花咲く合縁奇縁-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

小丸子が憧れの夜霊侠の正体が梅世青だと知ってしまったり、梅世青が母親のことで辛い過去を抱えていることが判明したりと新展開があった前回。
そんななか今回、夜霊侠を陥れようとする組織が動き始め…。

スポンサーリンク

【花咲く合縁奇縁】(ネタバレあり)

13話

洞窟で野宿をし屋敷に戻った小丸子と梅世青。
するとそれを知った父・梅長雲は連絡も無く外泊した2人を叱るのだった。

どうやら屋敷の使用人が一晩中2人を探すなど色々と迷惑をかけていたようです

その後、部屋に戻った小丸子と梅世青。
梅世青は肩の怪我がまだ治っておらず、小丸子はその手当てをしてあげる。
2人はいい雰囲気になるも、小丸子は心のどこかで「彼を本気で好きになってはいけない…」と自分の気持ちにストッパーをかけるのだった。

本当の梅世青の妻は陸英瑤ですからね…

その後、梅世青は小丸子を連れて阿柔の元へ。
そこで阿柔から塩の密売についての調査結果を聞く。
阿柔曰く、調査のために密売人を数人捕まえるも、みな舌を噛み自害したのだとか。
「背後に手強い人物がいると思われます…」
阿柔はそう報告し、さらに調査を続けることにするのだった。
一方、青龍寨では小宝に想いを寄せる南香が恋敵である陸英瑤に因縁をつけていた。
何一指や小宝が止めに入り大ごとにはならなかったが、南香が南覇天に告げ口したことで何一指は監禁されることとなってしまうのだった。
その夜、小宝は陸英瑤を連れて何一指の元へ食事などの差し入れをしに行く。
そこで陸英瑤は何一指と少し話をし、何一指・小丸子親子の愛の深さを感じるのだった。
その後、陸英瑤は小宝と2人で話していた。
そこで「しばらく一緒にいて欲しい」と頼む小宝。
陸英瑤は「いいわよ」と答える。

遠回しに愛の告白をしてますね

さらに話をした2人。
そこで自分の今の生き方に疑問を感じ始めている小宝に、陸英瑤は「青龍寨を出て生き方を変えればいい」と助言するのだった。
一方、梅世青の元にある知らせが入る。
どうやら青州の絹商人・郭百万という人物が「夜霊侠と青龍寨に絹を奪われた」と通報したとのこと。
悪事を働く黒幕が自分を陥れるために動き始めたと悟った梅世青は「仕掛けられたからには応戦せねば…」と策を練るのだった。

スポンサーリンク

14話

梅世青は夜霊侠姿で自分を通報した絹商人・郭百万の元へ。
するとそこで正体不明の黒幕と手下たちに囲まれ、梅世青はその手下たちと戦うことに。
するとそこに小丸子が現れ梅世青に加勢するも、相手の数が多いため2人はその場から逃げるのだった。
その後、青龍寨では王彪が寨主・南覇天の元を訪ねて来である頼みをする。
それは「夜霊侠を捕まえて欲しい」というもので、多くの報酬がもらえるということで南覇天はその頼みを引き受けるのだった。
その後、南覇天は夜霊侠を捕まえる任務を小宝に任すことに。
すると小宝は「この任務が成功したら小丸子(陸英瑤)と結婚させて欲しい」と頼み、南覇天はそれを認めるのだった。

本当に南覇天は認めたのでしょうか…。彼のことなのであとで手のひら返しもありそうですね…

スポンサーリンク

その後、小宝は陸英瑤にそのことを報告。
「君がどう思っているのかは分からないが、きっと惚れさせてみせる…」
小宝はそう告げるのだった。
一方、梅世青は塩の密売人を捕らえようと策を練っていたが、民たちは密売人により安く塩を手に入れられることから、密売人を捕まえることに反対していることを知る。
そして今自分がやっていることが本当に民のためなのかと疑問に感じ始めていた。
それを知った小丸子は「あなたがやっていることは正しいことよ」と励ますのだった。
一方、小宝は夜霊侠を捕まえるためにある作戦に打って出る。
それは自分が夜霊侠に扮し、町で悪事を行いホンモノの夜霊侠を誘き出そうというもの。

放火したり風呂を覗いたりとやりたい放題です

そして、ニセモノの夜霊侠が悪事を働いていることを知った梅世青は早速、ニセモノを捕まえるために動き始めるのだった。

スポンサーリンク

15話

夜霊侠に成り済まし町で悪事を繰り返す小宝。
すると妊婦を気絶させてしまい、焦った小宝はその妊婦を放っておけず助けた。
その結果、隆英瑤から褒められた小宝は、人助けにやりがいを感じ始める。
その後、小宝は夜霊侠に扮し町へ出ると揉め事を仲裁したり、老人の仕事を手伝ったり、困り事を解決したりと人助けに精を出すのだった。

小宝は何とも単純な男ですね…

ニセモノの夜霊侠が人助けをし始めたことを知った梅世青は「どういうことだ?」と戸惑いながらも、夜霊侠が以前と変わらず町の人たちから慕われる存在であることを喜んでいた。
しかしその一方で小丸子は、「ホンモノはこんな小さい仕事はしない!ニセモノを捕まえてやる!」とニセモノの存在に憤りを感じていたのだった。
一方、青龍寨では南覇天がなかなか夜霊侠を捕まえない小宝に苛立っていた。
そして小宝は陸英瑤と結婚するためにもいち早く夜霊侠を捕まえようと作戦を練るも、陸英瑤から「町の英雄である夜霊侠を捕まえるなんてダメよ!」と言われ、どうすべきか葛藤。
しかしこのままだと陸英瑤は南覇天と結婚してしまうため、それだけは避けたい小宝は夜霊侠を捕まえようと心に決めるのだった。
その夜、小丸子はニセモノの夜霊侠を捕まえるためにわざと困り人を装い、そこに現れたニセモノの夜霊侠・小宝を捕らえるようとする。
しかしその作戦は失敗し逆に小丸子が小宝に捕まりそうになるなか、そこに梅世青が現れ小宝と戦うことに。
2人のバトルが始まるなか、小丸子は突き飛ばされた小宝に巻き込まれ井戸に落ちてしまう。
小丸子を助けるため急いで井戸の中に入った梅世青は小丸子に水中でキスをするのだった。

なぜこのタイミングでキス…?

その後、小宝は逃げ、井戸から上がった梅世青と小丸子は屋敷に戻る。
小丸子は梅世青からキスされたことが頭から離れず動揺していて、翌朝梅世青と顔を合わせるも距離を取り始めるのだった。

キスをきっかけに気まずい雰囲気になってしまいましたね…

感想

13話では、小丸子と梅世青が良い雰囲気になるなか、小宝と陸英瑤も少し恋愛的に良い雰囲気になりましたね。
この2組の恋模様が気になる一方で、夜霊侠を陥れる組織が動き始め、14話では梅世青はその組織と対峙。
黒幕は顔を隠していて正体不明で、誰なのか気になりましたね。
そして後半では王彪が青龍寨に夜霊侠を捕まえて欲しいという依頼をしたことから小宝がその任務を担当することに。
ニセ夜霊任に扮して小さい悪事を働く作戦は何とも小賢しかったですね。
15話では梅世青の小丸子がニセ夜霊侠・小宝と対峙し、梅世青と小丸子がキスをするという驚きの展開に。
それにより2人の恋模様が大きく動き始めた回でしたね。
今後、小丸子と梅世青、小宝と陸英瑤の2組の恋模様がどうなっていくのか楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!中国ドラマ.com編集長のクルミットです!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする