瓔珞-エイラク-52話-53話-54話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
愉妃の息子、永琪の体調の悪さの原因が瓔珞にあると指摘され、ピンチに陥った瓔珞。
しかも指摘したのは純貴妃・・これはなにかの陰謀でしょうか?
このピンチを瓔珞はどう乗り切るのか見守っていきたいです!

今回は52話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

52話

永琪は昏睡状態・・そこで疑われる瓔珞。
永琪の母である愉妃は純貴妃との仲を富察皇后への裏切りだと、瓔珞が永琪を昏睡状態にしたと訴えている。
純貴妃の企みでしょうか?

診察をした隆侍医も「骨折の際に処方された薬の中に草烏が含まれていた」と証言し、瓔珞が薬を持っていたと話す。
すると純貴妃は「令妃は陛下のご恩に報いず、妬みから毒を盛りました。令妃を罰するのは忍びないでしょうが、厳罰をお与えください。子の命を狙うなど絶対に許されぬと世に知らしめるのです」と乾隆帝に提案する。
瓔珞は反論できるだけの証拠を持っているのでしょうか?

愉妃も涙ながらに「令妃を処罰されぬなら、私は死をもって抗議します」と言い出す。すると瓔珞は「以前、申し上げた通り、寵愛を受ければ皆から悪者にされるのです」と笑い出す。
この状況で笑えるなんて、何か対策があるのでしょうか?

瓔珞は「陛下、もうすぐ証人が来ます」と袁に葉天士を呼んでくるよう伝えていたのだった。そこに入ってくる葉天士。
・・「毒を誤飲したりして、一番にすべきことは嘔吐させること」と話す葉天士。しかし劉侍医は「皇子に嘔吐する力はなく、解毒剤を飲ませた」と話す・・しかし、今も昏睡状態の永琪を見て「解毒剤が効いていない証拠。葉先生の医術を信じてください」と無実を証明すると話す瓔珞。
やはり、考えがあった様子の瓔珞!

乾隆帝もそれを認め、葉天士に治療させることに。
すると嘔吐物から草烏は見つからなかったが、消化できていない大量の人参が出てきたと・・「人参の乱用は危険です。皇子は若く、お体も丈夫なのに、適量の服用で失神し、昏睡状態に・・劉侍医は子どもの薬に詳しいのになぜこんな過ちを?」と疑問を投げかける。
昔の中国では人参の薬がよく重宝されている気がします

嫻皇后に問い詰められた劉侍医は「愉妃様が人参を使えと・・反対しても聞いてもらえず、草烏を飲んだと言い張ったのです」と白状する。
すると乾隆帝は「誰の差し金だ?」と愉妃を問い詰める・・すると「純貴妃様の指示で人参を与えました。強要されなければ、実の子をこんな目に遭わせません」と白状する愉妃。
否定する純貴妃・・。
純貴妃の仕業なのでしょうか?それとも愉妃?

すると昏睡状態の永琪が起き上がり、乾隆帝の元へ。
永琪を抱き「純貴妃は憔悴宮に監禁、他の者は慎刑司に」と指示する乾隆帝。
連行される愉妃は永琪に「今後は令妃様に従いなさい」と耳打ちする・・。
自分が連行されるときに瓔珞を頼れだなんて・・すでにこうなることが分かっていたのでしょうか?

純貴妃の侍女である玉壺を尋問する皇后と乾隆帝。
すると「私は純貴妃様の命令で、熟火処の管事・王忠に接近し、利用しました。あの晩、純貴妃様は長春宮の者を懐柔し、燃えやすい菊花炭に換え、瓶の底を細工し、王忠に命じました。その結果、第七皇子は火の海に葬られました」と告白する玉壺。
明玉も自分が虐待を受けていたことを話す。
純貴妃の化けの皮がどんどんはがれて行く瞬間ですね・・

怒りに震える乾隆帝は「純貴妃が第七皇子を謀殺した罪は許せぬ。本日より封号を剥奪、答応に降格し、冷宮に幽閉せよ」と罰を下す。

その夜、純貴妃こと純答応の元へ行く嫻皇后。
「富察傅恒への私の気持ちを知り、寂しくないよう子を持つよう勧め、寵愛を競わせた。そして永瑢が誕生したら“世継ぎにふさわしい子だ”と煽った。そして富察皇后の全てだった皇子が死ねば、皇后も後を追い、自害すると分かっていた・・あなたの狙いは皇后の座だったのね」と全ては嫻皇后の思惑で自分たちが動かされていたことに気付く純答応。
純貴妃は操られていたことに気付いたようですね

嫻皇后が去ろうとすると「傅恒も、富察皇后も私など眼中になかった。だから後悔させようと第七皇子を殺めたの。あなたは私を見送りに来たのね」と本音を話す純答応に「おやりなさい」と指示する嫻皇后。
・・純答応は首が切断されかけるほど床一面血の海の中、死んでいった。
全ては嫻皇后の思惑だったとは・・しかも自分の手を汚さず、人を動かすなんて・・

一方、瓔珞は尼寺へ向かう愉妃の元へ。
そこで「あなたがあっさり罪を認めたのは、これから何が起きるか知っていたからなのでは?」と聞く瓔珞・・。

53話

愉妃は「私は弱い女だけれど、恩は決して忘れない。純貴妃を陥れるために、近づき、あなたに手を下した」と純貴妃を利用していた事を白状し、怡嬪の仇と永琪を助けてくれた富察皇后と瓔珞への恩返しのためだったと話す。
愉妃は永琪を瓔珞に託し、深々とお辞儀をし「お元気で」と去って行く。
愉妃はわざと純貴妃に寝返ったと思わせ、純貴妃を陥れるのを待っていたのですね

純貴妃は遺体の傍に凧糸が落ちており、凧作りをしている瓔珞は、疑われることも承知で凧作りをやめない。
そこで月露知音という貴重な琴を瓔珞に贈る乾隆帝・・しかしそれを断ると怒って帰ってしまう。どうやら、意図があって乾隆帝をわざと怒らせた様子の瓔珞。

乾隆帝を瓔珞が怒らせたと知った舒嬪は、その夜、御花園で乾隆帝と月下美人を見ることに。すると「今宵は舒嬪と月を愛でる。月露知音を取り戻せ」と命じる乾隆帝。
しかし、琴を持ち出されても、動じない瓔珞。
瓔珞は寵愛を失ってもいいのでしょうか?

その後、自分の屋敷には帰らず、瓔珞の屋敷で琴を弾く乾隆帝。
その音に気付き、瓔珞が出てくる・・「陛下は私が純貴妃を殺したと疑って凧を作らせない」と話すと「そなたは殺していない」と話す乾隆帝。

「そなたを寵愛しすぎてはならぬと思っていても、やはり会いに来てしまう」と瓔珞への想いを伝える乾隆帝は、舒嬪の事を忘れ、瓔珞とともに寝室へ。
乾隆帝は瓔珞に相当ほれ込んでいる様子

一方、袁が瓔珞への薬を葉天士に処方してもらっている所を目撃する小全子・・しかし、もう一つ、何やら怪しい包を受け取っているのを確認する。
そこで、袁から薬を煎じてもらい、飲もうとしている瓔珞に「それは毒入りです!」と止めに入る小全子。

しかし「私は袁を信じている」と薬を飲み干し、小全子に罰を与える瓔珞。
袁は小全子が自分に盾突かないようにわざと見せつけた様子・・そして「私に最も必要なものだもの」と薬を服用し続ける瓔珞。
一体なんの薬なのでしょうか?

そんな瓔珞に高級な毛皮が乾隆帝から贈られる。
「陛下はお前に骨向きだ。聡明だと評判の陛下だが、お前が何を企んでいるか気付いていない・・」と話す袁・・。

54話

辛者庫から逃げ出してきた琥珀は瓔珞に助けを求める。
そこで「令妃様のお役に立つ情報を知っています」と言い出し「富察皇后様がお亡くなりになった日に爾晴さんが皇后様に会いに来られました。そこで泥酔した陛下が爾晴さんを襲い、その子を身ごもったと・・」と話していたと。
そしてそんな爾晴を押し倒し「お前の顔など見たくない」と激怒し「なぜ私の周りの人間は次から次へと私を裏切るの?」と富察皇后様は泣いていたと話す琥珀。
爾晴は皇后に全てを話したなんて・・よくそんな酷いことが・・

怒りに震えながら小全子に「私の許可なしに誰にも会わせてはいけない」と琥珀を隔離する瓔珞。
瓔珞は爾晴に必ず制裁を加えるでしょうね

親蚕礼に参加するという理由で抜け出し、乾隆帝に直談判にしに来た爾晴。
すると傅恒が子どもの出生を疑ったので、そそのかした奴婢を嫁に出したのに、私と子を引き離し、離婚すると・・どうか私と子どもを引き離さないでください」と懇願する。
「考える」と言って下がらせる乾隆帝。

そんな爾晴を富察皇后を祀る部屋へ連れていく太監たち・・そこに瓔珞が現れる。
「皇后様は突然、子を失い絶望していた。どんなことがあっても追い詰めてはいけなかった。なぜあんなことを?」と話す瓔珞。
瓔珞は何やら覚悟を決めてきている様子

「妻の座は私が勝ち取った。瓔珞が殺されてもいいのかと傅恒を脅し、自分で得たの。皇后様は口添えすらしてくれなかった」「傅恒に消えぬ屈辱を味わわせ、皇后は皇子を失ったのに、私は皇后の子を身ごもった」と笑う爾晴。
爾晴は正気じゃないですね

袁に短剣を用意させ「自害して」という瓔珞・・そこに乾隆帝がやってくるも、爾晴は息絶えていた・・。
「爾晴は皇后様の命日に陛下との密事を包み隠さず、打ち明けた結果、皇后様は失意に打ちのめされ、自害した。だから爾晴は死んで当然です」と話す瓔珞。
瓔珞はこれで処罰を受けてもいいと思っているのでしょう

そこに嫻皇后がやってくると「悲しみのあまり、主(富察皇后)を追って自害した」と説明する乾隆帝。
皇后は爾晴を急病で亡くなったことにし、乾隆帝は瓔珞を「重症な病」にしてここにいなかったことにする。

・・どうやら嫻皇后は爾晴と乾隆帝のことも知っていた様子で、琥珀を瓔珞の元へ行かせ、それを聞き、爾晴を瓔珞が殺すことも見越した上での計画だったことをお見通しの瓔珞

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 52話・53話・54話 感想

純貴妃が無残な姿で殺されてしまいました。あんなに聡明で優しく、富察皇后の友達だったのに。やはり人は欲や嫉妬の感情で悪にでも鬼にでもなってしまう生き物なんですね・・。
そんな純貴妃の気持ちを利用した嫻皇后!自分の手を汚さず、人の気持ちを利用して、自分の思うがままに動かすなんて、本当の悪魔が嫻皇后でしたね。
そして爾晴に自害させた瓔珞たち・・この方法がいいのかどうかは分かりませんが、それぐらい酷いことをした爾晴。きっと富察皇后の敵討ちをしたかったのでしょうね。
嫻皇后と本格的に戦うことになりそうな瓔珞・・最強の相手に瓔珞は勝つことが出来るのでしょうか?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です