瓔珞-エイラク-55話-56話-57話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
自分の手を汚さず、人の気持ちを利用し、自分に都合の悪い人物を排除し、皇后の座に執着し続ける嫻皇后。
一番酷く、恐ろしいのが嫻皇后だったとは、びっくりです!瓔珞はそんな嫻皇后にどう立ち向かっていくのでしょうか?

今回は55話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

55話

爾晴を乾隆帝の許可なく、死なせた瓔珞に激怒している乾隆帝。
しかし、瓔珞の元へ遣わせた料理人を取り戻す名目で、延禧宮へ行くことに・・するとそこに嫻皇后がやってくる。
嫻皇后の来るタイミングがよすぎますよね?

「太医院の1年間の記録を調査した結果、瓔珞が避妊薬の薬を服用していること」が判明し「寵愛を受けているのに避妊するのは不可解だ」と報告と忠告する嫻皇后。
激怒した乾隆帝は瓔珞の元へ・・。
瓔珞は飲んでいたのは避妊薬だったんですね!

乾隆帝は瓔珞に「皇太后に取り入ったのも、朕を突き放したり、甘えたりしたのも、高位を得て純貴妃と闘う資格が欲しかったからか?」と問い詰める。
「そうです」と認める瓔珞・・「純貴妃は望み通り死んだ。だからもう朕は用なしなのか?」と聞く乾隆帝。
瓔珞の魂胆がばれてしまいましたね・・

すると瓔珞は立ち上がり「女子は大勢いるのに、なぜ爾晴なのですか?富察皇后の義妹ですよ。皇后様は大晦日の夜に子どもを失ったうえ、恥辱まで・・容認できるはずがありません」と話し始める。

「富察皇后様は生前から陛下に利用され、亡くなってからも利用され続けた」と皇后の死を理由に沢山の都合の悪い者を処罰してきたと話す瓔珞。
そんな瓔珞に「富察皇后は皇后だ。たとえ死のうとも最後まで力を発揮できる」と話し「朕は帝王だ。帝王は無情だ・・そなたが望もうと望むまいと一生、紫禁城から出られぬ」と言い、これからは避妊薬は必要ないと去って行く乾隆帝。
乾隆帝は瓔珞を冷遇することにしたようです・・

落ち込んで帰ってきた乾隆帝に上着をかけ「皆が陛下を誤解しようと私は陛下の味方であり続けます。陛下は天子であられる。誰の指図も受けてはなりません」と言葉を掛け、慰める嫻皇后。
嫻皇后・・かなり計算高い女性だったとは・・

その後、延禧宮は冷遇されることに。
瓔珞は袁を連れ添って、嫻皇后の元へ・・「皇后様は全て掌握されていたのでは?」と全て話して欲しいという瓔珞。

私が指示したことなど一度もないと話す嫻皇后に袁を指さし「陛下を挑発し、私の避妊薬の服用と入内した秘密を暴いた・・なぜ皇后様が避妊薬の事を知っていたのか」「それは間者がいたからです」と話す瓔珞。
袁が間者!?だれも信用できないですね・・

「服用を知っていたのは私とあなただけ。あなたを信頼し、全てを任せていたのに、恩を仇で返されるとはね」と袁に話す瓔珞・・。

56話

袁は「先に裏切ったのはお前だ」「決して許さない」と白状する。
・・瓔珞は「皇后様の狙いがどうであれ、復讐を果たすことが出来ました。悔いも未練もありません」と皇后の健康と幸せを願い、お辞儀をして去ろうとするも「遠くない未来。紫禁城に御子が誕生しますね」と去って行く。
嫻皇后は乾隆帝から寵愛されるだろうということですね・・

ある日、冷遇されている瓔珞に仕える明玉をいじめる舒嬪。
帰ってきた明玉の頬には舒嬪につけられた傷が・・しかし、乾隆帝の寵愛を受けているのは皇后と舒嬪のみ。今は大人しく盾突かない方がいいと小全子に言われ、納得する瓔珞。
瓔珞が明玉を傷つけられ、黙っているでしょうか?

ある日、皇太后の元には瓔珞と舒嬪が。
そこで血で写経をしてきていた瓔珞を褒める皇太后・・それに嫉妬した舒嬪が紙の質に難癖をつける。しかし「舒嬪が使っている紙の代金があれば、民は多くの米と多くの魚を買うことが出来る」と言い返され、附に落ちない舒嬪。
瓔珞の味方は皇太后だけ・・といった感じのようですね

その帰り、瓔珞は舒嬪に「私は落ちぶれても、あなたより位が上なの」と平手打ちをし、去って行く。
そんな瓔珞を見ながら「手に負えなければ、別の者に頼むまでよ」と悔しそうな舒嬪。
一方、皇太后は自分の選んだ呉書来を排除し、袁をそのポストにつけたことで「この紫禁城に令妃がいなくなれば、皇后の天下になってしまう」と考えている様子。
皇太后も嫻皇后のことをよく思っていないようですね

ある日、母の遺品から「温椒夫人(乳母)の遺書」を見つけたという弘昼は乾隆帝に持って行く。
その遺書を見た乾隆帝は皇太后の元へ。

「温椒夫人は亡くなる前に朕に文を残しました。朕の生母はあなたですか?それとも銭氏ですか?」と聞く乾隆帝。
すると「当時、親王が病を患った時、銭氏が必死に看病し、それに感激した親王は側女に昇格させたの。でも生まれながらに富貴の運勢を持ったあなたを銭氏が育てると妨げになると占い師に言われ、私の息子として育てたのよ」と話す皇太后。

57話

乾隆帝を産んだ後に体調を崩した銭氏は、皇太后の手を取り「実の息子のように大切に育てる」と約束すると安心して目を閉じて亡くなったと話す皇太后。
そして、突然遺書が出てきたことに異論を唱え「敵は私たちを仲たがいさせたいのよ」と話す皇太后・・。
嫻皇后の仕業だと皇太后は感づいているのでしょう・・

乾隆帝が去った後、落ち込む皇太后・・すると「聞いてしまいました」と瓔珞が駆け寄る。
皇太后は「生母が誰かだけであんな態度にはならぬだろう・・遺書にはもっと深刻な何かが書かれていたのかも」と不安な様子。

一方、皇太后は嫻皇后に相談していた。
皇后は「側女だった皇太后様、しかも当時は親王には息子が1人しかいない状況・・銭氏が誰かに託そうとすれば争いが起きたはず。もしかすると託されたのではなく、奪ったのでは?」と話すと「遺書には皇太后が銭氏を殺したとあったが、真実なのだろうか」と疑う乾隆帝・・。
乾隆帝は見る目がないのでしょうか?嫻皇后にまんまと誘導されているのに・・

その後、体調を崩す皇太后。
そこに嫻皇后が見舞いに来て侍医の代わりに薬を飲ませようとする。すると「遺書を陛下に見せたのは皇后の仕業ね」と話し、皇后の手を振り払う皇太后。

皇后は「御安心ください。陛下は皇太后様を殺しません。菩薩のように無用な置物の皇太后として地位は守れるでしょう」と話すと、発作を起こし、寝台から落ちてしまう皇太后。
駆けつける瓔珞に「最後の頼みの綱が断ち切られたわね」と笑い、去って行く皇后・・。
嫻皇后の思い通りになってしまうのでしょうか?

皇太后には毒が盛れないため、治療効果のない薬を与えている様子。
瓔珞は葉天士に粥と一緒に服用できる薬を処方してもらうことに・・そして瓔珞は病で話すことの出来ない皇太后に「真相を明かしましょう」と提案すると、力強く頷く皇太后。

皇太后の味方をする瓔珞の元に慶貴人が「私は父が納蘭殿の配下にあるゆえ、舒嬪に従うしかない。でも善悪は理解している」と皇太后に効く薬の処方箋を持ってきてくれる。
乾隆帝は育ててもらった恩から皇太后を許すだろうと、その時に皇太后とのつながりも大事にしていれば、自分が生き残れると正直に話す慶貴人。
瓔珞は慶貴人の聡明さを認めているようですね

ある日、皇太后が発作を起こしたと聞いた乾隆帝は、寿康宮へ・・そこには慶貴人が「これを読めば陛下の疑問が解けるそうです」と一冊の本を手渡す。

本の内容を説明し「当時、帝位争いの真っただ中で矢傷を負った親王は銭氏と追手から逃げるために山に入るも、匪賊に囲まれてしまったようです。そこで匪賊の関心を自分に向けさせるために、皇帝の衣を銭氏が身にまとったそうです」と真相を話し始める。

「その後、銭氏は匪賊に襲われたとか、身を投げたとか・・いろんな噂がありますが、全ては先帝を守るため」「これが皇太后様の秘密です。当時、親王に仕えていた侍衛に聞いてみてください」と慶貴人が話すと、「それが真実であれば、皇太后に跪き謝る」と出て行く乾隆帝。
銭氏は自分のことよりも、先帝を守ったのですね!

・・物陰に隠れていた瓔珞は慶貴人を抱きしめ、褒める。
「動機が止まりません」と今も緊張している様子の慶貴人。瓔珞は冷遇されている自分が乾隆帝に話しても、皇太后に迷惑がかかると慶貴人に任せた様子。

翌日、王天一という先帝の元侍衛がやってくる。
乾隆帝は「そなたは幼かった朕を背中に乗せてくれた。罰を受けた時は身代わりになってくれた・・どうか朕の出自を教えてくれないか」と聞く。
すると「陛下・・銭氏は先帝を救うために名節を汚して、恥をさらしました。それゆえ、先帝の死を賜ったのです」と話す王天一。

乾隆帝は皇太后に会いに行くと、そこには慶貴人が・・。
慶貴人は「皇太后様からの言伝です」と話し始める・・「先帝は休むことなく、政務に励みながらも、親兄弟を陥れたと非難されていました。そこで君主にとって出自がどれだけ重要なことかを痛感され、陛下のために銭氏を殺したのです」「皇太后様から毒酒を渡された銭氏は黙って三拝し、自害された」と伝える。
真実が明かされ、皇太后が自分の欲のために殺したということではないという事が証明されましたね!

それを聞いた乾隆帝は静養するために出発した皇太后と瓔珞の後を追う。
「朕は母上の育ててくださった恩を忘れ、傷つけてしまいました。どうかお許しを」と跪き、謝罪する乾隆帝。
しかし「病が癒えたら皇宮に戻る」と言い、乾隆帝の顔を見ずに去って行く皇太后・・。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 55話・56話・57話 感想

瓔珞が飲んでいたのは避妊薬だったとは・・しかも間者が信頼していた袁だったとは・・もう驚きの連続で心臓がもたないですww袁は相当恨んでいる様子で、機会を狙っていたのですね・・しかも嫻皇后の方につくとは、瓔珞にとって辛いことでしょう。
その結果、乾隆帝の寵愛を受けていたのに、一気に冷遇されてしまう瓔珞・・このままでは嫻皇后の思うつぼですよね!皇太后と瓔珞で嫻皇后をやっつけて欲しいです!
そして乾隆帝は嫻皇后の企みで皇太后を誤解し、傷つけてしまいました・・この2人が再び元通り仲の良い親子に戻れる日は来るのでしょうか?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です