独孤伽羅-どっこから-あらすじ-52話-53話-54話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
宇文邕は、自分の命がもう長くないことがわかり、楊堅に、今後いかに宇文贇が愚かでも、第二の宇文護にならないでほしいと頼む。

宇文邕は、遺言として、帝位を宇文贇に継がせ、楊堅を大丞相に任命すると告げる。そして、最期の時間を伽羅と二人だけで過ごし、伽羅に看取られて死ぬ。

宇文贇は、どんな皇帝になるのかしら?愚かな行為をしそうでこわいですね!では、今回は、52話から54話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

52話 新皇帝の裏切り

宇文邕の後をついで、皇帝となった宇文贇は、遺詔に背いて、養母のアシナ皇后と実母の李娥姿を皇太后とすると宣言するが、臣下たちから反対され、腹を立てる。
子供っぽい皇帝ですね

国喪の期間であるにもかかわらず、宇文贇が酒色にふけっていることを麗華がとがめたことで、二人はけんかになってしまう。

曼陀が、任官の年になった李淵を連れて、都にやってくる。
宇文邕がいなくなったのを幸いに都に来ましたね!

曼陀は、皇宮に参内すると、早速、宇文贇に取り入る。宇文贇は、自分の母が、身分が低いために皇太后になれないことを曼陀に相談すると、曼陀は、別の尊号をつけることを提言し、皇后を服従させる策としては、名家の娘を妃とすることを進言する。
曼陀の悪事がまだ始まりました!

宇文贇は、早速、目に留まった蔚遅柱国の孫娘で西陽郡公夫人の熾繁を自分の寝殿に連れていき帰さなかった。それを知って取り返しにきた西陽郡公を殺してしまう。

熾繁を引き取りに来た蔚遅逈に、宇文贇は、すべて宇文憲と楊堅の陰謀であるとだまし、自分に取り込む。そして、蔚遅逈を、楊堅と同じ輔政の大臣に任じた。

宇文贇は、楊堅を陥れようとするのだが、他の臣下たちが楊堅の見方をし、うまくいかず、諦めるのだった。
そんなに簡単には楊堅を排除できませんよね!
宇文贇は、実母を帝太后とし、蔚遅柱国の孫の熾繁を貴妃とすることを宣言する。

53話 失望と希望

宇文贇は、自分が楊堅を殺そうとしても、麗華がまったく動じないことに立腹し、暴挙に出たり、遊興にふけるようになった。

楊堅は、宇文贇をそそのかしたのが、曼陀であるとわかると、曼陀を山寺に送ることにした。そして、李淵を、自分が引き取るのだった。
曼陀を軟禁できてよかった!

宇文贇は、麗華の心をつかむどころか、心が離れていく一方で、いらいらが募っていた。二人が大喧嘩になり、宇文贇に殴られた麗華は頭を打ち、気を失ってしまう。

伽羅は、宇文贇をとがめ、平手打ちし、刃を突き付ける。
さすが伽羅ですね!

すると、麗華が殺さないでと言って、止めるのだった。伽羅は宇文贇から兵符を取り上げ、麗華を連れて帰ろうとするが、麗華は宮廷に残ることを選ぶ。
麗華の心は複雑ですね!

伽羅は、兵符を楊堅に渡し、1年間、宇文贇の様子を見て、もし、改める気配がなければ、楊堅の野望をかなえるように告げる。

宇文贇は、麗華と仲むつまじく暮らすために、譲位し、楊堅に国政を委ねることを表明する。
皇帝の地位がないほうがいいのですね!

そして、幼い皇太子の宇文闡が即位する。しかし、1年が過ぎた頃、宇文贇は不慮の死を遂げる。

楊堅は、蔚遅逈の反乱をおさえると、権力を一手に握る。

宇文闡が禅譲を願うが、悪評を恐れ、踏み出せないでいる楊堅は何度も固辞した。

伽羅は独孤の天下を信じ、帝位を狙うなら、悪評を恐れないでと楊堅に告げたのだった。
伽羅のお墨付きをもらえました!いよいよですね!

54話 天下統一

宇文闡が譲位して、楊堅が皇帝に即位すると、国号は隋に改められた。宇文闡は介国公に封ぜられるが、変わらず厚遇された。
念願の皇帝の地位を手に入れました!

弟の独孤順と王氏が、曼陀を山寺に迎えに行く。
曼陀を外に出して大丈夫なのかしら?

兄弟たち皆が集まる宴が催される。そこに、李淵が来るのだが、李淵は、曼陀にはそっけない態度をし、伽羅を慕うのだった。

曼陀は、性懲りもなく、楊堅と伽羅を陥れようと、王氏を縛り付け、皇宮の抜け道を吐かせようとする。
恩のある王氏を縛り付けるなんて!

宇文闡が殺されたことを知った楊堅は、自分が疑いを受けることを懸念する。すると鄭栄が、宇文家の血を引く6人を、陳の刺客の仕業に見せかけ、皆殺しにすることを進言する。しかし、楊堅は、伽羅との約束を破ることはできず、承諾をしなかった。

鄭栄は国の存亡がかかっていると考え、自分が官職を辞し、すべて自分が勝手に行うと告げ、楊堅は黙認をする。
鄭栄の素晴らしい判断ですね!

伽羅は、楊堅がこのことに関わっているのではと疑うが、楊堅は、宇文一族の死と関わりはない。もしそれに偽りがあれば、隋の命運は50年で尽きると伽羅に誓うのだった。
この言葉が隋の命運を決めてしまったのですね!

隋は、梁と陳を滅ぼし、中原を統一した。そして、突厥も漢民族に服従を示した。

楊堅が天下統一をしたが、伽羅はどうしても喜ぶことができなかった。

楊堅は、天下が統一され、戦が起こることはもうない。独孤の天下で、まさに天下無敵であると思うのだった。

52話から54話の感想

楊堅がとうとう皇帝になることができました。すごい道のりでしたね。でも、伽羅にはまったく喜びの表情はなく、暗い影をおとしている感じでしたね。伽羅は、戦で民が犠牲になることを嫌っていたし、なにより宇文邕との約束を守ることができなかったことも原因なのでしょうね。にこやかな笑顔を見ることができなくなってしまいました。

楊堅は、自分の誠意を伝えるときにすぐに誓うのですね。でも、誓っても破ってしまうのだから、だめですよね。薬断ちを誓ってからは、決して薬を飲まないということを貫いている伽羅とは、とても対照的です。宇文一族の死と関わっていないという誓いもうそですものね。それに偽りがあれば、隋の命運は50年で尽きるなんて言ってしまって、これが本当になってしまうのだから、簡単に誓いを立てるべきではないのですよね。

次回はいよいよ最終話です。楊堅と伽羅の考え方がずれているように思えたけど、大丈夫かしら?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です