花散る宮廷の女たち-あらすじ-10話-11話-12話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花散る宮廷の女たち-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花散る宮廷の女たち


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇太子妃選びが始まったのだが、年姝媛が、来ていないことがわかり、皇太子は、皇帝に頼んで年姝媛を探して連れて来る時間をもらう。

そして、皇太子は、裏山で年姝媛を発見するが、何者かに襲われ、怪我を負う。死んだふりをして年姝媛に心配をさせるのだが、皇太子は、年姝媛に、皇太子妃にして、一生守りたいと告げる。

皇太子の年姝媛に対する想いは強いですね。でも、多難が続きますね!今回は、10話から12話までをご紹介いたします。

【花散る宮廷の女たち】(ネタバレあり)

10話 恵妃の陰謀

八阿哥に助け出され、皇太子が急いで駆けつけるが、皇太子妃選びはすでに終わり、賀蘭が選ばれていた。皇太子が、事情を話すが、恵妃は耳を貸さず、年姝媛が来なかったのだから、皇太子妃は賀蘭であると皇帝に促すのだった。
恵妃の力で、賀蘭に決まったのですね!

皇太子は、年姝媛は参加できなかっただけなので、年姝媛の怪我が治ったときに、機会を与えてくれるように頼む。皇帝は、妃たちに意見を聞き、妃選びを先送りにすることになった。
康熙帝は皆に意見をしっかり聞くのですね!

年姝媛が自分を避けていることに、皇太子は腹をたてている。皇太子は、自分のことを信じていない年姝媛に、自分の素直な気持ちを伝えるのだった。

年姝媛がよろけたところを大阿哥がとっさに支える。ちょうどそれを見ていた皇太子が、大阿哥を批難し、殴ってしまう。
二人に溝ができてしまいました!

蒙古の世継ぎウルグンと淑慧公主が、清にやって来る。ウルグンの縁談のために来たのだが、婚儀が整うまで、滞在することになる。

栄憲公主の馬車が急に止まり、動かなくなってしまった。後ろの馬車にいたウルグンが、様子を見に行き、栄憲公主と対面する。ウルグンは栄憲公主に一目惚れしてしまう。
なんか荒くれ者って感じですね!

淑慧公主の歓迎の宴が終わり、帰ろうとしている栄憲公主の手をウルグンがいきなりつかむ。年羹堯が制止するが、ウルグンは栄憲公主が好きだ、王妃にしたいと言い放つ。

11話 年羹堯の苦悩

皇帝は、ウルグンに、温憲公主を嫁がせようと考えていた。
消去法で決めるのですね!

それを聞いた温憲公主は、泣きながら拒んで、皇帝に頼むが、決定が覆ることはなかった。
つらいですね!

温憲公主が嫁ぐことが決まっても、ウルグンは、懲りずに栄憲公主に言い寄るのだった。

年羹堯がウルグンに公主への無礼は罪であると告げると、逆上したサンリダの匕首で怪我を負う。それに腹を立てた年羹堯は、その匕首を池に投げ捨ててしまう。

ウルグンは、年羹堯に負傷させられたと嘘をつき、それを知った淑慧公主は、皇帝に訴え、年羹堯の処罰を求める。それを聞いた年羹堯は、自ら処罰を受けることを望み、乾清門の前でひざまずくことになる。
淑慧公主はかなりひどい!

温憲公主は、年羹堯と一緒にひざまずいている栄憲公主のところにウルグンを連れて行く。ウルグンは栄憲公主の様子を見て、年羹堯を許すことにする。

ウルグンは栄憲公主を娶りたいと皇帝に願い出るが、断られ、蒙古へ戻ると告げる。

淑慧公主は、荷物をまとめ、蒙古へ帰ろうとしていた。栄憲公主をよこさないなら和親は難しいと言う淑慧公主に、皇帝は滞在を延ばしてもらい、考える時間をもらった。
和親は難しいです!

ウルグンの精兵3千が戻って来る気配を見せているとの知らせが入る。

12話 迷いの皇太子

ウルグンの兵の動向を見張るために、5千の兵を西北の軍営に派遣することにする。

胤禛の提案によって、ウルグンと温憲公主を近づけさせるために、皇子数名と巻狩りを催すことになる。
狩りはなんか恐いですね!

当日、皇太子とウルグンが狩りで競うのだが、突然、ウルグンが矢に射られ、重傷を負ってしまう。そして、その矢が、皇太子のものであるとわかった淑慧公主は、太皇太后のところに駆けつける。
矢には印がつけてあるのですね!

皇太子は自分の矢じりであることを認めるが、無実を主張する。しかし、誰にも信じてもらえなかった。

太后太后は、真相がわかるまで、皇太子を幽閉することを提案する。
いい判断ですね!

すると年姝媛が疑わしい点を申し立て、皇帝は、胤禛に調査を命じる
年姝媛は賢い!

矢じりは、李国安が用意したものとわかるが、李国安も、共にいた太監も失踪し、行方がわからなくなっていた。

しかし、八阿哥が偶然、彼らの死体を発見する。そして、彼らが皆同じ入れ墨をしていることがわかる。死体は一人足りず、その残りの一人が犯人であると考え、同じ入れ墨をしている宦官を探すことになり、六喜に手伝ってもらうことになる。
六喜の出番ですね!

10話から12話の感想

蒙古からウルグンが来てから、なんだかぴりぴりした雰囲気になりましたね。ウルグンもひどいけど、淑慧公主も身内びいきでだめですね。それを利用した誰かが、ウルグンに矢で重傷を負わせたのでしょうね。でも、皇太子は常に追い込まれる立場なのですね!

四阿哥の存在が面白いですね。己の道を歩んでいるようです。四阿哥が描いた墨絵を前にしての宦官とのやり取りは笑えました♪年姝媛との会話も、宦官に助けてもらってなんだかぎこちなかったり・・・見た感じは、とても落ち着いているように見えるのですけどね。

八阿哥が偶然、死体を発見しますが、それによって瑶君とデートしていることがわかってしまいました。二人はいい関係を築いているようですね♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です