皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-のあらすじを感想付きで全話ネタバレで詳しく紹介!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回紹介するドラマは『皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて』です。
監督・演出は大ヒットラブ史劇『宮廷女官 若曦』を手掛けたウー・ジンユアンで、『宮廷の泪・山河の恋』『画皮2 真実の愛』などに出演したハウィック・ラウが主人公の康熙帝を演じます。
ハウィック・ラウは髪を剃るという役作りも康熙帝がとても好きなので快く引き受けたようです。
アクションあり涙ありの見応えあるラブストーリーになっています。
ここでは中国ドラマ『皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきます。
どうぞお楽しみにしてくださいね♪

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて あらすじ

このドラマは8歳にして皇帝になった康熙帝が16歳の時、ひょんなことから少女・良児と出会い恋に落ちる。
そのままそれぞれ大人になり8年ぶりに再会を果たすも、良児は事故に遭い記憶喪失になり「琳琅」という新たな名前で下級宮女として働いていた。
さらに琳琅にはかつて互いに惹かれ合いながらも離れ離れになってしまった容若という男が。
その容若はなんと康熙帝の護衛として側で仕えていた。
康熙帝と琳琅、そして容若。
宮廷を舞台に奇妙な三角関係が繰り広げられる。

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-1話-2話-3話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-4話-5話-6話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-7話-8話-9話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-10話-11話-12話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-13話-14話-15話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-16話-17話-18話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-19話-20話-21話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-22話-23話-24話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-25話-26話-27話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-28話-29話-30話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-31話-32話-33話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-34話-35話-36話

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-最終回(37話)

見どころポイント
映像が綺麗でカラフルな色使いや壮大な自然の風景など世界観に引き込まれます。
宮廷ドラマ+三角関係の純愛ラブストーリーでキャストが美男美女揃いでとても華やかです。
少女マンガのような胸キュンシーンがあったり、すれ違いにヤキモキするシーンがあったりと見応え抜群です。

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて 評価・レビュー

中国ドラマ「皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

ラブストーリー要素、歴史時代劇、ドロドロした人間模様、復讐サスペンスなど1つのドラマで様々な要素があり全40話でしたが最後まで飽きることなく楽しめる見応えある作品でした。
序盤は康熙帝、琳琅、容若の三角関係でもどかしい展開やドキドキする展開など少女漫画のようなストーリー展開でとても楽しめました。
中盤では、康熙帝に復讐を燃やす長慶などのストーリーで序盤の恋愛物語とはまた違ったハラハラドキドキ感があり面白かったです。
そして終盤は記憶を全て取り戻した琳琅が康熙帝に対して復讐か愛かどちらを取るのか葛藤する様子などが展開され、2人の関係性がどのようになるのかというストーリーでラストは切ない結末でしたが見応えがありました。
身分の違いによる恋愛のジレンマや、康熙帝の皇帝としての立場ゆえの悩みや皇宮に仕える女官たちの人間関係のいざこざなどは、皇宮を舞台にした歴史時代劇ならではでしたね。
出演者はみなイケメンや美女ばかりで、ドラマの設定も相まってとても上品でした。
登場人物の髪型や服装が似ているので初めは誰が誰なのか分からなくなりそうでしたが、それぞれのキャラがしっかりしていて混乱することなくドラマに入り込めました。

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて キャスト・登場人物

中国ドラマ『皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて』のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリストでご紹介します!。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

<康煕帝役/ハウィック・ラウ>
幼い頃に偶然出会い恋をした少女・良児を大人になってからも想い続け、探している清王朝の第四代皇帝を演じました。
初恋の相手と出会いながらも皇帝という立場や、彼女が記憶を失っているなど様々なことが重なりなかなか彼女と一緒になれない葛藤などを見事に演じていました。
ハウィック・ラウは1974年生まれで、過去の主な出演作は「宮廷の泪・山河の恋」「画皮2 真実の愛」です。

<衛琳琅役/ジェン・シュアン>
本名は良児ですが、幼い頃に父親が皇帝への裏切りの疑いをかけられ、皇帝の判断により家族を殺されてしまい、皇帝に対して恨みを持ちながらも記憶喪失に。
そして良児という本名から琳浪という名前で大人に育った女性を演じました。
失っていた記憶が徐々に蘇り、それに翻弄され恋と復讐の狭間で葛藤する姿は引き込まれるものがありました。
ジェン・シュアンは1991年生まれで、過去の主な出演作は「二人の王女」「古剣奇譚-久遠の愛-」です。

<納蘭容若役/チャン・ビンビン>
康熙帝に側近として仕えながら、琳浪をめぐり康熙帝と三角関係に。
過去に親戚である良児に恋をし、良児が事故により記憶を失った後に琳浪という名前を与えた人物。
かつて2人は恋仲にあったが、離れ離れになってしまい皇宮で久しぶりの再会を果たし、康熙帝と三角関係を繰り広げます。
チャン・ビンビンは1993年生まれで、過去の主な出演作は「花不棄〈カフキ〉−運命の姫と仮面の王子− 」「永遠の桃花〜三生三世〜」です。

<長慶役/ジャン・シャオチェン>
琳浪の兄で、幼い頃に家族を死に追いやった康熙帝に復讐するため皇宮で仕え、康熙帝の暗殺を企む男です。
康熙帝の暗殺を企む彼により展開されるスリリングな展開は見応えありです。
ジャン・シャオチェンは1983年生まれで、過去の主な出演作は「水滸伝」「美人心計~一人の妃と二人の皇帝~」です。

<玉箸役/リウ・モンモン>
琳浪たち身分の低い女官たちをまとめるリーダーの女官。
琳浪たちからは姉のように慕われる一方で、彼女も長慶同様に康熙帝により家族を殺された過去があり復讐を企んでいます。
リウ・モンモンは1989年生まれで、過去の主な出演作は「医館笑傳」「隋唐演義~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~」です。

皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて 基本情報

原題 : 寂寞空庭春欲晚
話数:全40話
制作年 : 2016年
放送局 : 浙江衛視
監督:ウー・ジンユアン
脚本:ラオ・ジュン他
衣装:ン・ボーリン




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。