狼殿下-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

渤王に馬家軍ごと摘星を処分させようという皇帝・楚馗の策略に反し、馬府襲撃の真相を知った馬家軍は造反し、摘星は父の敵が溍ではなく煬だと悟ることに。溍の川王だと身分を明かした疾沖により救出された摘星は深く傷つき、渤王と煬国へと恨みを燃やしていきます。

これまでは煬国で話が展開していましたが、今回から舞台が溍に、そして迄貚へと移っていきます。傷ついてすっかり恨みに取りつかれてしまった摘星が、新たな環境で心を建て直せるのか、そして摘星を失った渤王はどうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

【狼殿下-Fate of Love-】(ネタバレあり)

第28話「弓に込めた想い」

溍兵に取り囲まれた渤王は、無事五里離れたところで馬婧を解放すると約束し、撤退する。魏王は疾沖に、今回の出兵は溍王の命だと語るが、疾沖と父・溍王との間には確執があり、疾沖は「父のために溍に戻るのではなく、摘星のためだ」と突っぱねる。
溍王の親子関係は煬の皇帝一家以上にこじれていそうですね~

勲王は渤王に疾沖や摘星との敵対の理由を問いただすが、事情を教えてもらえず子ども扱いに怒る。渤王は馬婧に奔狼弓を渡し、「これで私を殺せ」と摘星に伝言して釈放する。
摘星は「今後馬摘星と馬家軍は、溍王と川王に命を捧げる」と帰順を誓うが、疾沖の身分を知った今は、以前とは異なり距離を置いた態度をとる。そこに馬婧が無事に戻り、奔狼弓と渤王の言葉を伝える。摘星は必ずこの弓で復讐を果たすと言い、疾沖は摘星の変化に戸惑う。
勲王にとっては青天の霹靂の変化でしょうね。しかも事情を教えてもらえないし…

帰還した勲王は、直接馬府襲撃の真相について問いただし、皇帝を激怒させる。渤王は摘星殺害に失敗し、疾沖が溍王の息子だと報告するが、皇帝は摘星ひとりで何ができるわけでもない、と考える。
皇帝は摘星の生存を結構甘く見ていますが、後々悔やむことになりそうですよね

疾沖に連れられた摘星は、溍の都・泰元に到着する。馬婧は疾沖が王宮に入らないことから、7年前に溍を出た理由に疑問を呈する。一方、溍王宮の宮女たちは李炬嶢(疾沖)が許されたのかと大騒ぎするが、大総管・史恩はそれをたしなめ、溍王が許したかどうかはわからないのが、父子の雪解けの気配を感じていた。
この史恩という宦官はかなりキャラが濃い感じですね!疾沖は宮女たちに大人気♪

徹底した強兵政策により泰元には物乞いの姿がないことに摘星は感心するが、疾沖は父王のことを傲慢無礼な上に頑迷固陋だと評する。疾沖をかつての配下・克朗らが見つけ再会を喜ぶが、摘星は道端に戦狼を見かけ、渤王が尾行しているのだと馬に乗って追いかける。人混みの多い市に馬で乗り込めば大惨事となるため、疾沖は急いで阻止に走る。
煬国の地方都市である奎州城と同じくらいの規模の国でしょうか

結局摘星は犬を狼と見間違え、市に混乱を招いたため魏王に嫌味を言われる。単身で溍王に謁見するが、すでに市での騒動を聞いていた溍王は摘星に休養を命じ、軍の統率を学ぶよう言い聞かせる。溍王は「炬嶢の認めた女子」の実力を虎視眈々と見定めようとしていた。
溍王は楚馗よりは少しは話が通じそうな感じがしますが、どうでしょうか

摘星が心配でこっそり王宮に入り込んでいた疾沖は、史恩に発見されこれまでの不義理をなじられる。史恩は溍王に会わせる前に支度をさせようと、まずは好物の汁物をふるまうが、それは父子の好物で亡き疾沖の母が作っていたものだった。史恩は父王の炬嶢への思いを語って仲直りを促し、「疾沖の立場で馬家軍や摘星が守れるか」と突き付ける。
悪童疾沖と史恩のコンビは今後の癒しになりそうですね♪

摘星は手が血まみれになるほど弓矢の練習に没頭していたが、そこに川王の姿に着替えた疾沖が現れる。急いで良き将軍になろうと必死な摘星は弓の名手である疾沖に教えを請うことになるが、疾沖は教える代わりに条件として言うことを聞いてもらうという…
毎度こうやって疾沖は摘星に条件だの貸しだのを増やしていくパターンですね~

スポンサーリンク

第29話「焦燥」

泥酔した勲王が渤王府に殴り込み、摘星を追い出したことをなじる。これまで渤王が払ってきた犠牲を思い幸せになって欲しいのに、父の傀儡になっている渤王を、自由にして摘星のもとへ行ってほしいと本音を吐き出し、酔いつぶれて倒れる。渤王は王府に残っていた女羅草を見つけて、すべて捨てるように命じ、摘星の部屋も片付けさせる。
有禎ちゃん、かわいすぎるじゃないですか…

摘星が寝食を忘れ兵書を読み漁っていたところ、疾沖は自分の朝食を摘星に選ばせる。宮女が皆疾沖に夢中なのを見て摘星は全部を選択するが、疾沖はその全部を完食するまでは弓を教えられないと言う。疾沖は「1.馬家軍を率いて渤王に対抗し続ける」「2.過去は忘れて疾沖と共に天下をさすらう」「3.川王に嫁ぐ」の三択を提示するが、摘星は1しかありえないと答え、疾沖は「恨みで自分が求める物を忘れるな」と諭す。
溍王宮は結構フリーダムですね!宮女たちの川王推しが熱いです♪

疾沖は「溍王に対抗できる者に会わせてやる」と摘星を連れ出し、前朝の長公主・屛芫の住む棠興苑を見せる。謎に包まれている屛芫公主に会うため、疾沖は史恩に話を聞き出す。屛芫公主は戦火を生き延びたものの、顔に傷が残ってしまったため公主を名乗らず静かに暮らしたいと望んだのだという。疾沖は溍王を牽制するため、屛芫公主に馬家軍の後押しをさせようと考えるが、溍王の許可なしには会えないとわかる。
屛芫公主は摘星の母なのでは?彼女は亡くなったのに、ここにいる人は誰?

スポンサーリンク

勲王は自分が目覚めたのが渤王府で、しかも昨夜自分が刀で渤王を殺そうとした上に本音を言ったと知って驚く。勲王は渤王と共に亡き兄・有裕の墓に参り、これまで渤王が払ってきた犠牲を思い「もう二度と独りでは戦わせない」と誓う。そして敵同士になったものの愛し合う二人が戦うことのないよう、渤王と摘星を守ってと祈る。
朝、文衍にあんな風に無言の圧で起こされてみたいですよね~♪

摘星と馬婧は屛芫公主の後押しを得るため、こっそり棠興苑に忍び込む。すると屛芫公主と母の誕辰が同じの上、庭に女羅草がたくさん植えられていることに気付く。摘星は屛芫公主に会って訴えるが、顔を隠されて敵討ちへの協力を拒絶されてしまう。摘星は根気よく訴え、母が好きだった女羅草を差し出すと、屛芫公主は摘星のことを「私の知人にそっくり」だと気付き、一緒に馬家軍を見に行くことに。
彼女は屛芫公主本人ではなくても、ごくごく近い人物、なのかもしれませんね

屛芫公主と摘星が馬家軍を見に行くと、ひどく軍紀が緩んでいた。摘星は馬邪韓を怒鳴りつけて訓練を開始させ、病み上がりでふらふらの馬家軍を厳しく叱咤する。その頃溍王は、摘星が屛芫公主を連れ出したことを知って激怒し、馬家軍の軍営に駆け付けて摘星が冷静さを欠いていると訓練を中止させようとするが、摘星はまだ続けようとする。
そういえば馬家軍は瘴気にさらされてボロボロだったのでしたね

駆け付けた疾沖が馬家軍の軍令で訓練中止を命じ、馬邪韓が軍令を渡していたと知って摘星は逆上する。疾沖に水槽に投げ込まれ、渤王への復讐で頭がいっぱいになっていた摘星は、事情を理解してようやく頭が冷える。疾沖は摘星に軍令を返し、主将になるための勇気を言い聞かせる…
疾沖が川王になったことで責任感溢れる王子らしい言動になってきて、別人のようです

スポンサーリンク

第30話「課せられた使命」

自らの過ちに気付いた摘星は反省し、お返しに馬邪韓に命じて疾沖を水槽に放り込ませ、ようやく笑顔を取り戻す。
疾沖がお姫様抱っこされてドボン…最高ですね♪一同の笑顔が素に見えますね!

迄貚で新王が即位するため、煬国に招待状が届く。新王は前朝で人質だった人物のため、皇帝は不穏に感じつつ、渤王と勲王を迄貚の即位式に遣わし、新王の本音を確認させることに。
新王は、勲王が迄貚に抱いているような、前朝に近い気持ちを抱いている可能性あり?

摘星は度重なる過ちを溍王に詫びるが、その姿を溍王は「疾沖に似ている」と言う。溍王は唯一敬服する渤王の主将としての判断力を挙げ、心が何かに囚われていれば多くの死を招くと諭す。そして迄貚と煬国の盟約を破綻させるため、即位の儀への派遣を命じる。渤王もそこに遣わされると聞き、摘星は動揺しつつも承諾する。疾沖は難題だと懸念を示すが、摘星には溍王から授けられた隠された計画があるという。
摘星と渤王の再会がこういう形で演出されるのですね~

渤王は海蝶と莫霄を伴い、摘星は疾沖と馬邪韓を連れて、迄貚の木葉山を目指してそれぞれ出立するが、摘星たちは途中で魚が水面で跳ね踊る不思議な現象を目撃する。木葉山では宝娜公主が摘星と待ち合わせており、これまでの事情を聞いて摘星に同情するが、盟約の破棄は簡単ではないと言う。疾沖と摘星は迄貚の衣裳に着替えて新王に面会することに。
久しぶりの公主!苦しい場面が続いたので彼女の姿になぜかホッとしてしまいますね

渤王一行も木葉山に到着する。勲王は一行の指揮を取るつもりで張り切り、それに甘えて渤王は戦狼と狩りに出かける。その戦狼の気配を感じた馬家軍の馬が騒いだため、疾沖が矢を命中させる。その戦狼が渤王のものだとわかり、疾沖はとどめを刺すように摘星を一人にするが、迷っててできない。渤王が戻ってこない戦狼を捜すと、矢傷が手当てされていた。「狼を助ける人間は知る限りただ一人だ」と後を追うが、摘星の後ろ姿から迄貚の侍女だと思い、何者なのか疑問に思う。
摘星が冷徹に軍を率いるには、狼を手当てする優しさが邪魔しそうですね…

宝娜公主は摘星を新王に引き合わせようとするが、女官長が侍女姿の摘星を勘違いして、渤王の天幕へ連れて行ってしまう。渤王は後姿を見て戦狼を助けた侍女だと気付き、摘星の面紗を取ろうとするが、事態を知った宝娜公主が乱入してきて、渤王に夜伽の女を勧め、渤王はわざと受け入れてみせる。
絶対摘星だと気付いていますよね?気付いていない訳はないですよね?

渤王は摘星に先んじて新王と謁見する。渤王は新王の天幕に前朝の陣太鼓があることに気付くが、新王は「もう特別な感情はない」と言う。そこに、摘星が飛び込んでいこうとするため、疾沖と宝娜公主は止めるが、摘星には今を逃すと台無しになる策があるという。
宝娜公主は新王にごり押しして摘星と疾沖を天幕に呼び入れ、「溍国の友人」として紹介する。溍国の王子と馬瑛の娘の登場に新王は困惑するが、摘星から馬家軍の離反の事情を知らされ、煬国の不誠実さに驚く。渤王は摘星の登場にも驚かず、事情も否定しない…
新王は宝娜公主の長兄ですが、父親みたいに見えますね!

28~30話の感想

これまで煬国を中心に話が展開していたのですが、今回から迄貚と溍国の様子も描かれるようになりました。迄貚は契丹をモデルにしているだけに、典型的な辺境の遊牧民らしい描写ですが、新王が前朝の人質になっていただけあって、勲王より中原の教養に造詣が深い人物という描写なのが面白いですね。溍国の方は主君の違いが国の空気に現れるという感じで、煬国が腐敗した自由主義という雰囲気なのに対し、溍国はちょっと窮屈な程度に規律が行き届いた国家のような感じでしょうか。
でも、史恩と疾沖のキャラクターのせいもあり、溍国王宮の方が楽しそうに感じられるというか、溍王の方がまだしも付き合いやすそうに見えてしまいますね♪

その溍のプラス要素になっているのが、やはり疾沖の存在ではないかと思います。史恩に「悪童」、溍王に「馬鹿息子」と言われている疾沖ですが、疾沖の方はまだ確執から抜け出せずにいるものの、溍王は肝心な時には息子を守り助ける、そこに愛情の深さを感じます。
これが煬国だと、楚馗は息子であっても早々に損切りしそうな冷酷さがありますよね!渤王は「いつ切られてもおかしくない」という危機感から如才なく振舞っていますが、勲王は唯一の実子という危機感のなさと幼さゆえ、父帝の怖さをまだわかっていないのでしょう。

舞台が変わって新しいキャラクターが登場し、摘星の亡き母の屛芫公主を名乗る女性という新たな謎も発生してきました。摘星は恨みと焦りで追い詰められていましたが、疾沖たちの支えで余裕を取り戻せたようです。ここから煬、溍、迄貚の三国の駆け引きが摘星の行末をややこしいものにしていきそうですが、できれば摘星がこれ以上傷つかないことを願わずにはいられません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!中国ドラマ.com編集長のクルミットです!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする