花と将軍-あらすじ-58話-59話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花と将軍-あらすじ-58話-59話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花と将軍



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ついに捕らえられた祈王!牢を訪れた弟の仁宗に自分の真の気持ちを話します。一方西夏に残った惜音を救おうと焦る葉昭ですが、大将軍として軍を守るよう玉瑾に諭されます・・。

【花と将軍】(ネタバレあり)

花と将軍・第58話

兵糧の乏しくなってきた軍を気遣う葉昭。
すると玉瑾が自分が都から持ってきたお金を差し出します。その金額の多さに驚く葉昭。
玉瑾は仁宗や母親から、そして自分の財産をかき集めてきたと自慢げに言います。頼もしい夫に感激する葉昭なのでした。
葉昭は胡青に玉瑾のお金を渡して、兵の食料を買ってくるよう命じます。

また玉瑾は胡青に、出陣の時は妊娠した葉昭に代わって大将軍の役割を演じるよう頼みます。今の状況では仕方ないと了承する胡青。
更に娶った秋水のことで胡青をからかう玉瑾ですが、胡青から葉昭が結婚する以前から自分のことを気にかけていたと聞いて驚くのでした。

葉昭にそのわけを問う玉瑾。そして葉昭は子供時代に玉瑾を水に落としてしまったことを打ちあけます。玉瑾は葉昭が自分を水に落とした年上の少年だったと聞いてショックを受けるのでした。何故ならそのせいで玉瑾は病弱になり、4歳から14年間も家にこもる生活を送っていたのです。
あの恨んでいた少年が葉昭だったとは・・・玉瑾は葉昭に怒りをぶつけます。自分は健康な体を失って大望も夢も青春も失ったと葉昭に詰め寄る玉瑾。葉昭はただ謝るしかないのでした・・。帰ったら離縁だと息まく玉瑾、あまりの辛さに葉昭はお腹を押さえて屈み込みます。そんな葉昭の様子を見て、さすがに後悔の念が起こった玉瑾は葉昭を支えるのでした。

ここにきて二人の間に亀裂が生じてしまいましたね・・あんなに仲の良かった二人なのに・・・玉瑾は離縁まで口にします。葉昭は愛する玉瑾に怒られて絶望のあまり倒れかけてしまいました。でも大丈夫。お腹に自分の子を宿した葉昭を冷酷に突き放す玉瑾ではありません。二人のこれまで築いてきた絆はそんなに弱いものじゃありませんよね!

葉昭が罪を償うために自分に嫁いだと知った玉瑾。玉瑾から14年を奪ったと泣く葉昭は、一生かけて罪を償うと言います。玉瑾は一生ではだめだ、来生も一緒だと言って葉昭を抱きしめるのでした・・。

一方西夏では没蔵黒雲が王子を出産しますが、異母兄弟の哈爾墩と伊諾は軍の兵糧のことで争いになります。食料不足で喘ぐ軍の士気を上げるため西夏王自ら白銀寨の軍営に赴くことになり惜音も同行するのでした。そしてついに葉昭たちは西夏への攻撃準備を始めます・・。
            

花と将軍・第59話

白銀寨に到着した西夏王と惜音、哈爾墩。王は惜音に酒宴の後自分と夜を共にするよう命じます。惜音は王に、それでは自分の天幕に来るようにと招くのでした。そして酒に毒を混ぜ、王の毒殺を試みようとします。しかしその様子を伊諾の部下の巴図が見ていました。

そして葉昭の代わりをすることになった胡青ですが、葉昭とは背格好が違いすぎて伊諾が見ればすぐ別人とわかってしまいそうでした。葉昭たちが困っていると玉瑾が代役を買って出ます。大将軍は敵の標的になるので危ないと却下する葉昭。でも玉瑾は頑として自分の考えを曲げません。玉瑾の熱情に押された葉昭は仕方なく了解します。

夜になって西夏では酒宴が始まりますが、伊諾は巴図から惜音が怪しいと聞いて警戒します。そして出陣する玉瑾たち。いよいよ戦争が始まろうとしていました。

酒宴が終わると酒に酔った西夏王が惜音の天幕にやって来ました。お酒を飲みましょうと毒酒を勧める惜音。しかし王は盃を投げて惜音を押し倒します。抵抗する惜音は哈爾墩に助けを求めます。惜音の悲鳴を聞き、駆けつけた哈爾墩は父親を止めようとします。しかしお前の出る幕ではない、と王に投げとなされてしまうのでした。
カッとなった哈爾墩は父親を刀で何度も突き刺します。それでも強力な王は刀を抜いて哈爾墩の首を狙って振り上げます。にらみ合う王と哈爾墩。しかし王の手は止まり、息絶えていくのでした・・。

自分の息子の婚約者であろうと、気にいれば容赦なく自分のものにしようとする傲慢な西夏王。しかし哈爾墩に刺されても自分は息子を傷つけることはできないのです。残酷な王であっても息子を愛している父親なのでした。こんな風に親子で争うとは美女というのは罪深いものですね・・

父親を殺して正気を失ったように笑う哈爾墩。しかし彼もやってきた没蔵訛龐に刺殺されてしまうのでした・・。
二人の争いの中で気を失っていた惜音。目覚めると葉昭に花火をあげて合図を送り、いよいよ攻撃が始まります。惜音は牢に捕らえられていた銀川を助けると魂を抜かれたように歩き去るのでした。そして哈爾墩の天幕にやってきた惜音は遺体を見つけて涙します。誰よりも優しかった哈爾墩・・なのに裏切ってしまった・・。惜音は毒酒を飲み干して哈爾墩と並んで横たわるのでした・・。

花と将軍・第58、59話の感想

西夏の父と息子の壮絶な最期でしたね!惜音は哈爾墩のことを愛していたのでしょうか。祈王の屋敷から西夏に到着してからもずっと惜音を大事にしてきた哈爾墩。しようとすればいつでも惜音を自分の女に出来たのに惜音の気持ちを尊重して待っていたのです。
それなのに惜音は葉昭のために宋の密偵として働き、彼を裏切っていました。しかし最後には惜音は死んでしまった婚約者のそばで自分の命を絶とうとしています。このまま惜音は死んでしまうのでしょうか・・最愛の葉昭に会うことも出来ずに死んでいくのはあまりにも哀れですね!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です