独孤伽羅-どっこから-あらすじ-40話-41話-42話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
楊堅は、曼陀の本性を知り、伽羅に、自分の愚かさをあやまり、死ぬまで伽羅一人を愛することを誓う。

曼陀は、麗華の存在を知り、楊堅に、伽羅と宇文邕に隠し子がいることを告げる。それを知った楊堅は、宇文邕に、麗華の素性を聞きに行くが、宇文邕は、はっきりとは告げず、楊堅が誤解するような言い方をわざとするのだった。

宇文邕が楊堅を試したのでしょうか?でも、楊堅も伽羅を信じてあげないとね!では、今回は、40話から42話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

40話 守るべき命

楊堅は、過去のことをすべて捨て、二人で生きていこうと伽羅に告げ、麗華のことは何も言わなかった。

楊堅は、麗華が伽羅と宇文邕の子どもであることを受け入れ、育てていく覚悟があることを、宇文邕に告げる。
男らしいですね!

般若の体はますます弱っていた。子どもが生まれたら、実の姉にも会わせたいと、般若は娘への思いを強めていた。

宇文毓は、楊忠を都に戻し、宇文邕を蒲州刺史にする勅命を下していたが、宇文護がこれに反対をし、宇文毓を指示する楊堅と宇文毓が兵を率いて、宇文護の兵と対峙することになる。
大変なことになりました!

宇文護が宇文毓を捕まえるよう命じ、兵士が戦い合い、宇文毓は捕まってしまう。宇文護を奸臣にするために、宇文毓は自害をしようとする。

しかし、そこに身重の身である般若が、夫を守るために駆けつける。宇文毓を殺そうとする宇文護に、宇文毓が死ぬなら、自分も死ぬと言って、自害しようとするが、宇文護は、それを制止し、騒動はおさまることになる。
宇文護は、やはり般若には弱いのですね!

宇文毓たちは軟禁される。そして、般若は、産気づいてしまうのだが、後宮には太医はいなかった。
命が危ないかも・・・大丈夫かな?

宇文護は、自分に刃向かった楊堅と宇文邕を自分の屋敷に呼び、批難するのだが、宇文護は、帝位を奪い取れるよう、二人を利用し協力させるのだった。

41話 野望の代償

宇文護の屋敷に残された宇文邕は、楊堅に伽羅をあきらめた本当の理由を話す。そして、二人の間のわだかまりが解ける。

宇文護の命令で、太医を呼んでもらえず、般若は、侍女たちだけで何とか皇子を産み落とすが、般若は危篤となる。
般若が死んでしまうの?

危篤の知らせを聞いて、宇文護が太医に診させるが、太医は、哥舒から命じられ死産させる薬を飲ませていたので、助けることは難しいと告げる。
宇文護が自分で命じたのよね!

般若は、自分の命が長くないことを悟り、子どものことを宇文毓に託す。

皇子は生まれてすぐに亡くなってしまうのだが、宇文護は般若に知られないように、隠しておくのだった。
最後のやさしさね!

般若は、二人の妹に、自分が死んだあとは、二人で手を取り合って、独孤の天下の予言を実現してほしいと言い、伽羅には麗華のことをお願いするのだった。

そして、きれいに身支度をした般若は、宇文護を呼ぶ。般若は、自分の子を皇太子に立ててほしい、宇文毓を皇帝として生かしてほしいとお願いをし、宇文護に看取られながら、息を引き取る。
やはり最後は宇文護ですね!

宇文毓は皇后の冥福を祈るため、重要な政務や軍務を太師に任せることにする。これはすべて宇文邕の指示だった。

独孤家にいる麗華が急な病気であるとの報せが入る。

42話 渾身の反撃

熱を出し、泣いている麗華を、楊堅は伽羅と一緒に世話をする。そして、熱が下がって安心した伽羅に、麗華が元気になったら楊家に引き取ろうと提案をする。
楊堅いいですね!

麗華を伽羅と宇文邕の子どもであると勘違いしている楊堅に、伽羅は、真実を話す。

そして、二人は曼陀のところに行き、麗華は、般若と宇文護の子であることを話す。そして、伽羅は、なぜ自分を何度も陥れるのかと聞くと、曼陀は、憎いからだと答えた。
曼陀ははっきり言いますね!

曼陀は、今までの自分の人生を嘆くのだが、それを聞いていた楊堅は、曼陀がひたすら人を欺き、過ちを他者のせいにしていることを指摘し、今後はお互いそれぞれ別の道を行くことになる。
縁を断ち切ったのですね!

宇文毓は、宇文護に毒を盛られ、自分の余命が残り少ないことを悟り、宇文邕を説得し、皇帝を継ぐことを決意させる。そして、楊堅を随州刺史に任じた。
楊堅は、ここから隋との縁ができるのですね!

宇文毓は、朝議で、勅命を下し、宇文邕を皇帝とする。そこへ、宇文護が入ってくる。宇文護は宇文毓に挑発され、つかみかかろうとするが、宇文毓は倒れ、そのまま死んでしまう。そして、宇文邕が皇帝として即位する。
宇文毓が最後に自分の務めを果たしましたね!

出発の前に独孤家の屋敷を見に来た曼陀に、伽羅は、この世にいる唯一の姉だから、体に気をつけてと声をかけるのだった。

40話から42話の感想

とうとう般若が死んでしまいました。太医が毒を盛っていたなんて信じられませんね。まさか太医が仕掛け人なんて、さすがの般若も気がつかないですよね。せっかく皇子を産んだのにかわいそう!でも、まさしく野望の代償なのですかね。少し欲張りすぎた気はします。

そして、あとを追うように、宇文毓も死んでしまいました。宇文護は、般若の願いなど始めから聞く気はなかったのでしょうね。でも、宇文毓も生きていく気力はないですよね。般若も、子どもも殺されてしまったのですものね。

曼陀から憎いとはっきり言われても、最後の別れで曼陀にやさしい言葉をかけるなんて、伽羅は素直できれいな心をもっていますね♪曼陀が少し変わってくれればいいのだけど・・・

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です