皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

幼い頃に出会った良児を想い続け、再会を望む康熙帝。
しかし彼女は記憶喪失になり名前が代わり琳琅となり宮女として働いていました。
そんなことは知らない康熙帝は琳琅と再会を果たすも互いに微妙な関係性です。
さらにそこに琳琅の幼馴染・容若も現れ、琳琅を巡る三角関係はどうなってしまうのか?

【皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて】(ネタバレあり)

4話

琳琅は容若に想いを寄せていたが、同僚の女官・翠雋が容若と親しくしていることを知る。
そして容若は翠雋のことが好きなのだと誤解しショックを受けた。

本当は容若も琳琅のことが好きなのに…

数日後、康熙帝は容若と比べ馬をして遊ぶことに。
それを知った康熙帝に復讐を企む長慶は、馬が走るルートに罠を仕掛けた。
そうとは知らない康熙帝は馬を走らせその馬は罠を踏み暴走。
そのまま花を摘みに来ていた琳琅にぶつかりそうに。
咄嗟に馬から飛び降り琳琅を助ける康熙帝でしたが、その弾みで2人は転がりキスをしてしまう。

少女漫画のような展開!

驚きながらもときめく2人。
その後、康熙帝は琳琅に怪我の手当てをしてもらうなかで腕に布を巻いてもらう。
その巻き方があの時出会った良児と同じで康熙帝は彼女が良児だとほぼほぼ確信するのだった。
そんななか、康熙帝に仕えていた陳統領が竹槍で刺さった状態で遺体で発見される。
殺したのは長慶だった。
さらにその後、長慶は海統領も自殺に見せかけ殺害。

これで長慶は父・阿布ダイたちが殺された時に兵を率いていた2人への復讐は果たしましたね

周りは海統領が陳統領を殺し、罪悪感から自殺したと思われたが、康熙帝や容若は「何か裏があるはず」と調べを進めることに。
一方、長慶は仲間の女と話していた。
そこで仲間の女が琳琅の先輩女官・玉著だと判明。

まさか先輩女官だったとは…でもなぜ長慶の復讐に協力しているのだろうか…

5話

その日の夜、琳琅は出掛け康熙帝との待ち合わせ場所へ行き少し話すことに。
そこで琳琅の歌声を聴いた康熙帝は、琳琅が良児だと確信し喜ぶも、琳琅はそんな康熙帝を気持ち悪がり帰って行ってしまった。
その帰り道、琳琅は康熙帝の護衛に捕まり少し前に起きた食事への毒物混入の犯人にされ、捕まり磔にされ拷問されてしまう。

長慶と玉著の罠にハマり犯人にされてしまったのです。

そこに康熙帝がやって来て、磔にされる琳琅を見て驚愕。
慌てて琳琅を解放したのだった。
その後、意識を失い目を覚ました琳琅と対面した康熙帝。
琳琅はそこで初めて目の前にいる男が皇帝だと知り驚愕するのだった。
一方、統領殺害事件について調べる容若は、真犯人がいることに気が付き康熙帝に報告。
容若は真犯人を特定すべくさらに調べを進めるのだった。
その後、康熙帝たちが真犯人の存在に気付き調査を進めていることを知った長慶は部下を犯人に仕立てて自殺させ、疑いの目が自分に向かないよう偽造工作。
これにより康熙帝たちは事件解決とみなすのだった。

長慶の思い通り事件が解決してしまいました

その後、琳琅は康熙帝に呼ばれ康熙帝がいる部屋へ。
そこで康熙帝は自分が幼い頃に琳琅と出会ったことを思い出させようとするも、琳琅は全く思い出すことができない。
その思い出せない理由が記憶喪失によるものだとはまだ知らない康熙帝だった。

6話

康熙帝は過去に自分と出会ったことを思い出せない琳琅に徐々に苛立つも、この日は結局思い出せなかった。

記憶喪失だから仕方ないよね…

翌日、琳琅に想いを寄せている容若は、彼女が女官として働いていることを知り、再会したいと当たりを捜索。
しかし琳琅はこの日も康熙帝に呼ばれ、王宮を訪ねていて会えないのだった。
王宮では康熙帝が琳琅に過去にあった日のことを話すも、琳琅は相変わらずそのことを思い出せない。
するとそこに容若が別の用件でやって来て、琳琅と容若は久しぶりの再会を果たす。
実は3年前、琳琅と容若は互いに惹かれ合っていたが、容若の幸せのために琳琅は身を引き、容若に何も告げず家から出て行っていたのだ。
3年ぶりの再会に琳琅は様々な感情を抱きながら何も言わずにその場から立ち去るのだった。

互いにまだ気持ちは残っているんでしょうね。

数日後、川で洗濯をする琳琅のもとに容若が現れますが、琳琅は彼を拒み距離をとる。
そんななか、木に引っかかった凧を取ろうと木に登った琳琅は、誤って木から落ちてしまう。
すると容若が琳琅をキャッチし、ときめく琳琅。
容若は「一緒になろう」と愛の告白をするも、琳琅は「あなたのためにも一緒になれない」と返答。
すると容若は「陛下に話して結婚を許してもらおう」と提案するのだった。

感想

4話は康熙帝が琳琅の距離が縮まったり、長慶が復讐に動き始めたり、長慶の復讐仲間の女の正体が判明したりと盛り沢山でした。
5話ではついに琳琅がずっと親しくしていた男が皇帝・康熙帝だということに気が付きましたね。
気付いた時にうろたえる様子はとても可愛らしかったです。
6話は容若と琳琅についてメインで描かれました。
2人はかつて互いに惹かれ合っていましたが、琳琅は容若のためにも身を引き3年前に姿を消していたんですね。
その2人が6話で再会を果たし、2人の恋がふたたび動き始めるのかどうなのかという展開でした。
そこに康熙帝も混じり、今後三角関係が激化しそうな予感です。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。