狼殿下-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

公主誘拐事件を摘星の活躍で乗り切ったことで、渤王と摘星の心の距離は一層深まりますが、皇帝が摘星を利用しようとするのを避けるため、渤王は唐突に摘星と距離を置くことに。そこで疾沖は傷つけられる摘星を慰めつつも、允王と組んで渤王の命を狙おうとします。

摘星を守るために傷つけるというややこしい渤王の思いに、疾沖が絡むことによってさらに面倒なことになってきました。そこに今回、煬国皇帝家の末っ子・勲王有禎が帰国することで、皇帝一家の抱える家族問題が浮き彫りになってきます。これ以上摘星が傷つく姿を見たくないのですが、渤王との冷たい関係に改善の兆しは見えてくるのでしょうか?

スポンサーリンク

【狼殿下-Fate of Love-】(ネタバレあり)

第16話「伏虎林の罠」

「郡主を慕っている」と宣言した疾沖は、馬摘星の想いを踏みにじる渤王を非難する。疾沖は摘星から赤い糸を取り上げ、二人で奎州城へ向かう。渤王は伏虎林で宝娜公主に会うため、南遼塔での第四皇子の出迎えを莫霄に任せることに。
摘星は渤王と拗れるにしても、疾沖と行動を共にするのはいかがなものかと…

摘星は翌朝、疾沖の姿が見えないため捜しに出るが、そこで南遼塔から抜け出してきた宝娜公主と出会い、伏虎林での密会が仕組まれたものだと気付く。摘星は渤軍を伏虎林に呼ぶよう手配し、公主と二人で救出に走る。渤王が伏虎林へ出発するのを見に行っていた疾沖が宿に戻ると、摘星の書置きがあり、摘星と宝娜公主が渤王を助けに行ったことを知る。
公主のフリーダムさが何でもぶち壊しにするのも、こういうパターンならOKですね♪

摘星と公主は、伏虎林で迄貚の衛兵が殺され、衣服を奪われているのを発見する。一方渤王は、待ち合わせ先に公主の不在を不審に思い、鋭い聴覚で攻撃を回避するが、文衍と共に罠に捕獲されてしまう。そこに摘星と公主が急襲し、敵が怯んだ隙に渤王が人間離れした力で反撃する。一同が逃げ出したところに疾沖が現れ、摘星が疾沖への矢を庇って受けてしまう。摘星は遠のく意識で、渤王が自分を抱いて駆けているのを見る。
疾沖は渤王を足止めして敵にアシストするつもりが、思わぬ誤算ですね

疾沖は追っ手を引き受けると見せかけて、迄貚兵に扮した程良に話しかける。程良は疾沖を「元帥」と呼んで跪く。程良は、疾沖が溍を離れる前の配下だったのだ。疾沖は程良に馬瑛襲撃事件の真相を調べるように命じる。溍には戻らないのかと聞かれ、疾沖は「今は守るべき人がいる」と答える。
溍と縁を切った、とはどういうことでしょうか。将軍より上の元帥なら、王族でしょうか

疾沖は無理やり摘星を見舞うが、出血のため矢を抜けない危機的な状況を見て呆然とする。渤王は文衍に矢を抜かせるが脈が消えてしまい、渤王も疾沖も激しく動揺する。そこに公主が持っていた救命丹という貴重な薬により危機を脱する。
疾沖も摘星を傷つけたのは自分のせいだと、深く反省して欲しいですね

公主は摘星と渤王との不仲を心配していたが、渤王の様子を見て安堵する。渤王は薬に感謝し、迄貚への報告を公主に任せる。疾沖は渤王に摘星への冷たい態度の理由を問いただすが、渤王は「陛下に申し訳が立たないから」と言い逃れ、怒った疾沖は「楚馗に拾われた狼」と罵声を浴びせるが、渤王は摘星を守るために耐える。
疾沖の誤解と思い込みがさらに事態を悪化させることになりそうで…

疾沖は摘星の枕元で渤王を非難し、文衍はそれを否定しようとするが、渤王が「摘星の負傷は自業自得」と言い放ったのを摘星が聞いていた。渤王は疾沖を追い出そうとするが、摘星は逆に渤王を追い出す。文衍は摘星に真相を話すべきと進言するが、渤王は「摘星が生きてさえいればいい」と言う。摘星と疾沖は互いに心の傷を抱えていると打ち明け合い、摘星に「君の狼仔になりたい」と申し出、摘星はようやく笑顔を見せる。
文衍だけは渤王の本心を理解しているのですね

摘星を射た矢尻は迄貚ではなく溍軍のものとわかり、襲撃の兵士の練度からも溍軍の精鋭部隊ではないかと見られた。渤王は軍内に間者がいると見て夜煞隊に調査を命じる。
衣服を奪った時に弓矢も奪えばいいのに、詰めが甘いですね!

計画の失敗に允王は激怒し、渤王と第四皇子を都帰還前に殺そうと考える。それを聞いていた敬楚楚に考え直すよう説かれて突き飛ばし、敬楚楚は流産してしまう。一方、あらためて渤王のもとに盟書を届けに来た公主は、渤王に贈り物があると言う…
允王はやることなすこと全部自分に返ってきているような…

スポンサーリンク

第17話「義兄弟の確執」

宝娜公主の「渤王への贈り物」とは、第四皇子こと勲王・楚有禎だった。縛り上げられた勲王の姿に渤王は思わず苦笑するが、渤王を嫌う勲王は激しく食って掛かる。勲王は摘星に「渤王に恨みを持つ者同士」と共感を求めるが、摘星は渤王への恨みを否定する。渤王は、今回の襲撃は溍の仕業だと摘星に知らせ、摘星の怒りに疾沖は密かに困惑する。
ようやく勲王登場ですが、これはまた公主の男版みたいな我儘坊やですね!

皇帝は勲王の帰還を待ちわび、成長を楽しみにする一方、人質に送ったことで恨んでいるだろうかと心配する。そこに敬楚楚が密かに皇帝へ密書を送り、それを見た皇帝は急ぎ渤王を呼び戻すように命じ、允王による自分と勲王殺害計画を知った渤王は直ちに帰京する。
敬楚楚は夫のせいで父と我が子を失い、さすがに抑えきれぬものがあったのでしょう

スポンサーリンク

渤王らが参内すると、允王は激しく拷問を受けた様子で、渤王を見てこれまでの恨みを渤王にぶつける。皇帝は允王の皇陵送りを命じるが、勲王が兄の免罪を嘆願し、実の子よりも渤王が可愛いのかと皇帝を非難して出て行ってしまう。見かねた摘星は「第四皇子は陛下を案じていた」と話し、それを聞いた皇帝は涙し、勲王に父の思いを伝えるために献上品の梨を贈る。渤王と勲王のとりなしを頼まれた摘星は、第一皇子の死の経緯について尋ねる。
末っ子は怖いもの知らずのようです。皇帝は意外と父としての苦悩が深いのですね

数年前の溍攻めの邠州の戦で、勲王は密かに前戦近くの第一皇子に会いに行くが、副将の寝返りで渤王がただひとり戻ってきた。勲王が第一皇子を救出に行こうとしたため、渤王が勲王を失神させて連れ帰った。その後皇帝が第一皇子の部隊を渤王に与え、勲王は渤王の裏切りを疑ってきたのだ。それを聞いた摘星は皇帝一家の関係をとりなそうとする。
戦場に気楽にお出かけしたくせに、勲王は良く知りもせず決めつけている感じがします

久々に渤王府の門前に立った摘星は、優しかった渤王を思い出すが、馬婧は摘星にその優しさは見せかけだったのだと言い聞かせる。摘星の鈴の音を耳にしていた渤王は、摘星が門前で入りあぐねているのを察していた。渤王の冷たい態度に摘星は勲王府に行こうとするが、渤王はこの先三月は兵部に泊まるから顔を合わせない、と言って出ていく。
渤王が距離を置こうと決心して以来の帰還なので、王府にはいい思い出がいっぱい…

渤王が王府を出て以来、莫霄は訓練と称して渤王に厳しく当たられていた。渤王は訓練に、摘星は法要の準備に各々没頭していたが、配下はそれを気持ちから目を逸らす逃避だと見ており、海蝶は「二人を会わせれば渤王の気が晴れるのではないか」と考える。
一方、勲王は疾沖と兄と呼んで懇意になり、渤王への反発から摘星に疾沖と一緒になってもらいたいと思っていたが、摘星は忙しく口説く暇もない。そこで勲王から「東市の射的の屋台」で摘星に腕前を披露してはと唆され、疾沖はその気になる。
海蝶が珍しく女子っぽいことを言い出しましたね♪

渤王は海蝶に「東市の射的の屋台で弓矢の達人を発掘しては」と勧められる。もちろん東市に摘星が出かけるのを承知で、二人が顔を合わせることを狙ったのだ。馬婧が疾沖に「狼仔と渤王は生き写し」と打ち明けたため、疾沖は摘星に「渤王に狼仔の面影を重ねて代用品にしている」と指摘する。疾沖は莫霄と海蝶の策で摘星と引き離され、摘星は玉の蝶の景品につられて射的の屋台に引き寄せられるが、そこで渤王と出会ってしまう…
二人を会わせるのはいいけど、疾沖が絡んだらさらに渤王の機嫌が悪化するのでは?

スポンサーリンク

第18話「明かされた真相」

東市の射的の屋台で摘星に出会った渤王は、射的に挑戦すると言い出すが、渤王が矢を放つ前に疾沖が見事的中させる。その後に渤王も成功させたため屋台の店主は玉の蝶を出し渋る。二人の勝負がつかず店主は二度も銅環の数を増やすが、疾沖が剣で銅環をたたき割りつつ矢を命中させる。そこで渤王が勝負を降りたため玉の蝶は疾沖の手に。
玉の蝶はとられるし銅環は壊されるし、これでは店主大損ですね♪

疾沖が祝福の人々に囲まれている間に、渤王は摘星を担ぎ上げて物陰に連れ込むが、摘星はその中途半端な優しさに反発し、渤王は摘星が持ち続けていた匂い袋を投げ捨てる。しかしその後摘星が見ていると、渤王は風を読んで投げ捨てた匂い袋をつかまえていた。それができるのは狼仔以外にいないと気付いた摘星は急いで馬を走らせ狼仔が落ちた崖に向かう。疾沖に「ここから落ちて助かるのは狼だけだ」と言われ、摘星は渤王が狼仔だと思い至る。翌日、摘星は勲王の第一皇子の姿絵を見せてもらい、真相が明らかになるだろうと語る。
渤王が狼仔だと気付いたら、どんなに冷たくされても離れなくなりそうですよね

勲王府で騒動と聞き渤王が駆け付けると、疾沖が楊厚を殺して勲王を人質に籠城、渤王との対話を要求しているという。勲王救出の全権の盃を受けた渤王は、単身勲王府に乗り込み、疾沖との交渉を試みる。疾沖は部屋に毒性の竹丁草を焚いたと明かし、渤王は次第にしびれる。疾沖が二つある解毒薬の一つを飲み、渤王は疾沖から解毒薬を奪うと、勲王に飲ませる。
なんだか唐突な人質事件が発生しましたが、楊厚は本当に死んだのでしょうか?

そこに皇帝と摘星が入ってきて、摘星が渤王の家族愛を証明するために筋書きを書いた芝居だと明かす。摘星は射的の勝負で渤王が剣を使わなかったことで、渤王の剣は牙獠剣の柄と第一皇子の龍舌剣を鋳なおしたものだと気付いたのだ。摘星は渤王が第一皇子の死で何か事情を隠しているのではと指摘し、皇帝は勲王に伏せていた真相を語り出す…
張錦と禁軍が先にいた時点で何か変とは思いましたが、なんという危険な芝居!

邠州の戦は第一皇子・有裕の圧勝のはずだったが、副将の裏切りによって戦況が一転する。そこに勲王有禎が謀反を知らず戦場近くに出向いたとわかり、敵の挟撃を食い止めるため有裕が渤王に龍舌剣を託し、毒を盛られた有裕は吊り橋を落として退路を断ったのだ。
真相を知った勲王は、自分が兄を殺したのも同然だと悲嘆にくれる。渤王は勲王に、有裕が遺した鎧を渡し、自責の念に駆られるだろうから伏せていたと語る。勲王が摘星から託された文には「郊外の断崖で命を懸ける」とあり、渤王は急いで摘星のもとへと向かう…
第一皇子を失う原因だったことを知られないように、勲王を人質に出したのでしょうか

16~18話の感想

迄貚で人質になっていた勲王・楚有禎が帰国しましたが、宝娜公主だけでも十分お釣りが出るほどうんざりするのに、この我儘皇子勲王も同時に抱えていたとは、迄貚王にお疲れ様と言いたくなります。しかし、公主も勲王も根は悪い子ではなさそうで、ちゃんと言い聞かせると正しい方向に修正されそうでしょうか?この子が将来皇帝になりそうな流れですが、今のままだと不安しかありませんね。

しかし前回渤王の意地悪がネチネチと続いていたので、そろそろ摘星に救いが欲しいところでしたが、皇帝一家のいざこざをうまくまとめて見せました。結構余計なお節介をしたように見えてハラハラでしたね。皇帝は摘星を気に入って意外に心を開いているようですが、彼はそんな単純にカワイイオヤジじゃないですよね!

そして摘星は渤王が狼仔だと気付いたようですね!渤王が冷酷モードになっている時の表情と、狼仔モードになっている時の落差が大きくて、ずっと狼仔モードになっていて欲しいです。摘星を挟んで対峙している疾沖も、普段は疾沖という遊び人を演じている風ですが、摘星が射られた時に完全に素に戻った表情がたまりませんでしたね!それぞれ隠し事のある二人の男が、どっちが先に摘星に本当の素顔を見せられるようになるのかが、恋の行方の決め手になるのでしょうか。なんて贅沢な三角関係♪
今のところ完全な一方通行で、摘星と渤王の仲を裂こうとして再三オウンゴールを決めがちな疾沖ですが、三人の関係がこの先大きく変化することはあるのでしょうか?次回はまた新たなキャラクターが登場して、物語をかき回すことになりそうですよ!

(再放送の際に字幕が訂正されていなければ、17話と18話で「勛王府」の扁額がかかった王府門の映像で「渤王府」と字幕が表示されますが、あれは「勲王府」の誤りのようです。渤王府だと話が混乱するのでお気を付けください)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!中国ドラマ.com編集長のクルミットです!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする