皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、自分が8年間想い続け探し続けて来た女性が琳琅だと容若に明かし、恋の宣戦布告をした康熙帝。
さらに琳琅も記憶を取り戻したような様子のラストでした。
康熙帝、琳琅、容若の恋模様はどうなっていくのでしょうか?

【皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて】(ネタバレあり)

10話

琳琅は寝ている間に8年前の康熙帝と出会った時の出来事がフラッシュバックするも、それが現実なのか夢なのかはっきりしていない状態だった。

琳琅が失った過去を思い出す日も近そうですね。

そんななか、琳琅を康熙帝に奪われたくない容若は2人で駆け落ちしようと提案し、夜に2人は駆け落ちすることに。
その晩、康熙帝は外を歩く琳琅を見つけ不審に思い後をつけていると背後から康熙帝に家族を殺された復讐を企む長慶に襲われ、穴に入れられ土のなかに生き埋めにされてしまった。
長慶はこの日、康熙帝を苦しみを味あわせ時間をかけて殺し復讐を果たそうとしていたのだ。

康熙帝はどうなってしまうのだろうか?

その後、康熙帝が行方不明になったことを知った部下たちは辺りを探します。
その頃、琳琅と2人で駆け落ちし逃げてようとしていましたが、容若は康熙帝が行方不明だと知ると慌てて琳琅と一緒に宮に戻るのだった。
その後、琳琅が康熙帝を発見。
意識を失っていたが命は無事だった。
康熙帝は自分の命を狙う者がいると容若に犯人を特定するよう指示するのだった。

11話

容若は康熙帝を襲い穴に閉じ込めた犯人はを特定すべく調べを進めていた。
すると琳琅の仲間の女官・芸初が疑われ捕らわれてしまう。
実は玉箸がそのように偽装工作をしていたのだ。

芸初かわいそうですね…

冤罪だと康熙帝に訴える琳琅。
容若は真犯人の存在も視野に入れ、さらに調べを進めるのだった。
そんななか、長慶は玉箸に「このままでは共倒れし復讐は失敗に終わる。今自首すれば恋人の仇はとる」と言い自首するよう迫る。
長慶がそのように迫ったのは、濡れ衣を着せられ捕まった芸初を助けたいという気持ちもあったからだった。
長慶は妹・良児は既に死んでいると思っていて、ここ最近親しくしてくれる芸初のことを妹のように可愛がっていたのだ。
その後、玉箸は長慶が言った通り、康熙帝を誘い閉じ込めた犯人だと自白。
さらに長慶は事件当時芸初と会っていたと証言し、芸初を助けたのだった。

長慶と芸初は互いに恋している感じですね…

その後、捕らわれた玉箸の元を訪ねた琳琅。
そこで玉箸は過去に康熙帝により恋人を殺され、ずっと恨んでいたことを明かす。
それを聞いた琳琅は衝撃を受けた。
そしてその晩、玉箸は牢屋の中で自らの手首を切るのだった。

玉箸は死んでしまったのだろうか…

12話

康熙帝は一行を引き連れて皇宮・紫禁城へ。
そして康熙帝は母・皇太后と祖母・太皇太后に挨拶。
そこに恵妃がやって来る。
恵妃は容若の姉で、太皇太后たちから1番気に入られている女官。
さらに琳琅を宮中に入れたは恵妃だった。
琳琅が宮中で働かせることで、容若と一緒にはなれないように企んでしたのだ。
それを知った容若はその後、恵妃に琳琅のことは諦められないと宣言するのだった。
その後、琳琅と容若は一緒になれるようにあれこれ考える。
そして琳琅は今の御前女官から元の身分の低い女官の仕事に戻して欲しいと康熙帝に頼むことに。
その後、琳琅は康熙帝に元の職場に戻して欲しいと頼むと、康熙帝は琳琅はの気持ちに理解を示しながらも宮中で自分に仕えるよう言い、初めは元の職場に戻ることは認めなかったが、その後、元気のない琳琅を見た康熙帝は彼女を元の職場に戻すことにするのだった。

琳琅が側に居なくなり、康熙帝はどこか寂しそうです。

ある晩、康熙帝の元には彼に気に入られたい妃たちが訪ねて来る。
そこで康熙帝に自分が作った料理を振る舞おうとする妃たち。

康熙帝に気に入られるための女同士のバトルですね

しかし康熙帝は彼女たちには興味はなくただただ飽き飽きし、部屋から出て行った。
一方、長慶はフレンドリーに話しかけていて妹のように人懐っこく接してくる芸初に恋心を抱きそうになっていた。
そんな気持ちを抑えるためにも長慶は芸初を避け始める。
芸初もまた長慶に恋心を抱いていて、突然避けられたことにヤキモキしていたのだった。

2人の恋模様はどうなるのでしょうか?

感想

10話では容若が琳琅を康熙帝に奪われないように琳琅と駆け落ちを企てたり、康熙帝が長慶に襲われ穴に閉じ込められたりとハラハラドキドキの内容でした。
11話は康熙帝を襲った犯人として芸初が濡れ衣を着せられ捕まり、最終的には玉箸が犯人だと自白しこの事件に関しては終わりを迎えました。
康熙帝を襲った真犯人・長慶がこの後どのような動きを見せるのか非常に気になりました。
12話では康熙帝の母・皇太后と祖母・太皇太后が登場し、康熙帝に気に入られようとバトルを繰り広げる妃たちの様子も描かれていました。
琳琅は少しずつ過去の記憶が戻りそうな雰囲気がありました。
いつ記憶が戻るのか楽しみですね。
また康熙帝に復讐を企む長慶と芸初の恋模様も今後の展開が気になります。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。