秀麗伝-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

街で麗華に対しての暴言を言っていた臙脂を使って劉秀を貶めようとする過主たち、臙脂は再び麗華の侍女になり宮中に潜入する。
薬を盛って劉秀を寝かした臙脂は、劉秀が酒に酔って自分と麗華を間違い襲われたと言って泣き叫び麗華は劉秀が襲ったと勘違いする。

では、今回は40話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【秀麗伝】(ネタバレあり)

40話

鄧奉と麗華は偶然再会し、麗華から事情を聞いた鄧奉は「言語道断だ」と言って自分は都に戻って劉秀を問いただそうと言うが無意味だと麗華は言う。
鄧禹を呼び戻して都を囲って劉秀を脅そうと言って出ていこうとする鄧奉、麗華は自分の為に怒らないでと止め、自分は未練を捨てれたと告げる。
策略にまんまとひっかかる麗華、賢后の賢の字は40話になっても出てきてないと思うのですが、いつになったら立派な皇后になるんですかね?

陰家では劉秀が麗華には子がいない故に后位を辞したを朝議で語ったと話す陰興、陰夫人は麗華は頑固者だから翻意は難しいだろうと言うと陰興は劉秀が悪いと怒る。
そんな陰興をなだめた陰夫人は劉秀が麗華を愛しているのは変わらず、鄧奉が麗華と一緒にいると文をくれたから今は鄧奉に任せて冷静になるべきと話す。
劉秀は慎重なのにこういう罠にかかってしまうのがだらしないというか…慎重な人はこういうことも跳ね除けてこそなんだけどなぁ…展開がなぁ

鄧奉は麗華を呼び出して更始帝の配下・董訢が南陽の近くに居るために、侍衛たちに練兵して欲しいと言って練兵場まで麗華を連れていく。

41話

鄧奉が奇襲してきたと報告が入り驚く麗華、漢軍は撤退し朱裕が捕まってしまい麗華と共に鄧奉の前に連れて来られるが鄧奉は麗華が裏切るとはと言う。
麗華はこれ以上、南陽の民を苦しめてはならず洛陽に戻るようにと鄧奉に降伏を勧めるが鄧奉は麗華も口先だけだと言って新野に戻すように部下に指示する。
元から結構我が強かった鄧奉、最初は鄧奉は恋に参加するのかと思ってましたがそういう感じでは無かったですねー野心バリバリに子でしたね

朱祐は麗華は裏切っていないと言うと、鄧奉もそれは理解しておりこれ以上苦しめたくなかったと言って朱祐を解放するが朱祐は自ら人質になると言う。
自分も劉秀と同じ故郷の出身であり、故郷の惨状を見れば自分も鄧奉と同じく挙兵していただろうと鄧奉のしたことを自分も理解していると告げる。
鄧奉はちょっと考えが浅いんですよねーやってることはわかるんですけどね、前も言ったけど無能な働き者が一番場を乱すんだよねー残念

新野に戻された麗華は久々に鄧禹に再会すると、どうして命令を破って無茶な進軍をさせたのかと尋ねると鄧禹は鄧奉を救いたかったと答える。

42話

陰興や陰夫人に説得された麗華は劉秀が宮中内の小川の近くで歌を詠んでいる劉秀の元にやってくると、劉秀は麗華に歩み寄り「許してもらうまで君を待つ」と告げる。
そんな劉秀に麗華は「戻りましょう」と言って劉秀を許すと、劉秀は喜び麗華を強く抱きしめるとどんな苦難にも耐えられるが麗華を失うのは無理だと言う。
過珊彤を娶るってなったときに失う覚悟は無かったんですかね?このドラマではどうなるかわかりませんが、こういうこと言う男は大体ひっくり返すから

劉秀は鄧禹の元にやってくると再び洛陽に戻り、自分を補佐して欲しいと言うが、鄧禹はさきの戦で負けた自分が朝廷には戻れないと言って断る。
しかし、劉秀は今回の南陽の乱は自分が呉漢を過信した為に鄧奉を死に招いてしまった、河北の者たちを抑えるためには鄧禹が必要だと説得する。
ここの男のやり取りはかっこいいですけど、鄧奉を死なせたことに謝罪みたいのはないのかな?再び目に力の戻った鄧禹がかっこいいです

その夜、鄧禹折れたかんざしを見つめ、鄧奉に自分は死ぬ時は劉秀たちと一緒だと言ったことを思い出し、決意をして髭を剃る。

40-42話感想

鄧禹が結婚することになりますが、この二人は劉秀と過珊彤みたいにならないんですかね?しっかり愛し合った仲なんでしょうか。
会話パートが多い割に重要なところが描かれてないので、臙脂の子供はいつ出来たのかって思っちゃったけど…まぁ子供いてもおかしくない境遇ですしね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。