瓔珞-エイラク-49話-50話-51話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-49話-50話-51話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
令嬪から令妃になった瓔珞。
乾隆帝の寵愛を受ける瓔珞に嫉妬心丸出しの妃嬪たち・・表向きは平気な顔をしている純貴妃ですが、一番嫉妬してそうですよねww
令妃になった瓔珞への嫌がらせがまたエスカレートしそうな予感です・・。

今回は49話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

49話

自害している所を傅恒が発見し、一命を取り留めるも、今にも息絶えそうな青蓮。
「押し花のしおりを作ってくれたのも、衣を着心地よいように洗ってくれたのも、全てお前だ。青蓮・・お前の真心は使用人以上だ」と感謝の気持ちを伝える傅恒。
青蓮は傅恒をずっと想っていたようですね・・

「若様、過去に浸っても報われません。もっと幸せになってください」と言い、亡くなってしまう青蓮・・「ありがとう」と言葉を掛ける傅恒。

青蓮を妓楼に売り飛ばした爾晴に離婚を切り出す傅恒。
しかし爾晴は「離婚したいのなら、私を殺せ」と言い出し「青蓮はあばずれよ。楽に死ねただけましよ」と悪びれた様子がない。
爾晴はどんどん醜くなっていきますね・・

そんな爾晴を「もう妻ではない。追い出せ」と命令するが、そこに母が入ってきて「奴婢のために離婚する気か」と非難される傅恒。
そこに傅謙が福康安を連れてくる・・息子を抱き「福康安には私が必要」と主張する爾晴。
「死んでも離婚しない」と爾晴は額を打ち付ける・・。

すると「離婚はしない。しかし今日から尼寺に身を置き、一生、仏に仕えよ」と言い放ち、去って行く傅恒。

一方、乾隆帝に呼ばれた瓔珞は、皇帝が食べ終わるのを待たなければいけない掟を「ただ待っているだけでは、つまらない」と一緒に食事をしようとする。
しかし、ずっと話ながら食事をする瓔珞に黙るよう注意すると、今度は乾隆帝の質問にも答えないなど、困らせる瓔珞。
きっとこんな瓔珞に困りながらも、乾隆帝は放っておけないのでしょうねww

どうやら機嫌の悪い様子の乾隆帝・・しかし慰めもせず、困らせる瓔珞。
すると諦めた乾隆帝は「ファラン部が反乱を起こし、招撫使が殺されてしまった」「緑営千人が全滅し、兆恵将軍が苦戦しているため、援軍を送りたいが誰も行こうとしない・・1人を除いては・・」と打ち明ける。
政に悩んでいるようですね・・

名乗りを挙げたのが傅恒だとすぐにわかった瓔珞は「将は戦が使命です。戦で死ぬことに悔いはないはず」と話し「富察皇后様はこの世で一番、傅恒殿を理解しておられる。傅恒殿は番犬なのではなく、果てなき空を飛ぶ海東青なのでは」と諭す。
瓔珞は富察皇后の事や傅恒の気持ちを一番理解している人物なのかもしれません

瓔珞の助言により、傅恒を戦へ向かわせることにした乾隆帝。
瓔珞は輿から傅恒に微笑みかける・・頷く傅恒・・傅恒は「私を見送ってくれた」と海蘭察に話す。
瓔珞と傅恒には、何も言わずとも通じるものがあるのでしょう・・

ある日、乗馬を瓔珞に教えている乾隆帝。
最初は一緒に馬に乗り、教えていたが、慣れてきて大監の連れてきた小さな馬に1人で乗る練習をしている瓔珞。
すると、突然、馬が暴れ出し、瓔珞は落馬しそうに・・そこで乾隆帝が瓔珞を抱き止め、助ける。しかし、瓔珞は右手を骨折してしまう。
これは誰かの企みでしょうか?

どうやら瓔珞の乗った馬の餌に混入物が混ざっていたようで「陛下が身を呈して守っていなければ、令妃様は頭から落馬し、命も危うかったはずです」と乾隆帝に報告する海蘭察。
瓔珞の命を狙っていたようですね・・

その夜、瓔珞の見舞いに訪れる乾隆帝。
落馬は陰謀だと話す瓔珞に「不吉な話はするな」と慰めるも「もしも、黒幕が見つかったら裁いてくれますか?」と聞くと「もちろんだ」と話す乾隆帝。
・・どうやら乾隆帝も腕を負傷している様子。

50話

瓔珞を落馬させた黒幕を探すことにした乾隆帝。
すると怪しい人物が純貴妃の憔悴宮に入っていったことが判明し、純貴妃に会うことにした乾隆帝。
瓔珞を疎ましく思うとしたら純貴妃でしょうねww

乾隆帝は「令妃の馬に小細工がしてあった」と話し、黒幕について「皇后は国母であり、令妃が朕から寵愛を受けても地位が揺らぐことはない・・一体、誰の仕業か」と。
すると「まさか私を疑っているのですか?」と聞き、乾隆帝のささやかな愛で十分だと疑惑を否定する純貴妃。
しかし乾隆帝は跪く純貴妃に「朕もそなたが無実だと願う。失望させるな」と去って行く。
乾隆帝も純貴妃だと疑っている様子

その後、純貴妃を起こす愉妃。
どうやら落馬の主謀者は愉妃の様子で、関係者には賄賂を渡し、口止めしているから大丈夫だと話している。
愉妃は瓔珞に出産時、助けられたのに、純貴妃の味方をしているんですね・・

愉妃は瓔珞の元に。
愉妃は「瓔珞は富察皇后様に守られ、陛下にも寵愛され、自分は純貴妃様に頼るしか方法がない」と生き延びるには頼るしかないと話す。

すると「純貴妃は第七皇子を殺した犯人よ。そして富察皇后様を死に追いやった」と暴露する瓔珞・・恐怖心を抱くも「私は生き抜いて子どもを守りたいだけ。知りたくない」と話す愉妃。
息子を守るために愉妃も必死なのでしょう・・

そして、今までのことは全て水に流して欲しいと頼み「陛下の寵愛を受け、子どもを産めば誰も盾突かなくなる。純貴妃も私が阻止する」と必死な愉妃に「考えさせてほしい」と話す瓔珞。

一方、民への救済枚をくすねたと嫻皇后の父に不正の疑いが掛けられ、乾隆帝に会いに行き、再調査して欲しいと話す嫻皇后。
皇后の父親でも不正疑惑をかけられてしまうんですね・・

再調査を始める乾隆帝・・すると皇太后は「那爾布(皇后の父)の能力に問題があるから、那爾布の所だけで問題が起きる」「処分しないで民の怒りを鎮められるのか」と話し、実際は那爾布が米を抜き取っているわけではないことが判明しているにも関わらず、清の体面を守るべきだと説得する。
「軽率に決められない」と出て行く乾隆帝・・。
皇太后は那爾布を処刑するのが得策だと考えている様子

その夜、乾隆帝に会いたいと嫻皇后が訪れるも、那爾布の件で悩んでいる様子の乾隆帝は中へ通さない。すると部屋の前で一晩中、跪く嫻皇后・・。

51話

嫻皇后は父、那爾布は民のために頑張ったことを伝え「お立場を考えれば、罪を許せとは申しません。ただ、命だけはお助けください」と頭を下げて、懇願する。
そんな嫻皇后の願いを聞き入れ「命は取らぬ」と約束する乾隆帝。

嫻皇后は父に差し入れを持って行って欲しいと弘昼に頼む。
しかし弘昼が行くと、すでに牢屋で亡くなっていた那爾布・・。
その後、葬儀を特別に嫻皇后に仕切らせることにした乾隆帝・・しかし嫻皇后は「陛下が父を亡き者に?」と聞く。
否定する乾隆帝・・すると「それでは、皇太后様ですね」「父は善良ですが自害するなんてあり得ない」と話し始める嫻皇后。
皇后はかなり正気ではない様子・・残った唯一の家族ですもんね・・

激怒する乾隆帝に「陛下がいくら政務に励まれようと、無実の臣下を救うことも、不正を断つこともできません」と訴える嫻皇后。
「皇后、世の中はままならぬもの。家族の不幸に免じて今回だけは許そう。だが、言動を慎まねばただではおかぬ」と去って行く乾隆帝・・。

その夜、富察皇后が飛び降りた場所で立っている嫻皇后。
居なくなった嫻皇后を探しに来た弘昼が止めるも「私は飛び降りたりしない」「“我が心は君に同じくして 碧空により雲の去るのを待つのみ”」とつぶやき、月に向かって両手を広げる嫻皇后。
帰る嫻皇后を見つめながら「皇后様のお力になりたい」と話す弘昼・・。
嫻皇后と弘昼・・今後何か企みそうですね・・

瓔珞の右手の骨折は順調に良くなっている様子で添え木を取り外すことに。
解放された瓔珞はオルゴールを鳴らし、明玉と踊っていると、そこに乾隆帝が・・。
「一緒に踊りましょう」と誘う瓔珞・・しかし「興味がない」という乾隆帝の腕を取り、踊り始める。
楽しそうな笑顔の瓔珞に乾隆帝の顔も笑顔になっていく。
乾隆帝の久々の笑顔ですね!

その後、乾隆帝は「殺さねばならない者がいたら、どうする?」と瓔珞に聞く。
すると「公には死罪とし、姿がよく似た死刑囚を替え玉にしては?」と話し、那爾布のことを話していることに気付く瓔珞。

「那爾布は不正などしていない・・しかし報告を怠った上、無能で状況が読めなかった。朕は皇后に免じて尊厳ある死を与えるため流刑を申し渡したのに、まさか皇太后に先を越されるとは・・」と話す乾隆帝。
そんな乾隆帝に「完璧な人間になることは不可能です。誰に恨まれようと後悔すべきではありません」と答える瓔珞。
瓔珞はいつも乾隆帝が迷わないように、支えているイメージです

その後、瓔珞の右手はいまだに痛みを感じる様子。
すると「強がりすぎるからだ」という声をともに袁がやってくる。袁は「半年、怒っていたんだ」と言い、これからは瓔珞の傍で大総管をつとめると。

乾隆帝に呼び出された瓔珞は袁と共に向かう・・するとそこには純貴妃の姿も。
すると「ここ数日、第五皇子は咳がひどかったため、川貝で治療しておりました。川貝を草烏、川烏、附子など、烏頭類の薬と一緒に服用するのは危険・・中毒を起こしてしまいます」と話し、先日、瓔珞が愉妃の子、第五皇子に「芙蓉糕」というお菓子を与えたせいで、第五皇子の体調がよくないと話す純貴妃・・。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 49話・50話・51話 感想

青蓮を追放し、妓楼に売り飛ばした爾晴。どこまで落ちぶれていくのでしょう・・嫉妬から、もう正常な判断が出来ないのか、酷い状態ですよね。富察皇后が見たら、どれだけ残念に思うか・・。そして、皇后の父の事などで悩む乾隆帝をおどけたり、困らせたりして、笑顔にさせる瓔珞♪そんな瓔珞に嫉妬し、命を狙っている様子の純貴妃・・そして協力する愉妃。気を緩めたら殺されてしまう・・そんな恐怖感の中での生活をするなんて生きた心地がしないでしょうね~。そしてまた純貴妃の仕業なのか、瓔珞が窮地に追い込まれそうな予感です!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です