皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、紫禁城へ行き母・皇太后と祖母・太皇太后に挨拶をした康熙帝。
康熙帝に気に入られるための妃たちの女のバトルが繰り広げられるなか、康熙帝は琳琅に想いを寄せ続けます。
同じく琳琅に想いを寄せる容若は、改めて彼女を康熙帝に奪われる前に2人で駆け落ちしようと考え…。

【皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて】(ネタバレあり)

13話

芸初からなぜ自分のことを避けるのかと聞かれた長慶は何も答えず芸初が負った手の怪我をしてあげ、二度と芸初のことを避けないと約束するのだった。
一方、容若は姉・恵妃の元へ行き、ある事を頼む。
それは琳琅とここを出て一緒になる手助けをして欲しいというもの。
それを聞いた恵妃は、「もし琳琅が過去の記憶を取り戻せば危険な存在になる」と容若と琳琅が出て行ける策を考えることに。
その頃、御前女官から元の職場に戻ることとなった琳琅は仲間の女官の元へ。
仲間たちは久しぶりの再会に喜び、笑顔で出迎えてくれたが、玉箸の代わりに新たに女官をまとめるリーダーに就任した人物に目をつけられいびられる。

どうやらこのリーダー女官は琳琅のことが気に入らないようですね。

そんななか、琳琅は恵妃に呼ばれ2人で話すことに。
そこで恵妃は琳琅に今の容若への気持ちを確認し容若と一緒に皇宮を出るよう言い、そのためにと薬を琳琅に手渡すのだった。

どうやら琳琅が薬を飲み、わざと飲み病を患い休暇をもらった隙に皇宮から容若と琳琅が2人で逃げる作戦のようです

翌日、薬を飲み病に体調を崩しながらも仕事をする琳琅。
この日も琳琅はリーダー女官たちから嫌がらせや暴力を受けていた。
すると琳琅はその場に倒れてしまう。
一方、その様子を見ていた長慶から琳琅が嫌がらせを受けていることを聞かされた康熙帝は慌てて琳琅のもとへ。
そして倒れた琳琅を抱き抱え自分の部屋に運ぶ。
その後、康熙帝は琳琅の安全と過去の記憶を取り戻してもらうためにも自分のそばで休養するよう言うのだった。

これにより容若と2人で逃げるという恵妃の作戦は失敗に終わってしまいましたね…。

14話

恵妃は康熙帝が琳琅に想いを寄せているという事実を知り衝撃を受ける。
一方、康熙帝の部屋で休む琳琅は夢で過去の様子を見るようになっていた。

記憶が戻る日も近そうですね。

その後、琳琅が外を歩いていると長慶とバッタリ。
すると長慶は、自分を御前太鑑に格上げして貰えるよう康熙帝に話をして欲しいと頼む。

長慶はどんどん出世し康熙帝に近付き、殺そうと虎視眈々と狙っているというわけですね。

それを聞いた琳琅は戸惑いながらも少し不審感を抱くように。
そんななか、容若は琳琅が康熙帝の側で過去の記憶を少しずつ取り戻してきていることを知り焦り始めるなか、琳琅は容若が自分の過去のことで嘘をついていたことに気が付いていた。
琳琅は自分の過去の記憶を取り戻すことを優先すべきか、容若とのこれからのことを優先すべきか悩んでいた。
そんななか、容若が自分の過去の記憶を取り戻すための重大なヒントを破棄しようとしていた事実を知りショックを受ける。
その後、琳琅そのことを問い詰め、真実を教えて欲しいと詰め寄るも、容若は何も答えられない。
「自分の父が陛下の指示で琳琅の両親を殺したなんて言えるはずがない…。知らない方が幸せだ…。」
容若は心の中でそう呟くのだった。

そりゃそうですよね…。

その後、康熙帝は琳琅をある場所に連れて行く。
そこは琳琅が良児だった時に盗賊に襲われ康熙帝と出会い助けられた場所、そして2人で隠れた洞窟。
すると琳琅の頭の中に当時の記憶が部分的にフラッシュバック。
琳琅が記憶を取り戻そうとする中、洞窟の入り口で爆発が起こる。
長慶が康熙帝を閉じ込めるために爆弾を仕掛けたのだった。

15話

かつて洞窟の中で康熙帝と過ごしたことを思い出した琳琅。
しかしまだ完全に記憶が戻ったわけでは無いが、康熙帝は自分との出会いを思い出してくれたことを喜んだ。
康熙帝と琳琅洞窟から外に出ると突然、顔を隠した長慶が襲いかかって来る。
しかし康熙帝は容若と2人で長慶を撃退。
長慶はそのまま逃げて行った。

長慶は手に傷を負ったので、この傷により犯人として特定されそうですね…

そんななか、恵妃はこのまま琳琅の記憶が戻れば、自分たち納蘭一族、康熙帝が危険に晒されるとしてその前に琳琅と一緒に皇宮から出て行くよう指示するのだった。
その後、康熙帝と一緒に徐々に記憶を取り戻そうとする琳琅。
容若は不安げな表情でそれを見つめている。
するとついに琳琅は自分の本当の名前が「良児」だと思い出した。
その後、容若は改めて琳琅に「一緒に出ていこう」と言うも琳琅はそれを拒否するのだった。

容若への気持ちは消えてしまった様子ですね。

その晩、容若は琳琅を拉致し無理矢理一緒に皇宮を出ようとするも失敗。
すると容若は諦めた様子で8年前の琳琅の両親が亡くなった日の出来事を話した。
それを聞いた琳琅は受け入れられず、その場から逃げるように立ち去るも、過去を思い出しそれが真実だと知るのだった。

感想

13話では容若が琳琅と一緒に恵妃の助けも借りて皇宮から逃げようとしましたが、結局失敗に終わってしまいました。
また玉箸の代わりに新たに女官をまとめるリーダーに就任した女が嫌な奴で、琳琅が少し可哀想でしたね。
14話では琳琅が失われた記憶を取り戻すストーリーが描かれました。
ついに琳琅は洞窟内で康熙帝と過ごしたことを思い出しましたね。
15話ではどんどん琳琅の記憶が戻りましたね。
康熙帝と過ごした日のこと、自分が良児という名前だったことなどなど。
しかしまだ全てが蘇ったわけでは無いようなので、今後どんな展開になるのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。