瓔珞-エイラク-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇后の意識戻らず、高貴妃がいなくなった柴禁城・・その間に嫻貴妃に昇格した嫻妃。なんだか嫻妃の思惑通りになっている気がします。
早く皇后が目を覚まし、再び瓔珞を呼び戻さないと、大変なことになりそうな予感です!

今回は34話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

34話

乾隆帝は瓔珞に言われた言葉を参考に年貢免除を指示することに。
そこで今まで瓔珞に厳しくし過ぎたことを思い返し、「あの者の喜ぶ顔が見たい」とつぶやく乾隆帝。
乾隆帝の瓔珞への気持ちに変化が?

皇后の元へ行く乾隆帝。
「皇后・・瓔珞を赦免する。嬉しいのは分かっておる。そなたが目覚めるのなら、あの者に掟の無理強いはしない」と皇后に話しかける。
そこで瓔珞に知らせようと乾隆帝に瓔珞が来ていることを知らせる爾晴・・。
爾晴がなぜ積極的に教えるのでしょう?

瓔珞の元へ行くと、瓔珞は傅恒の着替えを手伝っている所だった。
それを見た乾隆帝が激怒し、去って行く・・どうやら爾晴は嫉妬し、瓔珞と傅恒が2人でいる所をわざと見せた様子。
なんだか仕組まれているような・・

ある日、瓔珞の部屋から高貴妃を呪い殺すために巫術を使った人形が出てきて、乾隆帝の尋問を受けることに。
どうやら劉女官の元に密告があった様子・・瓔珞に聞くと「何者かが私を陥れるために人形を隠したのでしょう」と無実だと話す。
瓔珞の前に人形を放り投げ「証拠は出ている。罪を認めよ」と詰め寄る乾隆帝。

瓔珞が窮地だと袁から教えられた傅恒は皇后の元へ。
「姉上、聞こえているはず。姉上の仇を討ってくれた瓔珞が危ないのです。助けてやってください」と悲痛な思いを訴える傅恒。
皇后は目覚めるのでしょうか?

どうやら高貴妃に突き落とされた衝撃で流産してしまった様子の皇后。
「眠り続けるのは流産を受け入れきれないから?後宮の争いに疲れたのですか?」と問い詰める傅恒・・すると皇后の指がかすかに動き、涙を流す皇后。
・・すると爾晴は「瓔珞を救える方法があります」と声を掛けてくる。
爾晴・・何を企んでいるのでしょう?

その頃、瓔珞は「木製の人形を高貴妃が亡くなって2か月も外に放置していれば、湿っていて当然。しかし、この人形は腐りも湿りもしていない。何者かの陰謀です」と自分自身で無実を証明し、劉女官は連行されていく。
すると潔白が証明された瓔珞に「侍衛と逢引した罪は?」と問い詰め、連行されてしまう瓔珞。
乾隆帝が嫉妬しているようにしかみえないww

一方、傅恒は爾晴に言われ、乾隆帝の元へ。
そこで瓔珞を助けるために「陛下のご意向に従い、爾晴を娶ります」と話す傅恒・・。
その結果、瓔珞は釈放される。
爾晴の狙いはこれだったんですね!

そんな瓔珞の元へ行く傅恒・・。
そこで爾晴と婚姻したことを話し、以前瓔珞にもらった香り袋を返す傅恒・・すると「いらないなら捨てる」と投げ捨ててしまう瓔珞。

瓔珞は傅恒に背を向け「あなたを信じていた。もう二度と会いに来ないで」と涙を流す瓔珞・・そんな瓔珞を見ながら、香り袋を拾い上げる傅恒・・。
結ばれないと分かっていても、かすかな希望を信じていただろうに・・

戻った瓔珞が袁に「兄さん、胸が痛い!悲しい・・」と初めて失恋という感情に押しつぶされそうになる瓔珞。
そんな瓔珞を抱きしめ「二度と傷つきたくないなら、他人に真心を捧げてはならない。お前の外見は氷のように冷たいが、心は温かい」と慰める袁・・。

35話

爾晴との婚姻をした傅恒を呼び出す純妃。
そこで瓔珞のために自分を犠牲にしたことを問い詰める純妃・・どうやら純妃は傅恒に想いを寄せていた様子で妃嬪になってからも文を送り、自分の贈った房をつけているのは想いが通じているからだと勘違いしていた様子。
純妃はだから反対していたんですね!

傅恒が去った後、嫻皇妃が劉女官と共にやってくる。
「全て純妃様の指示で瓔珞を陥れた」と話す劉女官・・しかし「何の覚えもない」と潔白を証明すると劉女官の下を切れと指示する嫻皇妃。
嫻皇妃は純妃を手なずけるつもりなのでしょう・・

嫻皇妃が去ったあと、「嫻皇妃は全てお見通しよ・・」と変わった嫻皇妃を恐れる純妃。
どうやら瓔珞を陥れようとしたのは純妃だった様子。

ようやく意識を取り戻した皇后は傅恒を呼び出す・・。
「あなたと瓔珞が不幸になるだけじゃなく、爾晴も不幸になる。どんな代償を払ってでも陛下に撤回していただかなければ」と心配する皇后。
しかし「決断に責任は持ちます。お許しを」と後戻りできないと出て行く傅恒。
もう少し、皇后が早く目覚めていれば・・

気が重く、食事を取らない皇后。
そこに乾隆帝がやってくるも傅恒の婚姻が撤回しないと話す。すると「なぜ傅恒と瓔珞の仲を引き裂くのですか?」と問う皇后。
確信をつく質問ですよね!

「傅恒には不釣り合いだからだ」と怒り出す乾隆帝・・すると皇后は笑い出し「陛下は瓔珞をお気に召した。妃にしたいのでしょう」と話すも「妄想だ」と去って行く乾隆帝・・。
「あの2人には幸せになって欲しかった・・」と明玉につぶやく皇后・・。
皇后は乾隆帝の気持ちを見抜いている様子・・

その頃、純妃の髪を結いながら「皇后様がいくらお優しくても人生の保証はしてくれないわ。10年後、20年後・・血の分けた子どもすらいない寂しい生活を続けるの?」と話す嫻皇妃・・。

36話

ある夜、長春宮に行く予定を変更し、御花園にいるという純妃の元へ行く乾隆帝・・。
そこで故郷の思い出話を話す純妃・・「華やかな後宮には美しい女子が多く、陛下の寵愛は永遠とは限らない。それが怖くて、お慕いしていたのに、陛下を遠ざけたのです」と涙を流す純妃。
そのまま純妃と夜を過ごすことにした乾隆帝・・。
皇后と友人の純妃が・・これは嫌な予感が・・

仕事をしている瓔珞を見かけた乾隆帝は、皇后が目覚めたことを伝えるも、誰の面会も通さないことを心配していると相談する。
そして「長春宮にて皇后に仕える気はあるか?」と聞く乾隆帝に「皇后様にお仕えしたく存じます」とひれ伏す瓔珞。
乾隆帝は瓔珞を許してくれるのでしょうか

一方、傅恒と爾晴が婚儀の夜を迎える。
爾晴の嬉しそうで幸せそうな表情とは違い、傅恒は浮かない様子・・「後悔はしていないが、瓔珞を忘れるには時間がかかる」と話す傅恒。
そんな傅恒を「信じて待つ」と話す爾晴・・。
強引に傅恒を自分の物にしたことをいつか後悔する日が来そうな爾晴

その頃、瓔珞は長春宮に戻ることと引き換えに、自分の罪を償うと乾隆帝に誓い、大雪の中で歩き続けるという罰を受けていた。
倒れ込む瓔珞に近寄る袁・・しかし「私の罪は万死に値します」と立ち上げる瓔珞。
・・そのうち、歩くこともままならず、這っている瓔珞。そこに乾隆帝がやってくる。
倒れてしまう瓔珞を抱きかかえ、養心殿へ連れていき、侍女たちに瓔珞を綺麗にしてやれと命令する。
許してくれたのでしょうか?

目覚めた瓔珞は乾隆帝は赦免してくれたと聞き、喜ぶも、鏡に写る自分に驚く。
侍女たちは「瓔珞さんにお祝いを」と言い、去って行く・・訳がわからない瓔珞。
すると扉が開き、乾隆帝が入ってくる・・。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 34話・35話・36話 感想

瓔珞と傅恒・・お似合いの2人だったのに、身分の違いがあるにせよ、幸せになって欲しかったです。素直になれず、強がって冷たく接する瓔珞の本当の気持ちを察してくれた傅恒・・瓔珞のためだとはいえ、爾晴を結婚するとは。
それにしても傅恒を自分の物にしたいという欲を瓔珞を使って叶えるなんて、誠実で聡明な爾晴も男女のことになると変わってしまうものなのですね・・残念です。
そして綺麗に着飾った瓔珞の元にやってきた乾隆帝・・瓔珞は長春宮に行けるのでしょうか? 




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です