皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、長慶たちの企みにより冤罪の濡れ衣を着せられ処刑されそうになった琳琅。
康熙帝たちにより何とか冤罪は晴れ助かりましたが、黒幕である長慶には辿り着けないままこの件は収束。
そして琳琅は太皇太后から突然呼び出され…。

【皇帝の恋-寂寞の庭に春暮れて】(ネタバレあり)

28話

太皇太后から呼び出され、康熙帝と一緒に太皇太后の元に向かう琳琅。
すると太皇太后は「数日の間琳琅を貸してほしい」と康熙帝に頼む。
どうやら琳琅の仕事ぶりを評価しているようで、少しの間琳琅に自分の世話をして欲しいようだ。

太皇太后も琳琅のことを気に入っているようですね。

それを聞いた康熙帝は渋々琳琅を太皇太后に貸し出した。
そこで琳琅は太皇太后から端敬皇后の話を聞く。
端敬皇后は琳琅とよく似ていて美人で、康熙帝の父である先帝・順治帝に最も愛された妃。
彼女の存在により順治帝は周りが見えなくなり、周りから反感を買うこともあったのだとか。
話を聞いた琳琅は複雑な気持ちになるのだった。
そんななか、康熙帝は琳琅のことが心配で体調を崩し倒れてしまい、太皇太后は琳琅を康熙帝の元に返すことに。
2人の気持ちが本気だと感じた太皇太后は「父と同じ道を歩まなければ良いが…」と心配するのだった。
その後、体調も良くなった康熙帝は干ばつ被害を受けた土地に琳琅や側近たちと共に泊まりがけで視察と激励に行くことになり、皇太后からの使いとして長慶も連れて行くことに。
その夜、康熙帝と琳琅は宿泊場所を抜け出し祭りの会場へ行き、2人で楽しい時間を過ごす。

一緒に屋台で買い食いしたり、お面をつけて遊んだりラブラブです。

そして花火を見ながら2人は初めてキスをするのだった。
一方、長慶は芸初も別の場所でその花火を見ていて、そこで2人もキスをした。
そんななか、長慶の康熙帝への復讐計画は佳境に入っているようで少しずつその準備を進めていた。

29話

翌日、康熙帝への復讐の準備を進める長慶は、愛する芸初に迷惑が掛からないよう断腸の思いで彼女と別れることを決意。
そして冷たく振る舞い別れを告げ、芸初は深くショックを受ける。

芸初かわいそう…。

その後、何か秘密があるはずだと感じた芸初は長慶を尾行。
そして、長慶が殺しを企んでいることを知ってしまい、芸初は長慶を問い詰めるも冷たくあしらわれ長慶は去って行くのだった。
その後、芸初は体調を崩し咳が止まらなくなり、それを心配した琳浪は薬草を取りに行くことに。
するとそこで大きな穴に落ちてしまい出られなくなってしまう。
なかなか戻らない琳浪を心配した康熙帝たちは辺りの森を捜索。
しばらくして康熙帝は琳浪の声を聞き穴に落ちた琳浪を発見し引き上げることに成功。
康熙帝は足を痛めた琳浪をおぶって帰ることに。
そんななか、康熙帝を尾行していた長慶は仲間を呼び康熙帝の暗殺を試みる。
それに気付いた康熙帝は琳浪を先に逃し刺客たちと戦うことに。

康熙帝はどうなってしまうのか?

そこに容若たちも加勢し激闘を繰り広げるなか、康熙帝と長慶の一騎打ちに。
そして康熙帝は琳琅と一緒に海に突き落とされてしまうも2人は無事で洞窟で休むのだった。

30話

容若たちは康熙帝と琳浪の行方を探す中、2人は洞窟ですの中でイチャついていた。
そして2人は洞窟の中で一夜を明かし外へ出て容若たちと合流するのだった。
刺客の正体についての調査が進められる中、芸初は長慶ことを心配していた。

芸初は長慶の仕業だと完全に気付いている様子ですね

その後、芸初は長慶に会い「これ以上危険なことはやめて悪事から手を引いて」と涙ながらに頼むも、長慶は聞き入れず冷たくあしらうのだった。

復讐という目的のために想いを寄せる芸初を突き放さなければならない長慶の気持ちは複雑ですね…。

一方、康熙帝と琳琅は宮に帰ってからも死ぬまで一緒にいようと誓い合うなどラブラブ。
そして2人は同じベッドで眠りにつくのだった。
翌日、長慶と仲直りをしたい芸初は琳琅から教えてもらったお菓子を作り長慶の元へ。
長慶は冷たく接しながらもそのお菓子をパクリ。
すると幼い頃の記憶が蘇る。
そのお菓子は妹・良児と一緒に食べた母が作った味そっくりだったのだ。
長慶はそのことを思い出しながら複雑な気持ちになりその場から立ち去った。
その後、琳琅は貧しい男の子が食べ物を奪い宮の護衛から追いかけられているところに遭遇。
琳琅は護衛たちが乱暴に男の子を捕らえようとしているのを見て咄嗟に守りに入り倒れて来た棚の下敷きになり意識を失ってしまった。
その後、康熙帝の部屋に運ばれた琳琅は意識を失いながらも失った記憶を取り戻す。
それは自分の家族が康熙帝の判断により殺されたということだった。
目を覚ました琳琅は取り乱し、駆け寄る康熙帝を拒み、逃げるようにその場を立ち去った。

ついに全ての記憶を取り戻しましたね。

記憶を取り戻した琳琅は、康熙帝への愛は消え、憎悪しかない状態。
そして琳琅は容若と宮から出て行こうと話すのだった。

感想

28話では、琳琅が数日太皇太后の元で働くことになるという展開でした。
ラストには康熙帝と琳琅が初キスをする場面があり胸キュンでした。
また長慶の復讐計画が着々と進み、29話で康熙帝を暗殺しようとしますが失敗。
康熙帝と琳琅は洞窟に逃げ込み、幼い頃と同じシュチュエーションでさらに仲を深めるという展開でした。
しかし、30話のラストに琳琅が過去の記憶を全て取り戻し、康熙帝への復讐心が心に宿るという波乱の展開でした。
ここに来て再び康熙帝、琳琅、容若の三角関係が再燃し始めたという感じでした。
康熙帝はまだ琳琅の態度が急変した理由を分かっていないので、それを知った時どうするのかなど、今後の展開が楽しみですね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。