狼殿下-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

渤王に思いを寄せる迄貚の宝娜公主の機嫌を損ねないため馬摘星の婚約を伏せることになり、渤王府は大混乱!しかし気付いた公主が援軍の盟書を焼き、迄貚への帰国途中で誘拐されたため、渤王が投獄される事態になりますが、摘星が公主の奪還に成功します。

公主の引き起こした混乱が、結局渤王と摘星の心の結びつきを強くした展開に見えますが、ここから二人の関係が意外な方向にこじれていきます。さらに疾沖が二人の関係にひびを入れようとしてややこしいことに。渤王のツンがここから暴走特急化していきますよ!

スポンサーリンク

【狼殿下-Fate of Love-】(ネタバレあり)

第13話「賞金稼ぎの男」

疾沖は雇い主についてはとぼけたものの、「明日の申の時に南坡の山神廟で公主を引き渡す約束」と明かす。疾沖は馬摘星に恩を売って借用書に拇印を押させ、「返したいもので返せ、返す時には取り立てに行く」と言って去っていく。摘星一行は都に戻り、公主を隠して皇宮に入る。無事を知った皇帝は喜び、摘星から内通者の存在を聞かされ、皇宮で公主を守ることにする。今回の件で公主はすっかり摘星になついていた。
白紙の借用書だなんて、簡単に捺印しちゃだめですよね!

疾沖は允王のもとに忍び込み、公主誘拐の失敗を知らせた上、渤王府が公主の馬の毒から允王を疑ってることも打ち明ける。そしてこの危機を脱する策を授けるからと1万両を要求する。その策とは、南坡の山神廟に「身代わり」を差し向けることだった。
疾沖は思った以上にしたたかで冷酷な一面がありそうですね

山神廟に向けて摘星と夜煞隊が出立しようとしたところに、解放された渤王が現れる。天牢には代わりに公主が入れられていた。渤王はようやく摘星に匂い袋を手渡し、二人で手をつないで捕り物に出かけていく。そして夜煞隊が黒幕を待っていると、何も知らずに山神廟にやってきた敬祥が、あっけなく捕らえられてしまう。
公主が天牢に入れられたのには笑ってしまいました。確かにそこが一番安全ですよね♪

允王は皇帝に「今回の黒幕を知っている」と敬祥を告発し、陰謀は今朝聞かされたと弁解する。皇帝は舅に共謀しなかった允王を許し、敬祥を凌遅刑に処す勅命を下す。敬楚楚は両親を助けるよう夫に懇願するが、何もできないと言われ絶望で倒れる。報酬を受け取りに来た疾沖は、允王に死んだふりができる薬・断息散を与え、命を懸けて疑いを晴らすように勧めたため、允王はその薬を口にする…
凌遅刑は人間の身の肉を少しずつ削っていく、最も苦痛の大きい刑だそうです…

允王が自責の念に駆られて毒酒を煽ったものの、一命をとりとめたということで、皇帝は允王と敬祥との共犯の疑いを打ち消し、渤王を疑ったことについて謝罪する。摘星の大功のおかげで迄貚王が人質解放を決定し、第四皇子・楚有禎が帰国することに。
允王はごまかしきったのでしょうか?皇帝が完全に疑いを消したとは思えないのですが

公主は渤王府に戻り、恩返しに摘星に弓を教えると言い出すが、実はかなり下手くそだった。これまで何をしても褒めたたえられてきた公主にとって、偽りのない言葉を向けてくる渤王と摘星は努力して認められたい初めての存在だった。これまでの自分を反省し、憎まれ口をたたきつつ、公主は笑顔で迄貚へ帰っていく。
公主は11人も兄がいるのですね。その末っ子長女だからこの我儘?それ怖い…

公主の帰還で渤王は摘星の労をねぎらい、欲しいものを尋ねると、摘星は「欲しいのは純粋で真摯な、嘘偽りのない心」と答える。馬婧と夜煞隊が、どうしても二人にあらためて七夕を過ごして欲しいと願い出て、やり直しの七夕を祝おうとするが、渤王は「それがまかり通るならかつての過ちをすべて無に帰したい」と言う。摘星が選んだ巧果には赤い糸が入っており、天が定めた縁だと喜び二人の小指を赤い糸で結んで蛍を放つが、なぜか赤い糸がぷっつりと切れてしまう…
夜煞隊がこういうのに付き合ってくれるようになったのは、相当な変化ですよね!

渤王は摘星に「狼仔」と呼ばれ、隠し事を打ち明けるよう言われたため、「父の敵は楚馗だ」と打ち明ける。しかし摘星に「父上は生きている」と笑われてしまい、夏侯義も死なず、この8年は悪夢だったと知った狼仔は安堵して摘星を抱きしめる…
どう見ても夢… でもそんな世界線があったら二人はどうなっていたのでしょう

スポンサーリンク

第14話「決意」

渤王は摘星と別れてからの8年間の出来事が悪夢だと知り、自分は今も「狼仔」のままだと喜んで摘星を抱きしめるが、摘星から「楚馗の道具」と矢を向けられたために摘星を殺してしまい、楚馗から非道な言葉を浴びせられる… というところで、渤王は悪夢から現実に引き戻される。今後決して摘星を楚馗の道具にしないためには、摘星を冷たく突き放すのが唯一の守る術だと考える。渤王は夜煞隊にも、摘星に対し私情を捨て距離を置くよう命じる。三人に「馬府を滅ぼしたのは誰だ」と現実を突き付け、それが最善の選択だと語る。
突き放すべきかもしれないけど、それをなぜ勝手に一人で決めてしまうのかと…

摘星は早起きして渤王のために朝餉を作り、馬婧に以前に比べて女らしくなったとからかわれる。そこに街の子供が凧を王府に入れて泣いているというので、自ら梯子に登ってとってあげるが、それを見た渤王は心配なのを押し隠して叱り飛ばす。昨日までとは異なり冷たく無視された摘星は、不審に思いながらも自分が無分別だったと反省する。
この先も摘星が何かする時、渤王心情カメラワークが足元を丁寧に追います。普段は忘れがちな摘星の足ですが、転ぶのではという渤王の心配がカメラの動きで察せられます

皇帝は渤王に、迄貚に向かい第四皇子を引き取ってくるよう命じるが、途中奎州城を通るので里帰りのために摘星を伴うように言われる。摘星に恩を売って愛情を渤王に引きつけて利用しようという皇帝の思惑に、一層摘星を遠ざけなければと思う。
摘星は海蝶に、渤王たちの態度が急変して自分を避けるようになった理由を尋ねるが、気のせいだとかわされる。しかし渤王の荷造りをしているうちに、渤王が書いた「断(切る)」の文字を見つけ、それを見た馬婧が「切る」が二人の仲の拗れを招いた災いだと、赤い糸を願かけして手首に結びなおす。その糸を見た渤王はことさらに摘星につらく当たる。
黙って遠ざける以外の方法があったのではないかと思わずにはいられません

スポンサーリンク

允王は疾沖の才能を買い、迄貚行きの途中で渤王を暗殺するよう依頼する。皇子暗殺なのに疾沖が動じない様子に、允王は「つらい過去を持つか、高貴な生まれ」と推測するが、疾沖は過去を語らない。允王は疾沖の勧めで溍軍と接触を図ると、溍軍が渤王待ち伏せの策略にあっけなく応じたため、疾沖と溍軍との関係を不審に思う。疾沖はかつて摘星と交わした契約書を見て、そろそろ遊んでやろうと考える。
そういえば敬楚楚はどうなったのでしょう。允王もどんどん闇が深くなっていきますね

渤王一行は奎州城まであと二日の位置まで進み、摘星のもとに突如疾沖が隊列の相馬師として姿を現す。疾沖と摘星が話しているのを見た渤王は引き離そうとするが、疾沖はこの先の道は危険だと忠告する。それが裏付けられ、追加料金で案内人の役目を与えられることに。渤王に冷遇されている摘星を見て、疾沖は不和なら殺した後悲しまず好都合だと笑う。
渤王と疾沖の初対面!火花バッチバチ飛んでますね~♪疾沖の表情の変化がすごいです

馬瑛亡き後の奎州城城主・李城主は、摘星の寵愛のおこぼれにあずかろうと考え、渤王に必死で胡麻をする。摘星は渤王を狼狩山に誘うが突っぱねられ、それを見ていた疾沖は、歓迎の宴で奎州の女子なら誰でも踊れる「王女の舞」を披露するよう摘星をけしかける。摘星は脚のためこれまで舞を覚えることがなかったが、宴までに稽古することに。
馬瑛の後任はろくでもない俗物が就任していたようですね~

疾沖は溍の刺客に宝娜公主の令牌と筆跡を似せた文を渡し、それを持って迄貚兵に化けて渤王をおびき出すよう指示する。疾沖は相手に顔を見せなかったが、刺客が溍の将軍・程良だと知っていた。程良は疾沖の声に聞き覚えがあると思う。
疾沖はやはり溍の関係者ということになりそうですね

渤王の歓迎の宴には、以前摘星に求婚して断られた柳石ら三人も招かれていたが、渤王に取り入るため卑屈に振舞う。宴が始まり、王女の舞が披露されるが、舞姫が摘星だと知って渤王は驚く。李城主は渤王のために郡主が習得したと得意げに語る…
この三人がまさかの再登場になるとは!まさにどの面下げてという感じですが…

スポンサーリンク

第15話「懐かしの洞窟で」

宴で摘星の「王女の舞」が披露され、その美しさに渤王は密かに心を動かされるが、表向きは身の程を弁えよと手厳しく非難する。柳石たちは尻馬に乗って摘星を傲慢だと嘲り、昔の求婚の無礼を蒸し返し、渤王は摘星を宴から追い返す。しかしその後渤王は祈家、喬家の不正を指摘して財産を没収し、柳石には杖刑100回を命じる。
渤王心情カメラワークが足元を追っていますね♪ 三人はいい気味です!

摘星は渤王の部屋で帰りを待っていたが、帰ろうとする摘星を引き留め、渤王は無理やり押し倒すが拒まれ、興ざめだと部屋から追い出そうとする。それでも渤王のことを受け入れようとする摘星に、「巧果の糸は私が切った」と言い、突然態度を変えたのは摘星に身を引かせるためだと、わざと摘星の前で妓女を部屋に呼ぶ。さすがの摘星も部屋を飛び出す。
そこまでしなくてもいいのに、と思いますよね…

疾沖が馬府に向かったと知った渤王は、異変に気付き後を追う。疾沖は宴で摘星が愚弄され泣かされたと聞き、好物の山査子飴で慰めようとしたのだ。疾沖は渤王に「目の前にいる者を大事にするべき」と説くが無視され、摘星の部屋を訪れると姿がない。疾沖は摘星の捜索令をと願い出るが渤王が相手にしないため、自分で探すと飛び出す。渤王は、摘星の悪口を言った李城主から城主の座を取り上げる。
疾沖も渤王も、本音がどこにあるのかわからないですね

渤王は「悲しい時、星ならどこに行くか」と考える。その頃疾沖も摘星が口にしていた狼狩山のことを思い出していた。そして雷雨の中、狼狩山で倒れた摘星を渤王が助け、かつて摘星が狼仔を手当てした洞穴で介抱する。渤王が洞穴を離れたすきに疾沖が摘星を発見し、もう諦めろと諭すが、摘星は朝廷と馬家軍のために耐えなければと思う。
結局一番摘星のことを理解して守れるのは渤王なのに、じれったいですね

追日が異変を察知し、洞穴の外を見た疾沖は渤王が来ていたことを察する。それを告げると摘星が期待する表情を見せたため、適当に言っただけだとごまかし、疾沖は摘星の渤王への想いを諦めるように仕向けようと切々と説得し、冗談で笑わせ優しさを見せる。
疾沖にこんな風に慰められたら、かなりグッときますよね。でもこれは計略ですね…

渤王のもとに公主の使者が来訪し、令牌と「伏虎林で待つ」との文を持ってきていた。その使者は溍の将軍・程良で、令牌と文は疾沖から渡された偽物だが、摘星に公主との密会を見せつけたい渤王は気付かずに承諾する。渤王が思いを捨てることを望んでいると理解した摘星は、見せかけの夫婦を演じることに従う。疾沖は相馬師を辞任し報酬を返却する。疾沖は摘星が傷つけられて出て行ったせいだと語り、摘星を慕っていると言う…
なんという宣戦布告!疾沖はただものではないですね♪

13~15話の感想

允王は疾沖の策略で、敬祥を犠牲にして自分だけが助かることに成功しました。疾沖の策があまりに冷酷なので、ひょうきんな表の顔からはわからない、隠された本性が怖くなります。
しかし本当に允王は皇帝の疑惑の目を逸らせたのでしょうか?依然として皇帝の中に疑惑は生きたまましまわれているだけのように思われます。そんな父帝の性格を理解していたら、允王もさらに陰謀を重ねるようなことはしてはいけないと思うのですが。

しかし、あんなにいい感じに渤王と摘星の愛が育ちつつあったのに、皇帝の思惑を避けるために摘星を急に突き放すなんて、あれはあんまりです。摘星が必要以上に頑張り屋さんなので、なんとか関係をつなぎとめようとしてそのたびいたぶられ、見ているだけで胸が苦しくなる展開でした。摘星を大きな敵から守ろうとして、そのために傷つけていたら守ることになっていないですよね。

そしてその二人の諍いに乗じて疾沖が摘星をかっさらおうと、甘い言葉で優しくかきくどいていますが… 「君の心がわかる」という男にはたやすくついて行ってはいけません!疾沖の方もちょっと遊ぶつもりが、摘星の涙につられて次第に本気になっているような。
疾沖の存在感が物語の展開をぐらぐらと大きく揺さぶってくるのを感じますが、彼の正体がわからないうちはどうも落ち着かない感じです。摘星が疾沖に傾くのか、狼仔への想いを貫くのか、これからどうなっていくのか大いに気になりますね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!中国ドラマ.com編集長のクルミットです!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする