからには死ぬまで朕の妻だと言って、般若を許すのだった。

そして、宇文毓は、子どもが生まれたら、すぐに譲位をして、家族3人で平和に暮らしたいと告げ、般若も同意する。
本当に同意したのかしら?

伽羅は、楊堅が宇文邕に頼みに行ってくれたことのお礼を言う。そして、楊堅は、愛していることを告白し、伽羅に口づけをする。

李澄から亡き母のための供養の品が送られてきた。それを見て、李昞は、李澄に亡き母の誕生日に家に戻るように命じる。

法事が行われている中、若い女が、いきなり入ってきて、自分の胸を簪で刺し自害する。すると、側にいた侍女が、李澄に手ごめにされたせいであることを告げる。
いきなりの展開でびっくりしました!

これは錦娘の仕業であったのだが、李昞は、すべて李澄の非情さから起こったことであると李澄を批難する。

36話 執念の仇討ち

一連の出来事はすべて曼陀が李澄にかけた罠であった。曼陀は、李澄を廃嫡にするまで、追い込もうと考えていた。
そこまでしなくてもいいのに・・・

曼陀は、出産を予定日より遅らせて、元旦に子供を産もうと考えていた。そのために雇った侍女の顧氏にお腹をさすらせていた。

ところが、曼陀が早産となり、女の子を産むと、顧氏は、産まれたばかりの子をわざと落とし、殺してしまう。顧氏は、かつて曼陀が死に追いやった馮氏の敵を討つためにやったのだった。
復讐ですね!

それを知った曼陀は、顧氏と侍女たちを殺し、子どもを取り上げた産婆を利用して、李澄の叔父の梁家にすべての罪を着せた。
すごいことになってしまいました!

梁家を調べても、証拠が出てこないので、困っている李昞に、王氏が、朝廷に知られる前に李澄を罰し、曼陀が産む子を跡継ぎにすることを上奏するようにと説得する。

曼陀は、自分の子を失い、つらい思いをする。そして、曼陀が出産のときに部屋に戻って寝ていた李昞に恨みを抱くのだった。

般若のところに、李昞からの上奏文が届く。しかし、李昞を許すことができない般若は、李澄の職を解き、李昞に罰金を払わせ、曼陀を郡主に昇格させる勅命を下すように宇文毓にお願いする。
般若が真相を知ったら驚くでしょうね!

曼陀は勅命を受けたあと、元気になったら里帰りするようにという般若からのことづけを聞く。

34話から36話の感想

曼陀は、本当にひどいことばかりしますね。そして、殺人まで犯してしまって・・・自分の子どもを殺されて必死だったのでしょうが・・・曼陀が出て来るシーンは、心が寒々とするようなことばかりですね。

心温まるシーンは、伽羅と楊堅ですね。やっと愛を語りあうことができて、二人の距離が縮まりました。伽羅も楊堅も優しくて、曲がったことがきらいなので、ぴったりですよね。もし楊堅が曼陀と結婚していたらどうなったのでしょうね?楊堅は運がいいのですよね♪

宇文護は、宇文毓に、暴露をしたくてしようがなかったのでしょうね。宇文毓を痛めつけるのには一番ですものね。でも、二人の関係は、かえってよくなったようですね。宇文護には、信じられないことかもしれないですね!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です