皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

かつて互いに惹かれ合い、3年ぶりに再会を果たした容若と琳琅。
2人の恋愛が再び動き始める中、琳琅に想いを寄せる康熙帝の恋の行方はどうなるのか?

【皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて】(ネタバレあり)

7話

3年ぶりの再会を果たし互いに想いを寄せる容若と琳琅はこっそり2人で会い、一緒になる将来を夢見ていた。
そんなある日、2人の関係を知らず、琳琅に想いを寄せている康熙帝は琳琅を呼び出し、御前女官に身分を格上げすると宣言。
康熙帝は琳琅を自分の側に置いておきたかったのです。
しかし琳琅は複雑な表情を浮かべ、少し考えた末康熙帝の提案を辞退するのだった。

どうやら琳琅身分よりも仕事の内容などを重きに置き、今の身分に留まることを決めたようです。

その後、琳琅は容若と会っていた。
そこで容若は「今日こそ結婚の許しをもらいに行く」と康熙帝に琳琅と結婚したい気持ちを打ち明けることに決意するのだった。
その夜、一緒に晩酌をする康熙帝と容若。
容若は結婚の話を切り出そうとするもタイミングを見出せない。
その後、2人が外で剣術をしていると遠くから綺麗な笛の音色が聴こえてくる。
その笛を吹いているのは琳琅だった。
すると康熙帝はこの笛を吹いているのが女ならその人との結婚を許そうと容若に約束。
容若はその笛を吹いているのが琳琅だと気付いていて結婚の許可がおりたと喜ぶのだった。

2人はこのまま結婚してしまうのだろうか?

翌日、琳琅は容若から昨晩自分が笛を吹いていたと申し出れば結婚できると聞く。
しかし琳琅は複雑な表情を浮かべていた。
というのも琳琅は少し前に康熙帝に楽器は一切できないと嘘をついていた。
それゆえもし自分が昨晩笛を吹いていたと知られれば皇帝に嘘をついていたことがバレ罪に問われるのではと恐れていたのだった。

8話

その後、琳琅は御前女官の任命を辞退するなど康熙帝に対していくつも無礼を働いたことを申し訳なく思い、康熙帝の元へ。
そこで御前女官として働きたい気持ちを伝えるも康熙帝はそれを受け入れない。
しかし琳琅も粘り認めてもらうまで帰ろうとせず、その姿を見た康熙帝は根負けし、改めて琳琅を御前女官に任命した。

2人の距離が近付く予感がします

早速、翌日から琳琅を御前女官として康熙帝に仕えます。
その後、琳琅は御前女官として康熙帝の側で仕える中で彼の優しさなどを改めて知り、徐々に心開いていく。
そんなある日、康熙帝の側近・小徳子が足の持病により少しの間休むこととなり、琳琅は彼が行っていた康熙帝の身の回りの世話も行うことに。
その日の夜、康熙帝は改めて琳琅に8年前に出会った良児かどうか確認するも、記憶を失っている琳琅は戸惑うばかり。
康熙帝は「間違いないはずなのになぜ認めない…」と悩むのだった。

康熙帝の気持ちを考えると可哀想ですね…

一方の琳琅も容若と一緒になりたい気持ちがありながらも身分が違うため幸せになれないかもしれないと考えていて、どうすべきかと悩んでいた。
数日後の夜、琳琅は笛の音色を康熙帝に聴かせる。
笛を吹いていたのが琳琅だと知った康熙帝は衝撃を受けるのだった。

9話

遠くから聞こえて来た笛の演奏者が琳琅だと知らずに容若に、「この笛の演奏者との結婚を認めよう」と約束してしまった康熙帝。
演奏者が想いを寄せる琳琅だと知ると容若と約束したことを後悔しつつも、容若との約束を破ることはプライドが許さずどうすべきか悩んでいた。

康熙帝は軽はずみに容若と約束してしまったこと後悔したでしょうね…

そんなある日、琳琅が仲間の女官たち作った康熙帝への料理に毒・因陀羅散が混入していたことが判明。
犯人は先輩女官で康熙帝への復讐を企む玉箸だった。
康熙帝は無事だったが、毒味をした琳琅は毒に犯されてしまう。
しばらくして目を覚ました琳琅は、康熙帝の話から自分の過去に何があったのかと気になり始める。
そしてその後容若に自分の過去について尋ねるも容若は嘘をつきはぐらかすのだった。

容若の心境も複雑でしょうね

一方、康熙帝は琳琅が記憶喪失だという事実に気が付いていた。
そんななか、料理に毒を入れた犯人が捕まる。
しかしそれは玉箸ではなく彼女が仕立て上げた別人で、その後その人物は都への輸送中に自害したのだった。
その後、康熙帝は容若に琳琅が8年前から想いを寄せる女性だと打ち明ける。
さらに康熙帝は「彼女を全力で手に入れる。琳琅は与えられぬ」と恋の宣戦布告をするのだった。

この三角関係は今後どうなっていくのだろうか?

感想

7話では康熙帝が琳琅を自分の側に置くために御前女官に任命するも、琳琅はそれを拒ばむなど、完全に容若と引っ付くだろうという流れでした。
しかし、8話では琳琅が御前女官として康熙帝の側で働くこととなり、そこで康熙帝の優しい人柄に惹かれ始めていたようにも見えたのでどうなるんだとワクワクな展開でした。
9話は琳琅が過去について記憶を取り戻しそうで取り戻せないというもどかしいストーリー展開でした。
記憶を取り戻させようとする康熙帝と記憶を取り戻したい琳琅。
さらに琳琅の記憶が戻れば彼女が自分から離れるかもしれないと恐れ嘘をつく容若。
この3人の人間模様が複雑に絡み合っていました。
ラストは康熙帝が容若に恋の宣戦布告をし、今後、琳琅をめぐる恋のバトルが激化しそうでどうなるのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。